先月、介護認定区分変更の申請をした。
 
その結果が、郵送されてきた。
 
 
 《 認定 》
  認定有効期間   平成22年12月1日 ~ 
              平成23年5月31日
  要介護状態区分  要介護 5
 
 
これまでの、要介護4から、
要介護5へ、変更になった。
 
 
今の、花子さんの症状から、
上がるのは、厳しいかと思ったが、
現在の状況だけでなく、
これまでの症状、入院になった経過も、
考慮してくれたのだろう。
きめ細かく、調査をしてくれた。
 
  
Dr.は、以前から、入所を考えるように、
言ってくれている。
3人を、在宅で介護するのは難しい。
花子さんの入院を、勧めてくれたのも、
主治医だ。
 
 
 
  
要介護5になったことによって、
僕自身も、これからのことを、
冷静に考えることができる。
 

退院後、在宅に戻すか。
入院を、引き続きお願いし、
施設入所にするか。
 
まだ決めていない。
 
花子さんの症状。
家の、受け入れ態勢。
それぞれの生活。
 
じっくり考えていく。
 

 
特養の申込書は送ることにした。
入れるまでは、日数がかかる。
入所が決まってから、判断しても良い。
 
 
選択肢の一つとして、用意しておく。
 
 
 
 
 
さて、
この一つ前の日記、「 注) 」 では、
僕の不用意な表現で、誤解を与えてしまいました。
 
コメント、メールでご指摘を頂き、
本当に感謝しています。
全く気がつきませんでした。
 
ありがとうございました。
 
 
 
僕が、「精神障害」について、
偏見を持っているように、感じ取った方が、
多くいたことと思います。
 
短い言葉の中で、書かれた文字だけを見ると、
そのように、取れるのでしょうね。
 
 
誤解を与えてしまいまいた。
 
 
 
今さらですが、 
 
僕は、全く偏見を持っていません。
むしろ、偏見をなくす行動をしていると、
思っています。
 
僕の周りには、いわゆる「精神障害」と言われる人が、
たくさんいます。
また、ごく身近に、その人達の中で働いている人もいます。
 
「精神障害」の方に、同情や、
哀れみなど(この言葉を書くのも嫌だけど)
気にしたことは、ありません。
 
持っている個性と思い、
普通に、変わりなくお付き合いしています。
 
僕も、精神科の病院に通っている一人です。
同情なんて、まっぴらごめんです。
 

 
 
僕は、「精神障害」 と言う、言葉が嫌いなんです。
 

 
 
今、家族会に入っていて、
同じ、若年認知症のご夫婦と、
出かけることが、よくあります。
 
月に2回、10組程度のご夫婦と、散策をします。
その時、必需品なのが、障害者手帳です。
これを持っていると、公営の施設、乗り物が、
無料になります。
 
楽しく遊ぶために、とても役立っています。
 
でも、その手帳を開けると、
顔写真と共に、
「精神障害者福祉に関する保健福祉手帳」
と書かれています。
いわゆる、「精神障害者手帳」です。
 
 
 
若年認知症のご本人は、
ご高齢の認知症の方と違う点が、
いくつもあります。
 
まず、体力があります。
高齢の方だと、穏やかに座って頂き、
体に負担のない、軽い運動をするのが、
介護の一つだけど、
若年認知症は、
発散させる必要があります。
 
行動は、僕たちと変わりません。
元気で、明るいんです。  
 
   
また、会社、自営、女性では家事等、
現役で働いていた人が多く、
認知症になっても、働く意欲があります。
 
社会に、奉仕したいと思っているんです。
 

 
若年認知症の方は、
非常に、自意識が高いです。
 
僕たちが、プライドを持って、生活しているのと、
全く同じなんです。
なんの、差もありません。
 
自意識が高いのは、当たり前。
これまで培ってきた自分に、
自信があるからです。
 
それが、たまたま、認知症という病気に
なっただけなんです。

 
 
認知症の中核症状で、不自由なところは出てきても、
豊かな感情、感動、思いやり、感謝の気持ちは
持ち続けています。
 
(こんなことを書いていると、高齢の認知症の方に、
 偏見を持っていると思われそうだけど、
 それもありませので、念のため・・・    )
 
 
 
そんな人達に対して、公的文書では、
「精神障害」 と言う言葉を使います。
 
その言葉を与えられたご本人たちは、
どう、感じるのでしょう。
 
 
この言葉を、変えてほしいと、思っているんです。
 
  
 *前回の記事の中で、「ボケ」を、「痴呆症」と
   書き換えました。
   つい、昔使われていた話し言葉を書いて
   しまいました。

 
 
 
   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif