花子さんのところへは、
一日おきに、行っている。

 
 
始めのころ、
Dr.から、
 
せっかく、入院したのだから、
ご主人は、ゆっくりしてください。
 
今までの疲れを取って、
やりたかったことを、してください。
病院に任せてもらって、構わないですよ。

 
と言われた。 
 
でも、僕が行きたいのだから、仕方ない。

 
  
行くのは、いつも仕事が終わって、
5時半頃だ。
 
その時間は、6時から夕食なので、
皆さん、広いデイルームに、集まっている。
 
僕が行くと、看護師さんが、
10人位が入るデイルームに、
案内してくれる。
 
花子さん、
こちらはどなたですか?

 
旦那さんです
 ( ちゃんと、分かってる )
 
では、こちらのスイートルームを、
お使い下さい。
 
ありがとうございま~す。
 
看護師さんと、冗談を交えながら、
話をする。
 
 
   日曜日に、3人と、犬2匹の、
   プチオフ会があった。
   お二人とも、花子さんが、
   会話が出来ることを
   驚いていた。
 
   込み入った話は出来ないが、
   感情を、素直に表す言葉は出る。
  
   出来ないことは増えているのに、
   会話を忘れないのは、
   不思議だ。
 
   人によて、症状が違う。
   話が出来ることに、
   本当に、救われている。
 
 
6時になると、食事が運ばれる。
結構、美味しい。
温かい物は、温かいまま出てくる。
 
 
ちょっとつまむと、
割と、甘い味付け。
花子さん好みの、味だ。
 
いつも、
 
美味しい~
 
幸せ~
 
と言って、食べる。
 
ばんごはん 
 
天ぷら定食。
ちゃんと、大根下ろし入りの、
天つゆがある。
 
でも、これは無理。
付けて食べる、発想がない。
介助は、必要。

 
ばんごはん  
 
キャベツと、豚肉の煮物。
味付けは、完璧。

 
同じ物ばかり、食べ続けるので、
時々、お皿を換えてあげる。
 
お箸と、スプーンが用意されている。
汁物も、お箸でつまもうとするので、
スプーンを持たす。
 
僕がいるときは、
いつも、完食だ。 
 

 
入院前は、食べない日が続いた。
でも、今は、3食規則正しく食べているので、
顔が、ふっくらしてきた。
 
 
花子さん  
 
 
 
病院へ行ってから、
僕の仕事を、一つ作る。
 
花子さんの、歯磨きだ。
 
 
病院では、昼間に、歯磨きをするらしい。
歯磨き粉は、付けない。
飲み込んでしまう人が、いるからだ。
 
花子さんは、家で、
歯磨きは、できなかった。
 
同じところだけを、こする。
 
入院後、60日たったころ、
口の中を見たら、
歯石が、いっぱいついていた。
 
歯茎も、赤く腫れている。
 
 
始めの1か月は、
隔離室にいたので、
全く、歯磨きをしていない。
 
相部屋に移ってからも、
自分で磨いているので、
磨ききれていない。 
 
 
 
それからは、晩御飯の後、
一日おきだが、僕が磨いてあげる。
 
数回は、口の中が、
歯茎からの出血で、
真っ赤だった。
 
今は、どうやら、引き締まってきた。
 
 
歯石も、短期間で溜まったので、
こすっているうちに、
固まりで、取れる。
 

 
歯磨き後、
深呼吸を、させる。
 
どうだ。
気持ちいいだろう。
 
すっきりした。
 
これは、続けないとな。
 
 
 
 
 
僕が行った時に入る、
デイルームの隣は、
隔離室だ。
 
新しい人が、
入ってきたようだ。
  
 
 
ずっと、怒鳴り続けている。
壁を叩いたり、蹴飛ばす音が聞こえる。
 
花子さんが、入院した当初を思い出す。
 
叫び声が、怒りと、辛さで、
満ち溢れている。
 
悲しい訴えだ。
 
 
でも、大丈夫だよ。
それを、乗り越えれば、
安心できる場所が、
待っているよ。

 
 
花子さんは、
以前の生活を、すっかり忘れている。
 
 
壁を叩く音に、驚いている。
 
 

ブログランキングに参加しています。応援クリック、お願いします。
    ↓
banner_03.gif