今は、2日に一度、病院へ行っている。
 
花子さんの、明るい表情に、
いつも触れている。
 
なんで、こんなに馴染めるように、
なったんだろう??
 
不思議な気持ちで、いっぱいだ。
 
あんなに、怒って、当り散らして、
不穏状態だったのに。 
 
すべてを拒否し、抵抗をしていた。
 

 
僕もそう。
 
心配ばかりあふれ、
辛く、悲しかった。
 
入院をする時の、激しい抵抗。
拘束をされた、状態。
隔離室での、不安な表情。
狭い部屋で、絶えず行っていた、徘徊。
 
もう、だめかと・・・思った。
 
花子さんの置かれている状態に、
哀れさも、感じていた。
 
 
 
入院の際、
僕の不安な気持ちを、Dr. に伝えた。
花子さんへの、接し方も、話した。
 
Dr.から
 
ここのスタッフは、プロですから、
任せて下さい。
 
そして、1週間おきの、
徐々に行われた、開放。
 
 
 
心配していたことが、全くなく、
嘘のようだ。
 
一か月後の、今、
すごく、明るい。
  

 
見舞いに行くのは、
仕事が、終わってからの、
夕方が多い。
 
ちょうど、晩御飯で、みんな、リビングに集まる。
 
 
 
認知症専門病院なので、
症状は、まちまちだ。
 
無表情の人が多い。
 
いつも、声を出している人も。
 
絶えず、怒っている人もいる。
 
ずっと、机をたたいている人も。
 
 
 
花子さんは、
いつも、ケラケラ笑っている。
 
箸が転がっても、おかしいみたいだ。
 
 
看護師さんも、そんな花子さんを見て、
声をかけてくれる。
 
奥様
 
と言われたり、
 
お嬢様
 
と、呼ばれる。
 
そのたびに、
おどけて、
 
は~~い。
 
と、返事する。
 
楽しそうだな。
 
たのしいよ。
みんな、いい人ばっかり。
やさしいんだよ。
 
 
 
 
二人で、病棟を散歩した。
花子さんは、病室を、覗いて回る。
 
ベッドに寝て、点滴をしている女性がいた。
かなり、年配だ。
 
その方が、花子さんを見て、
手を振った。
 
花子さんも、手を振る。
にこにこしながら、
 
そんなことを、してるの。
 
うん、 
 
とうなずいた。
 
たいへんだね。
がんばってね。

 
その、女性が、
 
バイバイ
 
と言って、手を振る
花子さんも、
 
バイバイ
 
と言って、手を振っていた。
 
 
 
 
看護師さんが、患者さんを
お世話をしている。
 
花子も、お手伝いをすれば。
 
それはできない。
じぶんのことで、いっぱい。
 
 
 
病棟を出る時は、
まだ、
 
花子さんと別れる 
 
という印象を
持たせないようにしている。
 
帰るね。
 
また来るよ。
 
は、言わずに、
さりげなく、出ていく。
 
 
 
見舞いに行って、顔を合わせた時、
 
あれ、どこにいたの。
 
とか、
 
また来たの。
 
なにしてたの。
 
と言う。
 
その時々で、
僕と会った印象は、違うようだ。
 
別のところにいる意識は、
あまりない。
 
 
 
 
先週の、金曜日。
中学時代の、親友と、忘年会をやった。
男性6人、女性3人。
 
誘われた時は、
自由な身なので、
二つ返事で、出席の連絡。
 
この連中は、いつも、夜遅くまで、飲む。
最後は、4人残り、朝の3時半に、解散。
中学の同級生なので、近くに住んでいる。
歩って、帰れる距離だ。
 
いつもながら、たくさんの叱咤激励をもらう。
 
その中で、
 
今、スリブリが、
奥さんのために、良いと思って
やってることと、
奥さんが思う、
良いことは、違うよ。
 
スリブリは、家で一緒に暮らした方が
良いと、思っているかもしれないけど、
奥さんは、今の生活の方が、
安心出来てるのかも、しれないぞ。
 
 
 

 
思うことは、たくさんある。
 
 
まだまだ、これからだ。
先は、長い。
良い道を、見つけていきたい。
 
 
 
   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif