12月1日は、主治医のDr.が、
入院している病院へ来て、診察をしてくれる日。
 
診断を伺いに、3時半に予約をして、行って来た。
 
 
 
まず、入院病棟へ行く。
インターホンを押して、
病棟の鍵を開けてもらった。
 
ドアを開けて、中に入ると、
花子さんが、こちらに向かって歩いていた。
 
まずい。
会ってしまう。

 
一瞬、そう考えた。
 
 
 
Dr.からは、面会を止められている。
今の段階は、病院に慣れることから。
慣れて、落ち着きが出てから、面会。
 
今、面会をすると、帰宅要求が出て、
混乱してしまう。
との、診断だ。
 
 
僕も、そう思う。
会えないのは、寂しい。
会って、励ましてあげたい。
花子さんの、不安な気持ちを、
慰めてあげたい。
 
でも、これまでの入院の際、
僕が帰る時の興奮は、異常なほどだ。
それが尾を引き、
平穏な病院生活が、送れなくなっていた。
 
 
辛いことだが、
会うのは、
 
 
 
もう少し、間が空いてからのほうが、
良いと思う。
 
 
 

 
こっちに近づいてくる花子さんと、
目が合った。
 
まあ、いいか。
せっかくの、機会だし。

 
そう思い、微笑みかけて、花子さんの前に立った。
 
だれ?
 
思いもかけない言葉。
一瞬、ドキッとする。
でもすぐに、笑顔で、
 
あれ~
何してんの?

 
ショウナン先生と話をしに、来たんだよ。
 
どう?
大丈夫?
 
だいじょうぶだよ。
どっからきたの?

 
あっちからだよ。
じゃあ、先生に会ってくるな。
 
じゃあね。

 
ユーターンして、あっさりと、
戻っていった。
僕は、ナースステーションに、入る。
 
 
一瞬でも会えた事を、喜んだ。
笑顔だったのが、安心。
  
 
 
歩き始めた花子さんは、すぐ戻ってきて、
僕を見つけた。
 
あれっ!
びっくりした!
なんで、こんなところにいるの。

 
ショウナン先生に、話を聞きに来たんだよ。
 
びっくりした~。
 
ニコニコしている。
 
Dr.が入ってきた。
看護師さんが、声をかけてくれた。
 
花子さん、ジュース持って来るね。
りんごと、みかんと、どっちがいい?
 

わかんないな~
 
じゃあ、向こうで、一緒に選ぼう。
 
 
 

看護師さんが、連れて行ってくれた。
僕は、Dr.と一緒に、診察室へ入る。
説明を、受けた。
 
今、開放時間を、長くしていますが、
少しずつ、慣れてきているようです。
 
でも、生活機能が、著しく低下しています。
排泄に、問題があります。
部屋の中に、便をしたり、
入浴を、拒否しています。
 
本人にとって、どういう状況が
一番安心できるかを、考えながら、
開放時間を、考えて行きます。

 
まだ、隔離病室からは、出られませんか。
4人部屋に移るのは、無理ですか。
 

今のところは、夜は個室で寝ていた方が
本人は、安心していると思います。
 
日中は、病室から出て、自由にしていますから、
精神的なストレスは、
それほど、掛かっていないと思います。
 
病室に入っている状況を、モニターで見ますと、
落ち着きがありません。
隔離病室から、出させてあげたいと思うんですが

 
ご主人のおっしゃることは、わかります。
夜間は、スタッフが少なくなります。
 
スタッフがいる昼間は、開放して、
夜間は、個室の方が本人にとって、
良いですよ。
 
状況を見ながら、判断していきますので、
こちらに、お任せ下さい。

 
わかりました。
よろしくお願いいたします。

 
今、毎日来ていますが
モニターで見て、
看護師さんから、一日の状況を聞くだけでも
安心できます。

 
ご主人も、毎日来なくても
いいんじゃないですか。
入院させている意味がないですよ。
ご主人も、心理的に落ち着かないと。

 
わかっているんですが、
なかなか・・・

 
  
 
 
 
花子さんが、僕にあったときの第一声が、
 
だれ?
 
と言うのには、驚いた。
「明日の記憶」でも、そんなシーンが、
あったっけ。
 
久しぶりの、対面を、
感激すると、思っていたんだが。
 
Dr. からは、
 
ご主人には、残酷ですが、
間が空くと、そのようなこともあります。

 
と、言われた。
 
でも、想像をしていたが、
実際に、起こり始めるとは。
  
 
 
 

入院させたことは、後悔していない。
その時に、
精一杯考えて、決めたことだ。
 
でも、この選択が良かったのかを、
いつも、自問している。
 
 
 

この日記を書くのに、4日もかかってしまった。 
 
 
   
     
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif