先月、介護認定区分変更の申請をした。
 
その結果が、郵送されてきた。
 
 
 《 認定 》
  認定有効期間   平成22年12月1日 ~ 
              平成23年5月31日
  要介護状態区分  要介護 5
 
 
これまでの、要介護4から、
要介護5へ、変更になった。
 
 
今の、花子さんの症状から、
上がるのは、厳しいかと思ったが、
現在の状況だけでなく、
これまでの症状、入院になった経過も、
考慮してくれたのだろう。
きめ細かく、調査をしてくれた。
 
  
Dr.は、以前から、入所を考えるように、
言ってくれている。
3人を、在宅で介護するのは難しい。
花子さんの入院を、勧めてくれたのも、
主治医だ。
 
 
 
  
要介護5になったことによって、
僕自身も、これからのことを、
冷静に考えることができる。
 

退院後、在宅に戻すか。
入院を、引き続きお願いし、
施設入所にするか。
 
まだ決めていない。
 
花子さんの症状。
家の、受け入れ態勢。
それぞれの生活。
 
じっくり考えていく。
 

 
特養の申込書は送ることにした。
入れるまでは、日数がかかる。
入所が決まってから、判断しても良い。
 
 
選択肢の一つとして、用意しておく。
 
 
 
 
 
さて、
この一つ前の日記、「 注) 」 では、
僕の不用意な表現で、誤解を与えてしまいました。
 
コメント、メールでご指摘を頂き、
本当に感謝しています。
全く気がつきませんでした。
 
ありがとうございました。
 
 
 
僕が、「精神障害」について、
偏見を持っているように、感じ取った方が、
多くいたことと思います。
 
短い言葉の中で、書かれた文字だけを見ると、
そのように、取れるのでしょうね。
 
 
誤解を与えてしまいまいた。
 
 
 
今さらですが、 
 
僕は、全く偏見を持っていません。
むしろ、偏見をなくす行動をしていると、
思っています。
 
僕の周りには、いわゆる「精神障害」と言われる人が、
たくさんいます。
また、ごく身近に、その人達の中で働いている人もいます。
 
「精神障害」の方に、同情や、
哀れみなど(この言葉を書くのも嫌だけど)
気にしたことは、ありません。
 
持っている個性と思い、
普通に、変わりなくお付き合いしています。
 
僕も、精神科の病院に通っている一人です。
同情なんて、まっぴらごめんです。
 

 
 
僕は、「精神障害」 と言う、言葉が嫌いなんです。
 

 
 
今、家族会に入っていて、
同じ、若年認知症のご夫婦と、
出かけることが、よくあります。
 
月に2回、10組程度のご夫婦と、散策をします。
その時、必需品なのが、障害者手帳です。
これを持っていると、公営の施設、乗り物が、
無料になります。
 
楽しく遊ぶために、とても役立っています。
 
でも、その手帳を開けると、
顔写真と共に、
「精神障害者福祉に関する保健福祉手帳」
と書かれています。
いわゆる、「精神障害者手帳」です。
 
 
 
若年認知症のご本人は、
ご高齢の認知症の方と違う点が、
いくつもあります。
 
まず、体力があります。
高齢の方だと、穏やかに座って頂き、
体に負担のない、軽い運動をするのが、
介護の一つだけど、
若年認知症は、
発散させる必要があります。
 
行動は、僕たちと変わりません。
元気で、明るいんです。  
 
   
また、会社、自営、女性では家事等、
現役で働いていた人が多く、
認知症になっても、働く意欲があります。
 
社会に、奉仕したいと思っているんです。
 

 
若年認知症の方は、
非常に、自意識が高いです。
 
僕たちが、プライドを持って、生活しているのと、
全く同じなんです。
なんの、差もありません。
 
自意識が高いのは、当たり前。
これまで培ってきた自分に、
自信があるからです。
 
それが、たまたま、認知症という病気に
なっただけなんです。

 
 
認知症の中核症状で、不自由なところは出てきても、
豊かな感情、感動、思いやり、感謝の気持ちは
持ち続けています。
 
(こんなことを書いていると、高齢の認知症の方に、
 偏見を持っていると思われそうだけど、
 それもありませので、念のため・・・    )
 
 
 
そんな人達に対して、公的文書では、
「精神障害」 と言う言葉を使います。
 
その言葉を与えられたご本人たちは、
どう、感じるのでしょう。
 
 
この言葉を、変えてほしいと、思っているんです。
 
  
 *前回の記事の中で、「ボケ」を、「痴呆症」と
   書き換えました。
   つい、昔使われていた話し言葉を書いて
   しまいました。

 
 
 
   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif            
  
下に書いてある入院費用は、
あくまでも、我が家の場合です。
 
「国民健康保険限度額摘要認定証」も、
年間所得金額によって、
上限が、150,000円の方もいれば、
35,400円の方もいます。
 
また、「精神障害者入院医療援護金」と言うのもあって、
医療費に対して、援護金が出る場合もあります。
 
  ( いつも思うのだが、認知症は、
    精神障害者手帳にしても、
    精神障害者医療にしても、
    「精神障害」のくくりに入る。
 
    偏見の始まりだ。
 
    「痴呆症」が、「認知症」に変わったように、
    見直してもらいたい。 )
 
地域によって、補助も変わります。
オムツが支給のところもあります。
 
レンタル品も、金額が大きく違います。
父が入院した時の業者と、だいぶ、違いました。 
レンタル制度がなく、すべて介護家族が
用意する病院もあるようです。
  
さらに、病院、看護体制によっても変わります。 
 
 
あくまでも、我が家の場合の金額です。
 
 
念のため。
 
 
 
   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif            
  
花子さんの、12月分の入院費が出た。
 
11月は、初診の検査もあり、隔離病室だったので、
今回の請求書が、1か月分の入院費用の
目安になる。
 
 
  1. 入院費       81,990円
  2. おむつ代      5,344円
  3. 食事療養費    24,180円
  4. 日用品レンタル  35,464円
  5. 日用品預け金  20,000円
     合   計    166,987円
 
 
1. 入院費
  「国民健康保険限度額摘要認定証」を、
  受けている。
  このおかげで、1ヶ月の入院費用は、
  80,100円 + アルファ 。
 
  これがないと、3割負担で、137,082円だった。
 
2. おむつ代
  12月から、安心パンツを使っている。
  これは、保険適用にならず、自費。
  安心パンツと、尿とりパット代。
  20枚使った。
 
3. 食事療養費
  食事の、自己負担額だ。
  1日につき、780円かかる。
 
4. 日用品レンタル
  外部業者に支払う費用。
 
  バスタオル、フェイスタオル、おしぼりタオル、
  肌着、歯ブラシは、レンタルだ。
  一日につき、1,144円の請求になる。
  頼まなければいけない、必要な日用品。
 
  パジャマ、靴下もレンタル品を使えるが、
  それを入れると、さらに、1日378円、
  1ヶ月で11,340円も、プラスになる。
 
  少しでも、費用節約。
  家から、パジャマを持っていって、
  汚れ物も、持ち帰り、僕が洗っている。
 
5. 日用品預け金
  毎月、10,000~20,000円を預ける。
  そこから、おやつ、レクリェーション、
  入浴消耗品に、当てる。
 
  前月は、預け金から、インフルエンザの
  予防接種もしてもらった。
 
 
  
花子さんの、収入。
 
今、障害基礎年金で、
毎月、82,000円 もらっている。
 
マイナス85,000円か・・・
 
厳しい。
 

 
でも、頑張らないといけない。 
 
 
 
ここに来てくれている人の中には、
同じ状況を抱えて、
悩み、苦しんでいる方が、
たくさんいると思います。
 
 
少しでも、参考になれば、
 
嬉しいな。
    
 
   
   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif             
  
花子さんは、今、「安心パンツ」をはいている。
 
   「安心パンツ」とは、横にリンクしている
   「わすれてしまわないうちに」の管理人
   nobiさんが付けました。
 
   ご主人が、リハビリパンツ(紙おむつ)を
   穿くようになり、自分の気持ちに、
   ちょっとだけ、落とし前をつけるために、
   「安心パンツ」と、呼ぶことにしました。
 
   僕も、これを頂きます。
 
 
入院当初の、隔離室にいる時は、
普通のパンツだった。
 
でも、トイレが認識できず、
部屋の中で、あたり構わずに
用を足してしていた。
時々失敗はあったが、ズボン、パンツを
下げることは出来た。
 

 
4人部屋に移ってから、
トイレは、部屋の外にある。
  
ますます、場所が分からなくなり、
ズボンを穿いたまま、
漏らしてしまうようになった。
 
夜中も、看護師さんを呼ぶことができず、
そのまま、済ませてしまう。
  
その時から、安心パンツになった。

  
  
安心パンツを、穿いていても、
漏れてしまうので、
ズボンは、汚物で汚れている。
 
洗濯物は、持ち帰り、
僕が、家で洗う。
 
看護師さんから、渡される時、
下洗いは、してあるが、
汚れは、落ち切っていないので、
悪臭がする。
 
初めのころは、
見舞いに行くたびに、
ズボンを、2、3本、受け取った。
 
でも、最近は、水曜、土曜に、1本。
 
毎週、火曜日、金曜日は、お風呂。
今は、いやがらずに、お風呂に入る。
 
お風呂に入った翌日に、
着替えた服を、持ち帰るだけになった。
 
 
 
 
これは、看護師さんの、
声掛けがある。
 
ナースステーションの壁に、
大きな、張り紙がある。
 

「花子さんへ、トイレの声掛け
   10時
   13時
   16時
   19時           」
 
と、書いてある。
それ以外にも、
朝起きた時、寝る前にも、
声を掛けて、くれているんだろう。
 
そのお蔭で、失敗が少なくなっている。
 
 
 
僕が見舞いに行った時、
いつも、 
 
トイレ行く?
 
と、声を掛ける。
これは、家にいた時、
外出した時の、いつもの習慣だ。
 
そうすると、
 
いいよ~
大丈夫だよ。
 
と、照れながら、返事をする。
僕が、トイレに連れて行ったのは、
忘れてる。
 
ちょっと、臭う時、
後ろから、
ズボンと、安心パンツを引っ張って、
中を、覗く。
 
なにしてんの? 
みんな、そんなことするんだよ。
 
ズボンが下がってるから、直してあげたんだよ。
 
 
 
看護師さんの、介護のおかげで、
安心して、トイレに行けるようになった。
 
 
 
ただ、在宅になった場合、
決まった時間に、誘導できるかな?
 
花子さんは、おそらく、
安心パンツを穿いている認識は、
 
ない。
 
紙パンツを、自分で上げ下げするのは、
違和感から、手にかけることが、
出来ないと思う。
 
すべて、看護師さんに、お任せしているんだろう。
 
 
手厚い介護は、本当にありがたい。
そのお蔭で、花子さんは、
穏やかになっている。
 
 
家に戻った時、出来るかな。
 
まあ、その時になれば、何とかなるだろう。

 
 
でも、最近、楽してるからな~
 
   
 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif             
5日に、Dr. の、 検診があった。
立ち会えなかったが、
看護師さんに、お願いしていることがあった。
  
 

病棟から、外に出られて、
ランと、会わせることが、できないか。
 
 
 
 
翌、6日。
病院へ、行った。
 
病棟のドアを開けてもらったら、
僕が、尋ねるより先に、
 
昨日、Dr.から、
外で、ランちゃんと会う許可が出ましたよ。
 
そうですか!
ありがとうございます。
 
 
 
 
 
僕が見舞いに行くのは、
いつも、仕事が終わってからの、夕方。
 
仕事が休みの日、
天気が良くて、昼間の、
暖かい時に、連れて行こう。
 
花子さんは、絶対に、喜ぶはず。
ランを、忘れていることは、
ありえない。
 
嬉しくて、離れたくなくなる心配もあるが、
その時は、スタッフにお願いして、
何とかなるだろう。
 
 
 
 
8日(土) ランを連れて行った。
病棟へ行き、花子さんと、面会。
 
今日は、ランを連れてきたよ。
先生が、外に出てランと会ってもいいって。
 
ほんと。
 
看護師さんに、病棟のドアを開けてもらう。
 
花子さん、行ってらっしゃい。
 
ありがとうございま~す。
 

 
病棟を出て、病院内を、歩ったら、
花子さん、びっくりしていた。
 
いつも、歩きまわっている、病棟内だけしか知らないので、
広さと、人に、驚いていた。
 
ここ、どこなの。
すごいね~
 
病棟が4箇所ある、大きい病院なので、
きょろきょろしながら、周りを見ていた。
 

 
外に出て、日差しが良い、
ベンチまで連れて行き、
座らせる。
 
外で見る花子さんは、
顔色が、青白かった。
 
夏場、ベランダで過ごしていた時の、
日焼けは、すっかり取れ、
太陽に当っていないので、白くなっていた。
 
 
 
 
駐車場に行って、
ランを連れてくるから、
ここで、待っていて。

 
うん。
 
車へ行き、ランを降ろす。
花子さんが待っている、
ベンチに、向かう。
 
ランは、力強く引っ張り、
花子さんの元へ、一直線だ。
 
近づいてきたランに、
花子さんが、気がついた。
 
驚いている。
 
ランは、迷うことなく、
花子さんの足元に行き、
オスワリをした。
 
どうしたの、
びっくりしちゃった。
 
ランを、連れてくると言ったのは、
もう忘れていて、
すごく驚く。
 
先生から、お許しが出て、
ランと、会えるようになったんだよ。
 
うれしいな~
ラン、かわいいね~
 
ニコニコしながら、
頭を撫でた。
 
 
 
花子さんに、ランのリードを持たせ、
庭を散歩する。
 
ランの強い引きに、
花子さんは、体を斜めにしながら、
歩ってる。
 
外の空気が、気持ちよい。
 
太陽の光が、まぶしい。
 
高台から見る、景色は、
すごく綺麗だ。
 
出来るだけ顔を、陽の光に当てさせる。
 
楽しそうだ。
 
きもちいいね~
 
連続した話は出来なくなった。
言葉を繋ぐことは、難しい。

でも、一言で、自分の気持ちを表すのは、
まだまだ、大丈夫。
 
それが出来るだけで、
十分、満足だ。
 
 
 
 
病棟に、戻る。
 
何人もの、看護師さんと、すれ違った。
その度に、
 
花子さん、
ランちゃんに会ってきたの。
良かったね。
 
うわさのランちゃんに、
私も、会いたかったな。

 
うちにも、犬がいるんだよ。
今度、写真を持ってくるね。
ランちゃんと、どっちがかわいいかな。

 
その度に、花子さんはニコニコして、
 
ランちゃん、かわいいんだよ。
 
と言う。
 
 
 
椅子に座り、しばらく話す。
それとなく席を立ち、
病棟の出口まで行った。
  
看護師さんに、ドアを開けてもらう。
 
ありがとうございました。
久し振りにランと会って、
とても、喜んでいました。

 
私たちも、ランちゃんと会って、
どのような反応をするか
楽しみにしていました。
 
喜んでくれて、良かったです。
 
 
 
 
昨日、10日も、ランを連れて行った。
 
散歩をした後、
陽が当っているベンチに座った。
 
体が、ポカポカしてきて、
のんびりと、
ひなたぼっこを
楽しんだ。

 
 
   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif           
  
2日は、お袋を連れて、
初詣に行った。
 
お袋は、元気な頃は、
どこへでも、1人で、出かけていた。
 
足が悪くなってから、
毎年、僕が、車で連れて行く。
  

 
 
 
昨年は、寒川神社
ここは、相模国一之宮とも言われ、
1500年の歴史がある、神社だ。
 
その前の年は、
川崎大師。
ここは、毎年初詣ランキングベストテンに入るところ。
 
その前は、
東京調布にある、深大寺。
お蕎麦が美味しく、居心地の良いお寺だ。
  
 
 
 
どこも、駐車場から歩かないと、いけない。
 
今年は、歩くのが厳しいので、
境内に駐車場がある、
横浜の、伊勢山皇大神宮にした。
 
 
だが、正月は、多分、
駐車場は、閉鎖だろう。
 
 
 
ダメモトで、行ってみる。
 
 
  
案の定、参道に入る前から、進入禁止。
 
警備の人が立ってたので、聞いてみる。
 
車椅子なんですが、中に入れませんか
 
今、僕の車には、
介護保険で、レンタルをしている、
車椅子が積んである。
 
まだ、一度も使っていない。
お袋、親父と、出かけた時に、
いざという時のために、用意してある。
 
 
中まで入ることは、出来ますが、
車を停めることができません。
 
車椅子の人だけ、降りてもらって、
車は、この先の駐車場に
入れるようになります。
 
駐車場は、30分待ちなので、
車椅子に乗ったまま、
待ってもらうことになって、しまいます。
 
いいよ。
止めておこう。
 
神様も、ここまで来たのを、
分かってくれるよ。
 
 
 
 
ここでの初詣は、あきらめた、
 
その代わり、
 (前もって、予定していたが、)
花子さんの病院へ、連れて行くことにした。
 
 
これから、花子の病院へ、
見舞いに行こうと思うんだけど、
一緒に行く

 
行きたいね。
どうしているか、ずっと気になっていたの。

 
Uターンして、病院へ、行く。
 
今は、花子さんも、病院に馴染んできているので、
面会は、大丈夫だろう。
 
でも、お袋のことは、わからない気がする。
 
 
 
 
病院に着く。
インターホンを鳴らし、
病棟のドアを、開けてもらった。
 
花子さんは、ホールにいた。
 
すぐに僕を見つけ、
笑顔を、見せる。
 
今日は、お母さんも、来てくれたよ。
 
後ろにいる、お袋を見て、
 
わーー
お母さん、来てくれたんですか。
嬉しいな~
 
ちゃんと、わかった。
 
看護師さんが、談話室に連れて行ってくれた。
 
花子さん、元気?
 
元気です。
皆さんも、元気ですか?
 
 
この、受け答えに、びっくり。
 
ドアのところにいた、看護師さん見たら、
同じように驚いて、
二人で、目を見合わせ、微笑んでしまった。
 
だって、頭の中で、
ここにいない人のことも考え、
話題にする。
 
今までの、相手が言ったことをなぞる、
オウム返しとは違う。
 
 
 
どうしちゃった!  花子さん!!
 
 
 
お袋との話も、弾んだ。
 
自分から話すことはなく、相槌だけだが、
ちゃんと、理解している。
 
 
 
病院を出る。
 
花子さんのことが、心配でしょうがなかったけど、
元気な姿を見て、安心したわ。
 
 
 
 
昨日も、僕一人で、病院へ行ってきた。
 
中に入って、花子さんを見つける。
かなり遠いところにいたが、
すぐに僕に気が付き、笑顔を見せる。
 
どう、楽しい?
 
たのしくて。
みんな、いい人ばっかり。
 
ちょうど、夕食の時間になった。
その日のメニューは、
和風ハンバーグ、ひじき、フルーツの梅和え。
ご飯と、味噌汁。
 
一口食べるたびに、
 
おいしい。
 
を、繰り返す。
完食した。
 
花子さんは、小食で、いつも残すが、
きれいに食べたのには、驚いた。
 
 
 
僕が帰る時は、今でも、
 
じゃあ、帰るよ。
 
また来るよ。
 
は、言わない。
 
ちょっと、洗濯物を見てくるから、
待っていて。
 
と言って、出る。
 
 
でも、昨日は、始めて、
 
一緒に行く。
 
と言った。
 
ちょうど、近くにいた看護師さんが、
 
花子さん、私といよう。
 
と言って、手を繋いでくれた。
さりげなかったので、
花子さんも、その場に残る。
 
 
 
入院して、始めての、
後追いだ。
 
 
 
意識がしっかりしてきたので、
感情も、出てきたのかな。
 
 
明日、また病院へ行く。
 
 
変化はあるか・・・

 
 
   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif           
  
  
本年も、よろしくお願いいたします。
 
 
 
今日は、1月3日、
今年は、なんだか、すごく長く感じる。
 
1月も、1週間、2週間経ったような気がする。
でも、まだ、たったの3日だ。
 
なんでだろうと、考えた。
 
 
 
 
 
年が、変わった気がしないからだ。
 
 
それに、気が付いた。
 
 
途中までだけど、紅白歌合戦は見た。
年賀状も、たくさん来た。
雑煮も、食べた。
近所の神社へ、初詣に行った。
恒例の、新年会も、やった。
 
 
でも、
新しい年を迎えた気が、全然しない。
 
 
なぜだろう。
 
 
 
やっぱり、
一緒に、新年を祝う人が、
すぐ横に、いないからかな・・・・
 
 
 
今年は、
父、母、かみさん、息子、仕事、
そして、僕自身も。
 
大大大変化の年になりそう。
 
 
気合いを入れないとな。
 
 
 
 
 
 
さてさて、
 
 
 
1月1日は、毎年恒例の、
高校時代の、友人との新年会。
 
今、僕が親しくさせてもらっている友人は、
中学時代の親友と、
高校時代の、親友だ。
 
何度も書いているが、
高校時代の親友6人とは、
毎年、1月1日に新年会をやっている。
 
初めは、男同士、
23歳の時からは、彼女連れ、
そして、夫婦、
さらに、子供連れ、
最近は、孫までも。
 
もう、35年間、欠かすことなく、続いている。
 
花子さんも、結婚する前から出席している。
夏は、子供も一緒に、キャンプに行ったり、
理由をつけて、しょっちゅう、飲み会をしている。
 
花子さんにとっても、一番心の許せる、
親友たちだ。
 
 
 
今年は、花子さんは、欠席。
僕1人で、参加だ。
他に、4夫婦と、1人(独り者)
総勢、10人。
 
今年は、子供たちの参加がなかったんで、
今までで、一番少なかった。
 
会場は、それぞれの家を、持ち回り。
3時集合で、解散は、10時だった。 
 
あっという間の7時間、
飲んで、食べて、笑って、騒いで、
ちょっと、しんみりもあり、
すごく楽しい時間だった。
 

 
みんな、花子さんのことを心配してくれる。
 
たくさんの報告をした。
 
今、在宅を希望している。
それは、ここに、もう一度連れて来たいって言うのも
あるんだ。
この前
、皆で会った時、(←その時の日記)
すごく盛り上がったじゃん。
また、楽しく飲みたいんだ。
 
そうだね。
あの時、皆とハグをしたね。
 
すごく、楽しそうだったな。
 
花子さんの親友でもあるこの連中と、
また、遊びたい。
 
 
 
帰り、僕だけ乗る電車が違うんで、
皆と別れて、一人で、歩いた。
 
駅まで、10分ぐらいで着くんだが、
20分かかってしまった。
 
いろいろなことが、頭の中を横切り、
ふらふらしながら、歩いた。
 
 
でも、心地良さがあった。
 
 
パワーをもらえたかな。
 
 
 
   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif