前に、ランが、動物病院の眼科に通っていると書いた。
 
左目の、表面。
角膜に、穴が開いている。
瞳の、真上だ。
水晶体まで、皮一枚つながっている状態。
 
ランの目は、赤ちゃんの時から、
左目だけが、ドライアイだ。
涙が出にくく、毎年、2回、
必ず、眼科に行っている。
 
目の裏に、膿のような、
目やにがたまり、
目薬を差しながら、
取ってあげる。
 
そして、今日、
 
 
なんと、
 
 
 
 
入院。
 
 
 
 
表面の穴が深くなり、
水晶体まで、届きそう。
 
これ以上ひどくなると、
手術をしなければいけない。
 
中にある固まりを取って、
角膜を、縫い合わせるらしい。
 
それをしないために、
2日間、病院に預かってもらい、
目薬、抗生物質、注射で治療をする。
 
瞬間接着剤を、穴に入れ、
塞ぐことも、行う。
 
 
 
今日まで、家にいた時は、
ずっと、首にカラーを着けていた。
 
犬を飼っている人は、ご存じだろう。
 
首に、輪を着けて、
前足で、顔をこすらないようにする。
 
すごく不自由になり、かわいそうだ。
それが、これ。
   ↓
ラン 
 
左目が、目やにで固まり、
開かない。
 
 
 
 
花子さんは、
病院の鏡に、自分が映ると、
 
ランちゃん
 
と言う。
優しい看護師さんは、
皆さん、
 
ランちゃん
 
病棟に入る僕を見つけると、
 
ランちゃん
 
と言って、
駆け寄ってくる。
 
好きな人は、
すべて、ランちゃんだ。
  
 
 
  
以前、花子さんが、胆管結石で、
入院したことがある。
 
その、全く同じときに
ランも、尿管結石で、病院に行った。
 
そして、同じように、石を取り出す手術
 
 
 
今回も、一緒に、入院。
 
 
 
 
花子さんの、心の支え。
 
僕にとっても、癒しの素。
 
元気になってくれ。
 
この、笑顔が、戻るように。
 
  ラン3 
 

  
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif