9月21日は、世界アルツハイマーデー
 
全国各地で、
認知症の理解を呼びかけ、
街頭での宣伝活動、
記念講演会を開催している。
 
テレビ、新聞等でも、
レポート、ドラマ、講演など
多く、取り上げられている。
 
僕が入会している、
「認知症の人と家族の会神奈川県支部」でも、
9月20日の午前に、
横浜 桜木町駅前広場で、チラシを配り、
午後、記念講演会があった。
 
 
 
  
花子さんと一緒に、チラシ配りに参加した。
 
会員の方達、30~50人位集まっただろうか。
皆で、「世界アルツハイマーデー」と書いてある、
緑色のたすきをかけ、
 
「認知症 ひとりで悩まず 地域でともに」
 
と書かれた
リーフレットを、配った。
 
 
 
  
朝、花子さんの体調の良さを確認して  
 
今日は、出かけよう。
 
わー
うれしいな~

 
どこに? なにしに? も聞かれることなく、
外出することを、喜んでいた。
 
桜木町駅で降りる。
ここは、横浜の観光地、
「みなとみらい」の入り口で、
日本一高いビルがある。
 
祭日だったので、
駅は、人であふれ返っていた。
 
 
 
 
皆のところへ、合流。
花子さん、ケゲンな顔をして、
 
なんなの?

 
いつもの、家族会の集まりだよ。
ここで、ビラ配りをするんだって。

 ( 昔はビラ配りって言ってたな~ )
 
不安な顔つきだったが、
知った顔を見つけ、ようやく微笑む。
 
花子さん、よく来てくれたわね。
花子さんの笑顔で、頑張ってね。

 
ハイ。

 
なんだかわからず、返事をしていた。
 
 
 
 
大勢で、チラシ配りを始めた。
ティッシュ配りの、お兄さんがいたが、
雰囲気が変わったので、
他の場所に、移ってしまった。
  
受け取ってもらうのは、なかなか難しい。
皆さん、遊びに来てるからな~
 
でも、わざわざ戻って、
受け取る人もいる。
 
若い娘達も、笑顔で取ってくれる。
 
配る僕達も、リーフレットの内容と、
認知症の理解を、深めてもらうため
自信を持って、渡すことができる。
 
本人と介護者で、参加された方が、
4組いた。
広がってくれると、嬉しい。
 
 
 
 
気になったことが、1つだけ。
 
前の方で、チラシを受け取った親子が
僕達の前を、通り過ぎた。
 
40歳前後の娘さんと、
65~70歳位かな。 
 
おかあさん、認知症だと思われて、
渡されたんだよ。
 
失礼しちゃうね。
 
こんな感じ方も、あるんだ。
 
 
 
偏見と、誤解が、いまだにある。
 

 
 
認知症は、たまたま脳に障害が起こる、
病気の一つであって、
内科的、外科的な、他の病気、怪我と変わらない。
体の一部に
具合の良くないことが、起きるのは、同じだ。
 
ぼけてしまい、
何もできなくなり、
何も、分からなくなると言う事はない。
 
周りがサポートし、
適切な治療を、行えば、
進行を遅らせ、
平穏な暮らしを、
長い間、保つことができる。
 
かかわっている僕としては
認知症は、特別なこととは
決して、思わない。
 
でも、世間の目は、
いまだに、「痴呆症」だ。  

 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif