福島の叔母から、電話があった。
 
皆で避難して、無事で元気です。
 
電話があったとき、僕は、ちょうど出かけていて
声を聞くことが、出来なかった。
 
お袋が、電話を受ける。
 
お袋も、最近耳が悪くなっているのと、
叔母さんの、早口で、
あまり、聞き取れなかったみたいだ。
 
でも、元気そうな声は、伝わってきた。
 
叔父さん、叔母さん、そして、近所の人と
避難しているようだ。
 
避難場所、連絡先は、聞けなかった。
 
ひとまず、安心。
 
リーダー的存在の、叔母さんが、
みんなを、引っ張っていることだろう。
 
次の電話が入るのを、待ってみる。
 
 
皆様に、ご心配を頂き、
ありがとうございました。
 
 
 
 
先週の14日から、
NHK教育テレビ、20時より、
福祉ネットワーク」が再開した。
 
番組案内を見ると、
 
「 3月11日の東北関東大震災。
  福祉ネットワークでは、障害者、高齢者、子どもなど、
  いわゆる要援護者の方々に向けた番組を時間を拡大し、
  生放送でお伝えしています。」
 
とある。
今週の24日まで、8回放送予定だ。
  ( お知らせが遅くなり、
    申し訳ありません。
    再放送の予定もありそうです。 )
 
ずっと見ているが、考えさせられることが、多い。
 
 
もし、我が家で、花子さん、親父、お袋がいる時に、
震災に襲われたら、避難できるだろうか。
 
避難所での生活は、どうなるのか。
介護できるか。
周りの人と、共同生活が出来るか。
 
不安な点が、たくさんある。
 
 
 
毎回、専門家を迎え、現地を結び、
色々な障害を持った、ご本人たち、
介護者、介護施設、サポーターを交えて、
たくさんの情報と、適切な介護が紹介されている。
 
昨日は、
「 被災した認知症高齢者
   いま、もとめられることは 」
と言うテーマで、番組が進められた。
 
その中で、
  
避難所でがんばっている認知症の人・
  家族等への支援ガイド
 
が紹介された。
 
これは、すでに、僕がいつも訪れる、
 
のんた2号さんのブログ、
若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中
 
そして、
 
シマ(´V`)さんのブログ
若年性認知症‗ママは明日も元気です
 
に、紹介されている。 
 
 
 
僕も、紹介させて頂きます。
下記をクリックしてください。
    ↓
認知症介護研究・研修東京センター
いつでも どこでも その人らしく

 
読みやすい、PDF版もあります。 

 

避難所生活をされている、障害を持った皆様が、
不安なく、無事に過ごせますように。
 
 

ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif