7月21日は、花子さんの誕生日だ。
 
今日で、59歳になった。
 
すごいな~
来年、60歳だよ。
信じられない。
 
人生の、2/3を、一緒に生活している。
思いもよらぬ、病気になってしまったが、
元気に、明るく迎えられたことを、
感謝する。
 
 
 
今日、家族会があった。
予定では、横浜に集合し、
シーバス(海の上を走るバス)に乗り、
10分間の船旅、
山下公園まで行き、近くを散歩する計画だった。
 
台風の影響で、
海は荒れて、雨も降っているので、
地域生活拠点施設(自由に使える、たまり場)に、
集まった。
 
6組のご夫婦と、サポーター3人。
15名の参加だ。
 

 
午前中は、ご本人達もお手伝いをして、
全員で、カレーライスを作る。
花子さんも、助けて頂きながら、
サラダの盛り付けをしていた。
 
皆さんの、こだわりレシピを
混ぜて作ったカレーは、
格別に、美味しかった。
 
 
 
午後は、うちわ作り。
メンバーが用意してくれた、
無地のうちわ、水彩絵の具、押し花を使って、
二人で、オリジナルうちわを作った。
   
うちわ
 

おやつの時間。
差し入れの、シュークリーム、おせんべい
紅茶を用意してくれて、
花子さんの、誕生日パーティーだ。
 
廊下に置いてあった、キャンドルも持ってきて、
 
HAPPY BIRTHDAY TO HANAKO
 
嬉しかったな~
 
花子さんは、何度も、
 
ありがとうございます
 
と言っていた。
 
目が、潤んでいるように見えたのは、
身びいきか。
今度、皆に、聞いてみねば。
 
 
 
 
認知症になってから、
一つ一つのことが、
すごく、大事に思える。
 
ほんの少しの変化。
皆さんの、思いやりを、
ありがたく感じる。
 
こんなことで、幸せを感じなくても
良いのかもしれないが、
 
やっぱり、人は、暖かい。
 
 
 
 
 
 
たまっている晩御飯を
 
花子さん。
 
鮭のクリームソース掛け定食
スイカもついた。
家より、贅沢。
 
鮭のクリームソース定食 
 
けんちん汁定食
デザートは、桃缶。
 
けんちん汁定食
 
 
僕は、ハンバーグ生地を作って、
ピーマンと、椎茸の肉詰め。
 
ピーマン・しいたけの肉詰め 
 
このハンバーグ種を冷凍にし、
次は、ハンバーグ定食。
(写真を整理していないので、また今度)
3回、使えた。
 

 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif        
以前、6月25日に、開催された、
NHK厚生文化事業団主催
 
「フォーラム認知症新時代
 いきいきと暮らすために」 
を、
 
ご案内しました。
 
当日参加された方も、たくさんいらっしゃったと思います。
その、パネルディスカッションの様子を、
7月23日(土)に、テレビ放映されます。
 
多分、NHK教育テレビ14時~15時。
「TVシンポジウム」だと思います。
 
会場で、放映日だけ知らされ、
時間、番組名がありませんでしたので、
はっきりした情報を、お知らせできず、
申し訳ありません。
 
ネットで、番組表を見ても、内容は、
紹介されていませんでした。
当日の新聞で、ご確認ください。
 
 
第1部で、認知症の基礎知識と、医療。
第2部で、本人の思い、地域での支えあいが、
ディスカッションされました。
 
特に、第2部で、若年認知症のご本人と、
サポートをしているご主人の話がありました。
生活の状況を、ビデオで流され、
終わったとき、会場から、自然に拍手が出ました。
 
2時間45分のフォーラムが、1時間に短縮されますので、
どの部分が放映されるか。
 
ぜひ、ご覧ください。
 
 
 
尚、同様のフォーラムが、各地で開催予定です。
 
7月24日  秋田  秋田県民会館
9月11日  高知  高知市文化プラザ
9月24日  鹿児島 鹿児島市民文化ホール
10月7日  大阪  大阪国際交流センター
11月7日  神奈川 相模原市民会館
11月20日 長野  松本市文化会館
12月4日  富山  富山国際会議場
平成24年
1月21日  鳥取  鳥取市民会館
2月4日   滋賀  大津市民会館
3月31日  徳島  あわぎんホール
 
詳細、申し込みは、
NHK厚生文化事業団へどうぞ。
 
 
テレビと、秋田の開催が迫っていたので、
自分の記事より、優先させてしまった。
 
申し訳ありません。 
 

 
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif                    
  
 
 
星子さんの家へ、伺った。
 
タロウと、星子さん、お母様が、
玄関まで迎えてくれた。
 
家に入り、
ご両親に、ご挨拶。
 
始めまして。
私は、スリブリと、申します。
こちらは、家内の花子です。

 
花子さん、緊張しながらも、
正座をして、頭を下げた。
 
すごいな~
認知症になっても、
節目は、ちゃんと心得ている。
 
この度は、二人の結婚を
お許しいただき、ありがとうございます。
どうぞ、幾久しく、宜しくお願いいたします。
 
本来ですと、結納と言う形で、
正式に、ご挨拶をするところですが、
省略と言うお言葉に、
甘えさせていただきました。
これは、心ばかりのものですが、
お納めください。
 
お土産を渡した。
 
僕が、ご挨拶をしている途中、
星子さんと、お母様は、
目を赤くしていた。
 
 
この場、この時が、
すごく、嬉しいことだと、
ひしひしと、伝わってきた。
 
 
社会不安障害を患っていて、
人前で話すことが、
できない僕が、
落ち着いて、緊張することもなく、
本当に、ありがたいということを、
伝えることができた。
  
 
 
今、家内は、若年性の認知症を
患っています。
 
そして、 前の日記、
両家顔合わせ 2」で書いた、
僕が、花子さんの病気に対する考え、
これからのこと、等々・・・
 
真意を、話させてもらった。
 
その間、星子さんは、
ハンカチで目頭を抑えながら、
聞いてくれていた。
 
 
お父様から、
 
理解がある旦那さんで、
奥さん、幸せだよ。

 
と、言ってもらえた。 
 
それからは、和やかな空気が流れる。
花子さんは、
落ち着かなくなってしまうことはなかった。
1時間、穏やかに、過ごせた。
 
ずっと、体育館座り
  (ひざを立てて、くの字にし、
   腕で抱える座り方)
をしていたが、その程度は、ご愛嬌だ。 

 
職人肌の、お父様と、
チャーミングな、お母様。
 
お母様は、学年がひとつ上の、同年代。
直接話さなくても、お互い、理解できる。
   
お父様は、趣味で、盆栽を育てている。
頼まれれば、近所の庭木を、刈りに行く。
 
花子さんのお父さんは、植木職人だ。
兄さん達も、植木の手入れは、プロ。
毎年、僕と両親が住む家の
庭木を手入れしに、来てくれていたので、
僕も、多少、手ほどきを受けている。
  

 
松の手入れの仕方で、
盛り上がってしまった。
 
松の形を作るには、枝に竹を当てて、
シロ縄と言ったけかな?
それで結んで、整えるんだ。

 
そしたら、花子さん、
真面目な顔で、
 
「シュロ」です。
 
と、訂正した。
シロではなく、シュロがあっている。
 
エッ!!
よく知ってるな!!
 
当たり前でしょ。
 
 
 
花子さんは、相手の言葉を繰り返して、
会話が成り立つ。
 
それが、自分から、発想して、
正しい言葉を思い出し、
相手に伝える。
 
今までにないこと。
 
びっくりしたな~  
さすが、庭師の娘。
 
「シュロ」と言う言葉は、
40年以上、使ってるはずないのに、
すらっと、出てきた。
 
皆は、普通の会話の中の、ひとコマだけど、
僕は、感激してしまった。
 
 
 
奥さん、俺のところで、植木を手伝えば、
元気になるよ。

 
は~い。
 
 
  
タロウと星子さんは、
お墓参りをしてから、帰るという。
ご先祖に、ご挨拶をするらしい。
 
僕たちは、予定通り3時に、
失礼することにした。
ちょうど、1時間だ。
花子さんが、元気でいられる時間。
 
 
 
本日は、大変ありがとうございました。
今度、ご都合のよいときに、
私どものところへも、お出かけください。
 
皆さんの見送りを受け、車を出した。
 
 
 
良かったな。
いい人達で。
 
よかったね~
いいひとだね。
 
タロウと星子さんが、結婚するんだよ。
あの人達とは、親戚だ。
 
え~ そうなの。
 
そうだよ。
だから、今、ご挨拶をしてきたんだよ。
 
タロウも、ちゃんとしないとね。
 

 
 
 
帰りは、東名高速が、渋滞していた。
花子さん、疲れたのだろう。
少し、不機嫌状態になってきた。
 
だめでしょ。
そんなことをすると。
おかあさんが、おこるでしょ。
 
ほら、そこにいる。
なんで、わからないの。
 
だから、○☓△◇・・・・
 
意味がわからないことを、つぶやく。
幻視もあるようだ。
 
途中、休憩所に寄りながら、
外の空気を吸い、喉を潤す。
 
 
 
 
病院に着いた。
 
花子さん、お帰りなさい。
 
ただいま。
 
今日は、どうだった。
 
は~い。
 
挨拶の時は、笑顔だ。
でも、すぐに、険しい顔になる。
 
ご主人もお疲れでしょう。
あとは、どうぞ。
 
すみません。
お願いします。
 
不穏状態の花子さんを置いて、
病院を後にする。
 
 
 
でも、良かったな~
最高の、一日だった。
 
 
タロウと、星子さんの
幸せを、祈る。
  
 
前の日記は、こちらをクリック
      ↓
両家顔合わせ 3
 
両家顔合わせ 2
 
両家顔合わせ 1
 
 
さて、晩御飯(^.^)
 
花子さんは、鮭のムニエル定食。
   
鮭のムニエル定食
 
僕も、花子さんと同じにした。
鮭のムニエル。
 
鮭のムニエル 
 
魚屋さんからもらった、
発泡スチロール箱で、育てた、
トマトと、キュウリ。
しなびたピーマンが冷蔵庫にあったので、
鶏肉と、炒めた。
鶏ピーは、大好物。
 
 
 
 
ご支援。
ありがとうございます。
 

 
 
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif                    
  
7月3日は、10時半に、病院へ行った。
 
洗面所前の、廊下に座り込んでいる、
花子さんを見つけた。
最近、デイルームには行かずに、
一人で、ここにいることがよくある。
 
僕を見つけた。
 
あれ~
いたの?
 
今来たんだよ。
今日は、出かけるよ。
着替えをしようか。
 
どこへ行くの?
 
タロウが、今度結婚するんだって。
星子さんの家に、ご挨拶に行くんだよ。

 
うれしいな~
 
まず、トイレに行ってみようか。
 
うん。
 
便器に座らせ、
小をする。
 
よし。
ついでに、ウンチもしてみよう。
出るか?
 
わかんない。
 
力を入れてみな。
 
下腹部をマッサージしながら、
 
ガンバレ
 
でた。
 
よし、もう少し頑張ってみよう。
 
力ませる。
 
もうでない。
 
大丈夫。
たくさん出ている。
がんばったな。
良かった良かった。

 
出かける前に、用便をしてくれると、
すごく助かる。
 
途中、心配しないですむ。
 
 
 
部屋に入り、着替え。
素直に、言うことを聞いてくれた。
 
化粧。
 
なかなか難しい。
顔に粉を塗るが、どうもムラが出る。
厚くならないように、手で伸ばした。
 
去年の夏は、ベランダで過ごし、
顔が、真っ黒になった。
今は、外に出ないので、美白。
ただ、少しシミが出てきた。
これも、隠す。
 
口紅を塗って、出来上がり。
 
きちんと身支度をすれば、
まだまだ通用する。(何がだ?)
 
そのまま出るのは、もったいないので、
病院内を一周して、スタッフに、
 
行ってきます。
 
と挨拶。
 
わー、花子さん、きれいになったね。
 
花子さん、かわいいよ。
 
今までが、パジャマと、ぼさぼさ頭だったんで、
看護師さん達に、おだてられ、
なんとなく、気分が良い。
 
   ばかだね (^_^;)
 
 
 
11時に、病院を出た。
 
東名高速に乗る。
星子さんの家は、同じ神奈川県だが、
ちょっと、遠い。
余裕を持って、出た。
 
花子さんは、何度も、
 
どこへ行くの?
 
タロウが、結婚することになったんだよ。
だから、向こうの家に、
ご挨拶に行くんだ。
 
エーッ  そうなの。
よかったね。
 
何度も、何度も、繰り返す。
楽しい話なので、言い甲斐もある。
 
日曜日の、午前中。
渋滞を予想したが、
ガラガラ。
 
高速休日1000円が終わった影響か。 
12時半に、目的駅に、着いた。
 
昼食の店を、探す。
ファミレス、牛丼、ラーメン屋さんは、
たくさんある。
 
目指すは、回転寿司。
 
今、花子さんは、
お箸を使って、自分で食べることができる。
でも、どうしても、こぼしてしまう。
 
お皿、お椀を持って食べる時は、
なおさらだ。
汁が、こぼれてしまう。
 
せっかく、おしゃれをしてるんで、
汚したくない。
 
その点、寿司は、
箸を使わず、手でつかんでも、
マナー通り。
 
コンビニで、弁当を買って、
車の中で食べさせても良いが、
せっかくの、外出。
 
病院では食べられない、
生ものを食べさせたかった。
 
何周か回ったが、
回転寿司はなかった。
仕方ない。
回らない、お寿司屋さんに入る。
 
ゆっくり食事をしていると、
タロウから電話。
星子さんと、家に着いたので、
いつ来ても、構わないとのこと。
 
 
花子さん、
時間つぶしを、している間、
ちょっと、目つきが変わってしまった。
 
いつもの、にこやかな、
目尻が下がった笑顔から、
吊り上って、機嫌が悪くなっていた。
 
ぶつぶつ、独り言も、言い出す。
楽しい話題、ちょっとした観光。(有名な所なんです)
お菓子、飲み物、等々で、
気晴らしをしたが、
なかなか機嫌が戻らず、不穏状態。
  
 
 
でも、タロウから電話があり、
 
さあ、星子さんの家に行くよ。
タロウも待ってるよ。
 
急に、にこやかになった。
 
花子さんは、すべてが、分かってる。
  
 
 
ごめんなさい
「続く」 です。
 
 
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif                   
  
僕は、花子さんのことを隠すつもりは、
全然ない。
二人で出かけた時は、
 
若年性認知症を、患っていますので、
ご迷惑を、お掛けすることがあるかもしれません。
 
と伝え、楽しく過ごす。
 
 
 
何度も書いている。
 
たまたま、脳の委縮と言う
病気になっただけで、
人格が変わったわけではない。
 
豊かな、感情は、残っている。
感動、感激も、そのままだ。
上手に、表現ができなくなっただけで、
心の中に、素直な気持ちは、
起き上がっている。
 
脳の委縮から、記憶に障害があり、
すぐ、忘れてしまうかもしれないが、
瞬間の喜びは、僕以上かもしれない。
 
 
 
世の中には、たくさんの病がある。
 
不幸にも、他の病気に罹り、
体に変化があった方。
思わぬ事故で、不自由になった方。
 
ご本人にとっても、家族にとっても、
辛く、悲しい現状がある。
 
周囲の人も、辛さを共有した同情を持ち、
支援をしたいと感じる。
 
認知症も、その中のひとつ。
  
 
 
認知症と言う病気になって、
一番辛いのは、本人だ。
 
脳が委縮しようが、
辛さと悲しみ、理不尽さを
を強く持っている。
 
それを助けるのが、介護者であり、
地域、事業者、行政の力だ。
 
認知症は、恥ずかしい病気ではない。
 (僕は、全く思ってないので、
  こんなことを書くのも、
  違和感があるが )
伝えて、今起きている症状を知ってもらえてこそ、
介護者は納得し、周りの援助もあり、
本人も、穏やかに過ごせる。
 
 
 
今回、星子さんの家にお伺いする時、
どんな状態であろうが、
花子さんを、連れて行こうと思った。
 
幸い、星子さんが、福祉の仕事をしている人で、
あらかじめ、ご両親に上手に伝えてくれていた。
 
余計な心配はせずに、
普通に、訪れることができた。
 
でも、一緒に食事をするのは、難しい。
また、長時間お邪魔するのも、厳しい。
 
14時にお伺いし、
1時間程度、訪問することにした。
 
 
 
前日、7月2日 (土)
出かける準備。
荷物を揃える。
 
 
  1. まずは、お出かけセット。
    家族会の散策でも、
    最近は、必ず用意するリュックサック。
     
    リュックの中に、
    パンツ式の、紙おむつ。
    尿取りパット2枚。
    替えズボン。
    タオル、濡れティッシュ、ティッシュ、ポリ袋。
    介護用品が、入っている。
     
  2. 化粧品
    ヤッパ、身支度は整えないと。
     
    花子さんは、昔から、化粧品は
    あまり持ってない。
    鏡台にあるのは、顔に、パタパタ塗るのと、
    口紅くらい。
    これを、袋に入れる。
    他には、寝癖直しの、ヘアースプレー、ブラシ。
    病院に戻った時のために、
    顔を洗う石鹸も入れた。
     
  3. 着替え
    まず、用意したのは、
    ブラジャー。
    病院では、介護用の、前開き下着一枚と、
    パジャマだ。
    11月に入院してから、ブラはつけない。
    まだまだ、若い(?) 。
    女性らしさを、出してあげたい。
     
    お気に入りのブラウスと、サマージャケット。
    ズボンは、やっぱり、ウエストゴムの、パンツ。
    下は、オムツだもんな。
    ゆったりしたパンツは、仕方ない。
     
  4. 病院に戻った時の着替え用に、
    パジャマと、前開き下着、靴下も用意。
     
  5. 男は、楽だ。
    いつものスーツに、ワイシャツ、ネクタイ。
    靴は、半年以上ぶりに、磨いた。
     
  6. 手土産。
    結納は、なしにした。
    形式的なものは、必要か、
    星子家に聞いてもらったら、
    省略しましょう。
    とのことだった。
    心使いを、ありがたく受ける。
     
    前日、仕事帰りに、横浜の高島屋へ行って、
    手土産を買う。
    横浜は、なんといっても「高島屋」
     
準備万端。
あとは、翌日だ。
 
 
 
さて、今日の晩御飯
 
花子さんは、
カレー煮定食。
野菜たっぷりの、カレーだ。
ご飯を入れたら、美味しそうに食べた。

 
カレー煮定食 
 
僕は、メバルの煮魚。
もちろん、前日に買った、半額。
美味かったな~
おかずはもう一品あったけど、
買ってきた惣菜なので、カメラから外した。
お酒は、福島 大和川酒造の
弥右衛門
 
メバルの煮魚
 
 
 
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif                   
  
 
先月、息子のタロウから電話があり、
 
今度、仕事が終わったあと、
二人で家に、行きたいんだけど。

 
息子が、お付き合いをしていて、
今、一緒に住んでいる、
星子さんと、来るらしい。 
   ↑
 ( ここをクリックすると、以前の日記に飛びます
   このページは、3話だけどすぐ前に、
   2話、1話があります。 )
 
いつでもいいぞ。
家までだと、遠いんで、
どっかの駅で、待ち合わせて、
飲みに行ってもいいよ。
 
いや、家に行きたいんだ。
お母さんも、いるかな。
 
来るのは、夜だろ?
外泊はできないんで、
俺、一人だ。
 
わかった。
行ったときに、戸籍謄本を
取っといて、ほしいんだけど。
 
わかった。
 
これ以上聞かない。
 

  
二人で来て、戸籍謄本が必要??
ようやく、結婚か???
 
二人で暮らし始めて、約3年半。
その前から、長いお付き合いがあった。
 
星子さんのご両親は、
ずいぶん心配したことだろう。
 
 
 
6月18日(土)19時ごろ、
仕事を終えた二人が、やってきた。
 
来月、入籍をしたいんで、
証人に、なってほしいんだけど。
 
二人の名前が入っている、
婚姻届を、差し出した。
 
結婚式の前に、入籍って、
できたの?
 
それはない。
 
そうか。
二人で考えての、入籍だから、
いいだろう。
 
おめでとう。

 
結婚式は、どうする?
 
まだ決めてないけど、
やるとすれば、来年になる。
 
 
タロウは、転職したばかりだ。
ヘルパー2級をとって、
今、特養で、働いている。
 
優しさだけが、取りえなんで、
この仕事は、合っていると思う。
  
星子さんは、福祉の仕事で、キャリアを積んでいて、
責任のある立場にいる。
結構、活躍している人だ。
年内は、仕事が詰まって、忙しいらしい。
 
 
明日(6月19日日曜日)、
向こうの家に行って、
証人のお願いをしてくる。
 
そうか。
早く、挨拶をしたいしな。
ちょうど、外出届を出しているので、
一緒に行ってもいいぞ

 
ほらね。
行くと言うと、思ってました。
 
星子さんは、僕が一緒に行くと言うのを
予想していたようだ。
タロウと、話していたみたい。
 
まだ、いいよ。
先に、きちんと決めてから、
その後、行ってもらうよ。
 
7月3日の日曜日に、予定してるんだけど、どう?

 
大丈夫。
お母さんも、一緒に連れて行く。
今の、お母さんと俺を、そのまま見てもらおう。
 
 
 
食事がまだなので、
僕がよく行く、近所のイタリア料理屋へ
連れて行った。
マスターが一人でやっている、小さな店だ。
 
席について、しばらくすると、
マスターが、やってきた。
 
決まりましたか。
 
エッ!何で知ってるの?
 
キョトンとしている。
 
アッ。 そうか。
料理のことか。
今日、この二人の結婚が決まったので、
そのことかと思ったよ。
 
だいぶ、舞い上がっていた。
 
 
この続きは、次回。
もったいぶってるわけじゃないけど、
書くのに、すごく時間がかかるんです。
 
3~4回になるかもしれない。
 
すごく、ハッピーなので、ご安心を。
 

 
 
と言うことで、
今日の晩御飯。
 
花子さんは、天ぷら定食。
前も出たけど、品数もあって、
美味そうだった。
 
てんぷら定食 
 
僕は、イサキの塩焼きと、
きのことピーマン炒め。
賞味期限切れの手羽先があったので、
魚と一緒に、焼いてみた。
 
イサキの塩焼き
  

 
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif