2日、神奈川県横須賀市にある、
県立保健福祉大学の、特別公開講座
 
「最善を生きる
  若年性アルツハイマー病とともに」
 

 
を、受講してきた。
 
 
 
第一部は、大学の教授より、
 
「認知症の今日」
 
として、 新薬、予防、ケアについて
話があった。
 
続けて、「私は誰になっていくの?」の著者で、
オーストラリア政府高官の、
クリスティーン・ブライデンさんの来日講演が、
ビデオで流された。
 
クリスティーンさんは、46歳で
若年性アルツハイマーと診断される。
 
本人からの発信として 、
世界中で、講演を行い、
認知症の人々や
支える家族に、
勇気を与え続けている。
 
来日をして、岡山、京都、札幌でも
講演を、された。 
 
クリスティーンさんからのメッセージが
紹介される。
当日配られた資料を、そのまま書きます。  
 
< メッセージ原文 >
Watashi-wa Christine Bryden desu.
I am a person with dementia
and I live in Australia.
There is no instruction book to care for us,
just love us as a unique person.
The important thing is to 
"Listen, Listen, Love Love!"  
 
< メッセージ訳 >   
私はクリスティーン・ブライデンです。
認知症と共に生き、
オーストラリアに暮らしています。
私達のケアにマニュアルはありません。
一人の人として愛してください。
私達に耳を傾けてください。
そして愛してください。

 
 
  
クリスティーンさんの講演を、きっかけにして、
日本でも、本人からの発信が、
行われてきている。
 
講演内容は、翻訳され、
資料にそのまま記載されて、配られた。
 
なぜ、たくさんの人が、
クリスティーンさんの講演に感動し、
認知症に、新しい道が開けてきたのか
よくわかった。
 
 
 
 
第二部は、
元東京大学医学部教授の
岩井晋先生と、奥様、
そして福祉大学の瀬川教授との対談。
 
岩井先生は、59歳の時に、
若年性アルツハイマーと、診断された。
奥様と、二人でお話される。
 
 

この講座を知ったとき、 
是非、聞いてみたい。
と、強く思った。
 
当日、花子さんは、すごく調子が良い。
調子がよければ、二人で行けばいいんだけど、
調子が良いから、留守番してもらった。
 
ベランダで、過ごす時間になるけど、
準備万端で、大丈夫だろう。
 
僕は、気兼ねなく、聞きたい。
 
期待した通りの、感動があった。 
 
 
 
 発症時、岩井先生は、
「なぜ、自分がアルツハイマーに?」
と、すごく悩んだそうだ。
 
自分で、何度もMRI を撮って調べたが、
なかなか、受け入れることができなかった。
 
僕は、奥様がどのように対応しているのか、
非常に、関心があった。
 
たくさんの勇気と、励ましをもらうことができた。
 
奥様より、夫婦が、一緒に暮らす三原則が、紹介された。
 
  怒らない。
  駄目といわない。
  押し付けない。

 

が、三原則だそうだ。
 
「 病気なのだから、
  今までと違って、当たり前
 
 
それを理解すると、三原則が、守られる。
 
僕が、いつも感じてること。
でも、なかなか出来ないことだ。
 
 
 
認知症とは、何ですか。
との質問に、
 
岩井先生は
  何もできなくなって、ただ、じっとしているのではなく
  皆さんと、同じように、歩って行く。

と、おっしゃった。
 
奥様は
  認知症になって、いろいろな人と会うことができ
  神様が、道を開いてくれる。

と、話された。
 
 
 
認知症は、価値のない人ですか。
 
 
 そんなことはない。
  一人の人間であって、今もここにいる。

 
  今は何もしていないけど、どう生きるかを考えている。
  いかに生きるべきかは、一人一人に与えられた課題。
  何もできなくても、一生懸命生きている。

 
 
 
また、アルツハイマー病に悩んでいる人に伝えたいこと
という質問に
  
  私は、私であるというのを
  いつも考えている。

 
  家族として、何が一番大事か。
  彼のプライドを、傷つけない。
  プライドはある。
  プライドは、生きる力。
  プライドを傷つけず、大切にしてください。
  本人も、元気に生きることができます。

 
と、話された。
 
他にも、たくさん。
 
 
勇気を、いっぱいもらえた。 
  

  
 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif