10月30日の日記で、
徘徊のことを、書いた。
 
その中で、交番の前を、歩いているところを、
保護されたと、書きました。
本当は、違うんです。
 
 
 
 
10月29日(金)の、15時30分に、
花子さんは、駆け出して、僕から、逃げた。
捕まえることが出来ず、そのまま徘徊になった。
 
18時30分、交番から電話があった。
 
今、奥さんが電車を止めてしまって、
○駅の駅員室に、保護されています。
すぐに、駅に行ってもらえますか。

 
駅の近くの、商店街を探していたので、
車を回す。
 
駅員室に行ったら、駅長と、警察官の間に、
花子さんが、うなだれて座っていた。
 
 
 
 
この駅は、ホームのすぐ横に踏み切りがある。
上り線は、ホームから踏み切りが見える。
電車が、駅から出発しようとしたら、
踏み切りの中に、女性がいたので、
運転手が、警笛を鳴らした。
 
駅員と、駅前交番の警察官が駆けつけ
女性を、保護。
 
それが、花子さんだった。
 
もし、これからホームに入る、下り線だったら。
減速しているとはいえ、スピードは出ている。
 
大変な事故に、なるところだった。
 
 
 
 
デイサービスのジョンママさんからは、
徘徊のブログを読んで、心配して頂き、
日曜日にメールをもらった。
すぐに返信。
 
 実は、交番で保護されたのではなく
  踏み切りで、電車を停めてしまいました。
  今後のことを、相談に乗っていただきたいのですが、
  明日のご都合は、いかがでしょうか。
 

 びっくりしました。
  「ひなたぼっこ」(事業所)に、おいで下さい。
 
 
 
月曜の朝一番に、
役所のストーンさんから、電話を頂いた。
包容力があり、頼れる人だ。
 
地域包括センターへ、徘徊SOSを依頼し、
探してもらった。
踏み切りに進入し
発見されたことを、報告をした。
 
役所には、その情報が送られているので、
それを見て、すぐに電話をもらった。
 
大丈夫でしたか。
 
お騒がせしました。
無事に、保護されました。
 
電話で、30分近くお話をした。
アドバイスを、たくさんもらえた。
  
 
  
 
月曜の午前中は、お袋の眼科の付き添い。
怪我をしたあと、目への影響を調べる検査だ。
幸い、網膜はく離、眼底出血もなく、
今回で終わった。
 
13時30分に、「ひなたぼっこ」 へ伺う。
利用者さんがいる中、
僕の相談に乗っていただくため、
1時間半も、時間を割いてくれた。
 
途中、
 
もっと、出来る事があったかもしれない。
花子さんの命を、決して消してはいけない。

 
涙を流しながら、話して下さった。
 
デイサービスには、まだ、体験的に、
一回しかお願いしていない、利用者なのに、
親身になって、心配してくれたことに、
感謝が一杯です。
 
 
 
 
今、もう一人信頼できる人がいる。
ヘルパー事業所の、責任者、コトブキさんだ。
  
父と母への家事援助が始まっている。
担当のヘルパーさんはいるが、
花子さんのことを心配して、
毎回、一緒に来てくれる。
 
合間を見て、2階に上がってくれる。
コトブキさんにお任せして、
僕は、一緒に行かない。
 
さすが、ベテラン。
上手に、花子さんの中に入っていく。
 ( コトブキさんのことは、後日、
   まとめて書きます )
 
5日金曜日の午前中、来てくれた。
花子さんの、家での生活を見ているコトブキさんからも、
たくさんの、アドバイスと、後押しをもらえた。
 
 
 
 
 
皆さん、おっしゃることが一緒なのには、
驚いた。
 
ストーンさんは、役所の担当として、
たくさんの人を、見ている。
今の症状、介護者の状況、Dr.の意見、
これらの事を判断して、以前から入院を考えるように
勧めてくれていた。
 
 
ジョンママさんは、前に入所の話しがあった時
 
花子さんの笑顔、表情を見ると
まだ、入所の段階ではなく、
一緒に、デイサービスでやって行きましょう。

 
と、アドバイスをくれた。
それが、今回
 
入院を考えた方が、
良いのではないでしょうか。

 
という、お話だった。
僕は、ジョンママさんは、
在宅を、勧めてくれるのではないかと思ったが
入院だったのには、驚いた。
もう、その段階と思ったのだろう。
 
 
コトブキさんは、
花子さんと、
出来上がりつつある、意思疎通、
そして、笑顔。
在宅でも大丈夫だろうが、
あえて、入院を勧めてくれた。
 
 
 
 
そして、3人が共通しておっしゃったこと。
 
花子さんの、かわいらしい笑顔、優しい言葉、思いやり。
それを、なくしてはいけません。
命がなくなると、すべてが消えてしまいます。
 
今は、花子さんの安全確保です。
命を消さないために、入院を勧めます。
 
入院をしても、必ず戻ってきます。
若年の方は、体力もありますので、
病院では、入院をすると、時間を掛けて、
薬の調整を、してくれます。
家で生活ができるようになって
戻ってきます。
 
私達は、戻ってくるのを待っています。
それから、また、デイサービス、ヘルパーを
考えましょう。
 
ご主人が、疲れすぎています。
とても心配です。
少し、休む時間も必要ではないですか。
 
これから、まだまだ長いです。
今回入院しても、一瞬のことです。 
長い期間を、考えていく必要があります。
 
一言一言が、身にしみる。
コメントで、たくさんの方が、
書き込みしてくれたことと、
共通している。 
 
 
 
 
僕自身も、最近の、せん妄、帰宅拒否、
介護拒否、そして現れ始めている、食事拒否。
これらのことで、悩み、
寝不足、めまい、
ひと時も、目を離せない状況に、
疲れが出ていた。
 
そして、皆さんのアドバイスが後押しで、
入院を決断する。
 
 
 
 
 
金曜日は、Dr.の診察日。
病院へ来ているはず。
午後、電話をした。
何度も、悩みながらだったので、
16時になってしまった。
 
精神科の、外来受付に電話を回してもらう。
Dr.へ、電話を回してもらえるか訪ねる。
 
なんと、その日は、休診だった。
8日月曜日に、電話をしてほしいとのこと。
10時に受付へ電話をして、
何時だったらつなげるかを、聞くことになった。
 
 
 
3日ある。
それまでに、僕の気が、
変わってしまうのではないかと思ったが、
今のところは、大丈夫。
 
 
 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif