花子さんは、昨年12月に、
要介護5に、認定された。
 
それまでは、要介護4だったが、
これからの、施設入居の可能性を考え、
区分変更を、申請して、
要介護5になった。
 
区分変更の場合、
認定期間は、6か月間だ。
6月に、再認定がある。
 
認定申請を受けて頂き、
今月は、主治医へ、意見書の依頼、
花子さんへの、認定調査があった。
 
認定調査は、担当のケアマネージャーが
行ってくれた。
 
僕は立ち会わずに、調査員のケアマネさんに
お任せした。
 
 
  
今月の初め、ケアマネージャーが、
病院まで、出向いてくれた。
 
主に、看護師長さんから
現在の、症状を聞いて、
花子さんに、面会したそうだ。
 
花子さんは、ケアマネさんに会った時、
ニコニコして、挨拶したらしい。
 
最近の花子さんは、
誰に対しても、にこやかに挨拶する。
 
同じ、入院病棟の患者さんにも、
 
いつも、ありがとうございます。
 
と、挨拶している。
 
 
以前は、介護に携わる人への
拒否反応が、非常に強かった。
 
ケアマネージャー、ヘルパー、デイサービス、
家族会、役所の福祉課の方・・・
 
誰が来ても、逃げるように部屋に閉じこもり、
大きな声を出し、抵抗をしていた。
 
今は、穏やかに、接することができるようになり、
本当に、ありがたい。
 
 
 
調査は、ケアマネさんにお任せしたので、
細かい内容については、
聞かなかった。
 
ただ、どのように対応できたかが、気になった。
 
私がご挨拶をしたら、
笑顔で、お返事をしてくれました。
 
お名前は?とお聞きしましたら、

わかりません。

とおっしゃいました。
スリブリ(←苗字)なんでしたっけ。
と聞いても、やはり、
 
わかりません。
 
と答えました。
今日は、外に桜が咲いてますね。
今の季節は、何ですか。
 
わかりません。
 
下を向いて、はにかむように、
お返事をしていました。
 
 
 
そこまで聞けば、十分。
 
花子さんは、出来なくなったことが、
すごく、増えている。
 
生活のすべてに、介護が必要だ。
でも、笑顔と、言葉は残っている。
 
僕が病院へ行くと、すぐに見つけ、
嬉しそうに、駆け寄ってくる。
 
看護師さんから、
 
あら~
私たちに見せない顔ね~
 
と言われ、からかわれる。
 
すみません
 
と言って、おじぎする。
毎回の、ワンパターンだけど、
楽しい。
 
 
介護認定は、どうなるかな~
 
 
 
 
花子さんの、晩御飯
 
カジキマグロ定食。
 
カジキ鮪定食  
 
花子さんの、大好物だ。
里芋と、わかめ。
キャベツの、お浸し。
 
僕の、晩御飯。
 
鯖味噌と春キャベツ 
 
鯖の味噌煮。
春キャベツの、炒めもの。
 
 
ここに載せようと思うと、
まともなものを、作ろうとするんです。
 
僕の自己満足と、健康のために、
ご勘弁を。


 
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif