先々週、Dr.に、面談をお願いした。
 
6月15日水曜の、診察日。
3時に病院へ行って、お話しをした。
 
最近は、どのような状態ですか?
 
少し前、他の患者さんと、揉めたようですが、
師長から、だいぶ落ち着いてきたと、
報告がありました。
薬の見直しは、しないで、
そのまま続けましょう。
 
入院前は、私に対して、
暴力を振るうことは、ありました。
 
でも、こちらに入院して、
落ち着いてから、
自分から、相手に乱暴をするというようなことは、
あまり、考えられません。
 
しつこくされた時の、自己防衛で、
言葉が出ず、手が出たのだと思います。
 
花子さんに限らず、
認知症の人は、
刺激に対して、敏感に反応します。
異常行動では、ないです。
 
今、要介護5で、出来ないことは増えています。
生活のほとんどは、
介助がないと、難しいです。
 
でも、会話ができることで、
すごく救われています。
 
病棟の中でも、看護師さんと大きな声で笑ったり、
お見舞いの人に、喜びを表す人は、
あまり、見かけません。
 
花子さんは、感情が豊かなところは、
残されていますね。
これからも、外出に連れて行ってください。
 
ところで、6月から、新薬が出ました。
メマリーは、アリセプトと
一緒に飲めると、聞きましたが、
メマリーの予定はありますか

 
まだ、出たばかりの薬なので、
もう少し、落ち着いた方から始めて、
使い慣れてからの方が良いのですが。
 
花子さんは、入院7か月で、
落ち着いて来ました。
アルツハイマーの、中度から高度が対象ですので、
花子さんは、該当します。
 
今、アリセプトも10mgまで飲んでますから、
ここで新薬を検討してみましょう。
 
是非、お願いします。
  
 
 
 
翌週、6月22日に診察。
23日から、
これまでの薬に、朝、メマリー錠5mgが増えた。
 
メマリー錠の、説明の冊子も渡された。
 
「     メマリーノート
 メマリーを処方された患者さんとご家族の方へ」
 
という表題の、32頁の冊子だ。
 
飲み始めは、5mgで、
体に慣らすために、
1週間ごとに、5mgずつ増やし、
4週目に、20mgを飲む。
20mgを続けることによって、効果が出るという。
 
花子さんの予定は、
6月23日~6月29日   5mg
6月30日~7月 6日   10mg
7月 7日~7月13日   15mg
7月14日~         20mg
になっている。
 
今日は、飲み始めてから、まだ4日。
僕が見た限りでは、大きな変化はない。
 
冊子の中には、「症状チェックシート」と言うのがあり、
 
記憶、服装、料理、日課、外出、買物、服薬、気分、
また、その他の症状として、
妄想、幻覚、暴言、夜間行動、食の変化等を、
日々の症状に合わせ、
チェック、コメント書きを、するようになっている。
 
家族として、僕が、細かいところまで見てあげたい。
一喜一憂をしたい。
 
でも、専門家集団の中にいて、
プロの目で、観察して頂くのも、
恵まれているのかもしれない。
 
新薬に、期待したい。
 
 
 
さて、
また、(余計な)晩御飯。
 
花子さんは、
野菜とマカロニの、トマトシチュー定食。
デザートに、桃が半分ついている。
 
野菜とマカロニのトマト煮定食
 
 
僕は、
鰤かまの塩焼きと、ゴーヤチャンプル風豆腐煮。
スーパーで魚を買うと、たいてい二つパック。
チャンプルも多く作りすぎたので、
翌日も、全く同じメニュー。
 
ブリカマとゴーヤ 
 
前に、鯛の鯛っていう、
兜の中に入っている小骨のことを書いた。
鰤にも、同じ骨があった。
魚には、みな、あるようだ。
 
ブリの小骨 
 

 
 
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif                   
  
6月25日(土)と迫っていますが、
NHK厚生文化事業団が、
「フォーラム認知症新時代」
として、

いきいきと暮らすために 
 
と言う、フォーラムが
東京都大田区であります。

案内、申し込みは、ここ
             ↑
            クリック
 
尚、同様のフォーラムが、
7月24日に、秋田でも開催されます。
 
ここ をクリック
          

 
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif                   
  
日曜は、外出許可をもらって、
一時、帰宅だ。
 
前の日に、花子さんに、
 
明日は、外に出るよ。
 
お昼ご飯作るけど、
何食べたい?
 
冷やし中華?
オムライス?
焼きそば?
かつ丼?

 
どれも、花子さんの好きな物ばかり。
オムライスのリクエストが、あると思ったが、
 
かつ丼
 
エッ。
かつ丼。
よし、任せとけ。
 
意外にも、一番重たい、かつ丼。
 
あとで考えたら、
一番最後に言った物を、
繰り返したのかもしれない。
 
でも、これも好物なんで、
まあ、いいか。
 
朝、迎えに行く途中、
肉屋さんで、揚げたてのトンカツを買う。
 
さすがに僕でも、昼から、トンカツは作れない。
 
厚切りロースカツを一枚買って、
二人分だ。
 
ご飯を炊いて、味噌汁を作り、
極上、かつ丼出来上がり。
  (写真、撮らなかった)
 

 
 
昼飯が終わり、いつもだったらお風呂だが、
金曜日に、病院のお風呂に入ったので、
今回は、パス。
 
期待の、公園へ行こうと思ったけど、
花子さんの、髪が気になった。
 
髪の毛がずいぶん伸びてきたな。
バサバサになってるよ。
美容院へ行って、カットしてこようか。
 
うん。
それがいい。
 
予定変更。
美容院へ、行くことにした。
 
いつもの美容院に、
予約をしていなかったので、
今回、初めてのお店。
 

 
上手に出来たのかどうか・・・

 
 
 
女性の、カットの注文は、
難しい。
 
僕なんか、
 
短めでお願いします。
上は、2cmぐらい切って、
下は、少しだけ刈上げで。

 
これで、あとは、寝ていても大丈夫。
 
 
 
女性は、そうは行かない。 
美容師が、
 
どのようにしますか?
 
少し短めに。
 
毛先を、指で挟みながら、
 
この位で良いですか。
 
ん~ もう少し短く。 
 
襟にかからないくらいで、
良いですか。
 
はい。
 
前髪はどうしましょう。
 
似合うように。
 
下の方の毛が、はねてますが、
段でカットすると、はねませんけど、
どうしますか。

(花子さんの髪は、ストレートだが、
 長くなると、先端がはねる、癖っ毛だ)
 
いつも気にしてるので、お願いします。
 
シャンプーは、どうしますか。
 
お願いします。
 
 
 
ん~~
全然、分からない。
 
髪を、クリップで挟みながら、
カットが始まった。
 
一通り終わると、
 
では、シャンプーしますので、
こちらへどうぞ。
 
花子さん、立ったままで、
どうして良いかわからない。
 
僕が手を繋いで、連れて行く。
 
椅子に座る。
 
後ろ向きだ。
頭の方には、何やら機械がある。
 
花子さん、怖がり、立ち上がる。
 
当店は、自動機でシャンプーをしますが、
経験はありますか?
 
いえ、ないです。
手洗いはできませんか。

 
承知しました。
 
シャンプーをしている間、
花子さんの手を、握る。
 
椅子を移動し、
ドライヤーで、乾かす。
横の椅子に、一緒に座る。 
 
 
なんか、イメージ違うな~
 
カット後 
 
 
 
今までのヘアースタイルは、
ボブと、言うらしい。
 
いつも行っている美容院は、
4800円。
 
今回、カット1500円、シャンプー500円。
 
価格の差ではない。
出来上がりのイメージが、持てないまま、
頼んでしまったからだ。
 
親友の奥さんか、家族会の女性に、
教えを、頂かなければ。
 
また伸ばして、元に戻そう。
 
 
 
では、晩御飯。
 
花子さんは、ナスのカレー煮定食。
デザートに、洋ナシもついていた。 
 
ナスのカレー煮定食  
 

僕は、珍しく4皿 
   
鮭とほうれん草 
 
鮭の塩焼き、ほうれん草と卵炒め。
上の緑は、空豆を、さやのまま
焦げるまで焼いた。
蒸し焼きになって、すごくジューシー
酒は、神奈川県の銘酒 相模灘。 
 
  
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif                   
  
僕が、花子さんの病院へ行くのは、
いつも、5時半頃。
 
行く日は、
とりあえず、5時に仕事を終わらす。
 
花子さんの、着替えを用意して、出発。
幸い、病院が近くなんで、助かっている。
 
病院は、一番忙しい時間だ。
5時になると、大勢いた看護師さんたちが、
仕事を、終える。
 
それからは、夜勤の3人体制。
5時ごろから、夕食の準備。
皆を、デイルームに連れてくる。
 
一人一人に、お茶とおしぼりを出し、
それぞれに合った、晩御飯の準備。
 
6時ちょうどに、夕食が運ばれる。
お世話をしながら、
全員が食べ終わるのが、6時40分ごろ。
 
それから消灯で、
皆さんを、部屋に誘導。
半数は、車椅子の方だ。
 
 
 
そんな、一番忙しい時間に、
病院へ行く。
 
スタッフには、申し訳ないけど、
にこやかに、応対してくれるので、
ありがたい。
 
僕が行ったときは、
いつも、面会室に、通してくれる。
 
6時になると、食事が運ばれ、
2人だけにして頂き、
花子さんの、夕食介助。
 
夕食が終わったら、
花子さんを、洗面所に連れて行き、
歯を磨いてあげる。
 
病院の歯磨きは、
昼間の1回だけ。
しかも、歯磨きを飲み込むといけないので、
歯磨きは付けずに、こするだけ。
 
どうしても、磨ききれないので、
僕が行ったときは、
必ず、念入りに、磨いてあげる。
 
歯磨きが終わる頃になると、
照明が、徐々に消される。
 
僕は、花子さんの目を盗み、
そっと、帰る。 
 
花子さんは、急にいなくなった僕を探して、
うろうろする。
 
仕方がない。
ここで、
 
じゃあ、帰るよ。
 
なんて言うと、
 
いやだ。
いっしょにかえる。
 
と、大騒ぎになる。
あとは、看護師さん達に、お任せする。
 
 
 
 
昨日も、いつもの時間に、
病院へ行った。
 
デイルームにいる花子さんを、探した。
少し離れたところに、座っている。
 
看護師さんが、連れてきてくれた。
 
花子さん、
 
 
泣いていた。
 
 
ぼろぼろ、涙を流している。
 
ほら、大好きなご主人が来てくれたよ。
 
僕を見つけ、
 
あ~
よかった~~
 
もっと、泣き顔になった。
 
どうした。
なんで泣いているの?
大丈夫だよ。
 
花子さんを、ハグして、
頭を撫でた。
 
よかった~
  エ~~ン
 
面会室に、通してくれた。
 
どうしたんですか?
 
最近、夕方になると、泣くことがあるんです。
寂しいのかな。
 
合わない人がいっるって、聞いたんですが、
どうですか。
 
最近は、席も離しているので、
あまり、もめることはないです。
 
世話好きの人なので、
最初は良かったんですが、
いつも、まとわりつかれて、
花子さんが、手で、押してしまったんです。
 
認知症病棟だしな。
個性があるのは、仕方がない。
その人は、入院したばかりなので、
周りの環境に、慣れれば、
お互い、落ち着くだろう。
 
看護師さん達は、
皆、花子さんに、良くしてくれるので、
お任せする。
 
看護師さんと話している間に、
花子さんの、笑顔が戻ってきた。
 
よかった~
うれしいな~
 
大丈夫?
 
だいじょうぶ。
 
泣いたりして、
何か、嫌なことでもあったの?
 
ないよ。
 
じゃあ、涙が自然に出てきたんだ。
 
うん。
 
僕もいるし、看護師さんたちも優しいから、
大丈夫だよ。
 
うん。
 
花子さん、泣いていたのも忘れ、
明るかった。
 
 
 
トイレも済ませ、そろそろ帰る頃、
花子さん、疲れたのか、
僕の後ろを、トボトボと歩いていた。
 
廊下を、スッと曲がり、デイルームへ行く。
ナースステーション越しに、
花子さんが歩いているのが、見える。
 
そのまま、ゆっくり歩いている。
 
看護師さんに、裏の出口を開けてもらって、
外に出た。
 
 
 
いつも、思う。
自分のことを、言葉で表すと、
 
ずるいなー
 
と。
 
 
花子さんは、傷ついて、寂しい思いをしているのに、
逃げるようにして、病院を出る。
 
会った時の喜びと、
短い時間を一緒に過ごし、
晩御飯を、食べさせる時はいいが、
毎回、今日は、どうやって、帰ろうか。
と考える。
 
そして、だますようにして、
病院を出てくる。
 
お互い、切なくて、つらい時だ。
 
 
 
昨日、花子さんが泣いていたこと、
そして、そっと出たことが気になって、
今日も、病院へ行ってきた。
 
明日の日曜日は、外出届けを出し、
家に連れてくるんで、
行かなくても、良かったんだけど。
 
 
 
今日は、デイルームで、椅子に座って、
手枕にし、顔を伏せて、寝ていた。
 
花子さん、
寝ている場合じゃないですよ。

 
パッと、顔を上げる。
 
びっくりした~
いたの?
 
今、来たんだよ。
 
よかった。
うれしいな
 
いつもの、ニコニコ顔だ。
 
 
 
面会室で、ご飯を食べながら、話す。
 
今日は、絶好調。 
 
昨日、調子悪そうだったんで、
心配で、来たんだよ。
 
泣いていたことは、言わない。
 
きのう来たの?
しらなかった。
 
大丈夫そうだな。
 
だいじょうぶ。
 
明日は、どこかに、出かけよう。
紫陽花は、まだ早いかな。
 
薔薇は、まだ大丈夫かも。
港の見える丘公園でも行くか。
 
いきたいな
 
 
大丈夫そう。
 
今日は、病院から出る時、
 
ずるい。
 
と言う言葉は、浮かんでこなかった。
 
 
 
 
さて、晩御飯。
日記が遅れているんで、
ずいぶん、溜まっている。
 
花子さんは、豚肉煮定食。
 
豚肉煮定食 
 
そして、今日は、ハンバーグ定食
いつも、最後に、ちょっと味見をするが
美味い。
 
ハンバーグ定食 
 
僕は、病院から帰って、
ランと散歩していたら、
どこからともなく、煮物の匂いが。
 
帰り際、近所でも、同じ匂い。
どうしても、肉じゃがが食べたくなったんで、
圧力鍋で、一人前作った。
あとは、ブリの塩焼きと、納豆。
 
肉じゃが鰤塩焼き 
 
〆に、小腹がすいたんで、蕎麦。
 
締め蕎麦 
 
 
 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif                  
  
先週は、花子さん、
風邪を、引いてしまった。
 
楽しみにしていた、
家族会も、ドタキャン。
 
病院へ行くと、
氷枕の上に、頭をのせていた。
 
でも、風邪薬を処方してもらったら、
すぐに、良くなった。
さすが、病院。
 
風邪を引いていたこともあり、
日曜は、外出届を出さず、
病院へ、行ってきた。
  
 
 
病棟のインターホンを鳴らし、
ドアを開けてもらう。
看護師さんと、歩きながら、話す。
 
花子さん、最近少し落ち着きがないんです。
 
病棟の中に、世話を焼きたがる人が
いらっしゃるんです。
いつも花子さんの、そばに来て、
話しかけています。
話しかけると言っても、
独り言のように、つぶやいているんですが。
 
始めの頃は、花子さんも、
相手にしていなかったんですけど、
最近は、その人を
ぶったり、蹴ったり、
追いかけたりするんです。
 
エッ!
暴力を振るうんですか。
 
暴力と言うほどではないですが、
手を払ったり、体を突いたりしています。
 
そうですか・・・
 
先生に話したら、
落ち着かせる薬が出ました。
症状が、悪くなった時のためですので、
まだ、飲んでいないです。
 
食事は、ナースステーションで
とってもらうようにしています。
 
風邪薬を飲んでいたせいが、
あるかもしれません。
 
わかりました。
様子を見てみます。

 
 
花子さんのところに行ったが、
デイルーム、部屋には、いなかった。
 
看護師さんと探したら、
他の部屋の、ベッドと壁の間の、
床に座っていた。
 
花子。
 
僕の方を振り向く。
 
ワアーー
きてくれたの。
うれしいなーー
 
立ち上がり、
笑顔で、僕のところへ、飛んでくるのは、
変わらない。
 
花子さん、良かったね。
その笑顔を、私にもほしいな~
 
はい、ありがとうございます。
 
看護師さんにも、ニコニコして、
答えていた。
 
風邪を引いていたんで、
外出はできないけど、
ランをつれてきたから、
庭を、散歩しよう。
 
うれしいな~
 
病棟のドアを開けてもらい、外に出た。
車まで連れて行き、ランに会わす。
 
かわいいね~
 
ご機嫌だ。
散歩をしながら、
 
どう?
ここは楽しい?

 
たのしいよ。
 
みんな優しくて、親切だろう。
 
うん、やさしい。
 
なんか、いやなことでもある?
 
なにもない。
 
じゃあ、良かった。
 
話は、これで終わり。
花子さんには、
他の人に、手を出したと言う、
自覚も、記憶もない。
 
それを、問い正しても、仕方ない。
 
認知症の人が、問題行動を起こすのは、
必ず、理由がある。
その場にいないと、わからないことは、
振り返っても、しょうがない。
 
ロビーで、おやつに買った、
コンビニのロールケーキを食べる。
 
かなり、美味い。
コンビニのケーキも、あなどれない。
 
 
 
病棟に戻る。
鍵を開けてもらって、皆がいる、
デイルームへ行く。
 
花子さん、入り口で、足を止めてしまった。
 
声を出さず、
蚊のなくような声で、
 
いやだ、
いかない。
 
表情が、急に強ばってしまった。
 
じゃあ、部屋に行こうか。
 
部屋に入り、ベッドに座らせた。
 
だれか、はいってこない?
こわい。
 
大丈夫だよ。
誰も来ないよ。
じゃあ、ドアを閉めておこう。

 
扉を閉めて、ベッドに、並んで座る。
花子さん、声が小さく、
何を言っているのか、聞き取れない。
意味不明なことも、つぶやく。
 
でも、時々入る、
 
こわい
 
ほら、だれかきた

 
廊下で、他の人の歩く音がするたびに、
怯えている。
 
大丈夫だよ。
僕がここにいるから。
 
疲れたろ。
ちょっと寝な。
 
横にさせ、しばらく手を握っていたら、
寝付いた。
 
そっと部屋から出る。
 
 
 
理由がわかった。
 
花子さんの、自己防衛本能だろう。
 
仲良くなろうと、寄ってくる人に、
最初は、心を許す。
でも、あまりにしつこいと、
嫌になる。
 
でも、言葉で言うことはできない。
嫌なイメージが膨れ上がり、
つい、手が出てしまう。
 
でも、その人が来る、
恐怖感は、消えない。
自分の中に閉じこもり、
怯えてしまう。
 
反抗は、言葉でなく、
手を出すことしかできない。
 
 
 
ナースステーションへ行き、
説明をした。
 
看護師さんも、分かっていたようだ。
それがあるので、
ナースステーションで、過ごさせたり、
散歩に連れて行ってくれている。
 
 
 
ただ、
身内だけが大事な、
我がまま家族かもしれないが、
花子さんを守れるのは、
僕だけしかいない。
 
風邪の影響、
季節の変わり目、
人との慣れ、
環境。
色々あるだろう。
 
花子さんが、安心して過ごせる環境を
作ってあげたい。
 
 
  
 
 
さて、
晩御飯。
 
花子さんは、肉たっぷりの、
豚肉と野菜煮定食。
 
 
豚肉煮定食 
 
僕は、ポークソティー
2㎝の厚切り豚肉(オーバーか)が、
半額になっていたんで、
焼いて、きのこソースをかけてみた。
あとは、ぶつ切りサラダ。
 
ポークソティー   

 
  
 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif