花子さんの、食事介助のために、
5時半に病院へ行くのは、
毎日続いている。
 
僕が行く時は、
廊下を徘徊しているか、
デイルームの、椅子に座っている。
 
6時から夕食が始まるので、
皆さんには、
お茶と、オシボリが配られている。
 
いつものように、花子さんは、
僕を見つけて、駆け寄ってくる。
 
笑顔は出るが、
最近は、言葉の出が、少ないかな。
   
スタッフの方が、
いつも、僕と花子さんのために、
部屋を用意してくれる。
 
6人掛けのテーブルが二つ。
冷蔵庫、おしぼり、炊事場が付いた部屋。
リハビリ、レクリエーション、などにも、
使っている、多用途ルーム。
 
この時間は、面会者もいないので、
二人にしてくれる。
 
ゆっくり、笑いながら、
 
美味しいだろ。
 
おいしい
 
と言って、夕食だ。
 
花子さんは、自分で食べることができないのは、
変わらない。
 
でも、僕が、スプーンにのせて、
口に運べば、完食だ。
お茶も、コップ2杯、400cc飲む。
 
 
 
最近、新しく入院する人が、増えた。
まだ、皆さんと一緒の食事に、慣れていない。
 
落ち着きが出るまで、
皆さんとは、別の部屋で、食事をとる。
花子さんと食事をする、多目的ルームだ。
 
看護師さんから、
 
今日は、部屋を使っているので、
病室(4人部屋)まで運びますので、
そちらで、ご飯を食べてもらえますか。

 
いいえ、
デイルームで、構いません。
そちらに行きます。
 
デイルームに行くと、
たくさんの人が、食事が運ばれるのを待っていた。
 
認知症病棟なので、
入院している方達の症状は、
まちまちだ。
 
穏やかに座って待っている人もいれば、
絶えず、怒って、怒鳴っている人。
机をたたいている人、
独り言を、言い続けている人。
表情が、乏しくなった方も、多い。
 
看護師さんの食事介助もあるので、
ベッドから起きれない人も、
口から食べれる方は、
皆さん、ベッドごと移動して、
デイルームにいる。
 
夕御飯が運ばれるまでは、
とても、にぎやかだ。
 
各テーブルに食事が運ばれると、
デイルームは、急に、静かになる。
 
僕も、花子さんに、ご飯を食べさせる。
 
美味しそうな料理だったけど、
さすがに、写真を撮るのは、やめといた。
 
あたりを、見回す。
 
なんと、
 
皆さん、お箸、スプーンを上手に使いながら、
自分で、食べているではないか。
 
こんな言い方をすると、大変失礼だが、
花子さんより、重い症状と思われる人たちも、
お箸を使って、食べている。
 
看護師さんが介助をしているのは、
車椅子に乗っている人と、
ベッドに寝ている方だけだ。 
 
  
数か月前までは、
花子さんも、デイルームで、
皆さんと一緒に、
お箸を上手に使いながら、
自分で食べていた。
 
僕は、横に座って、
会話をしながら、
見ているだけだった。
 
 
 
花子さんは、自分で食事をすることができない。
朝、昼、晩、誰かしらの、介助が必要。
 
でも、豊かな感情は、残っている。
 
人それぞれ、
病状によって、出てくる症状は違う。
 
不思議な、病気だ。
 
 
その人に寄り添った介護が出来れば、
たくさんの可能性が残っているのではないかと思う。
 
 
 
 
 
先日、若年期認知症家族会「木曜会」で行った
鎌倉。
 
紅葉には、まだ早かったが、
円覚寺を、ゆっくり散歩した。
  
花子さんには、サポーターさんがついてくれて、
楽しく過ごすことができた。 
 
kamakura 
 
花子さん、何を願ってる?
 
nagai 
 
家でお留守番のラン、
まだ、カラーがはずれない。
でも、体の一部のように、慣れている。
 
ran 
 
 
晩御飯です。
 
花子さんは、
白身魚の、カレー焼定食。
カレー粉をまぶして焼いていた。
美味い。 
  
白身魚のカレー焼き定食 
 
僕は、
鰤の照り焼きと、
鶏と豆腐の、水炊き。
これからは、手抜きの鍋の季節。
鍋奉行の僕には、ありがたい。
お酒は、秋田の「まんさくの花」
旨い酒です。
 
ブリの照り焼き
 
  
     
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif        
 
11月17日
花子さんが入院して、
ちょうど、1年になる。
 
 
 
あっという間の1年間だ。
すごく速く、感じる。
 
 
 
時の速さを感じるのは、
対象によって変わる。
 
仕事、生活、家族、環境、興味、等々、
一つの事柄で、考えると、
時は、速かったり、遅かったり。
 
花子さんの入院生活を思うと、
これほど、速いことはない。
 
すべてのことが、昨日のことのように、
鮮明に、思い出す。
 
 
入院してからの1か月間は、
面会が出来ず、モニターで、
隔離室の様子を見るだけだった。
 
ようやく病院に慣れ、
4人部屋に、移されたが、
急激な進行。
 
 
帰宅願望、後追い、介護拒否、
病院内での、暴言、暴力。
辛いことが、多かった。
 
安定もしてきた。
豊かな感情も、残っている。
感謝、笑顔が絶えない。
 
これらのことが、入れ替わって、
波が、高低するように、
変化が起こる。
 
 
1年後の今は、
入院前に比べると、
認知症は、重度の段階に進行している。
 
でも、感情は、穏やかだ。
 
 
 
今日は、
「認知症の人と家族の会神奈川県支部」から発展した、
若年期認知症本人と家族のつどい「木曜会」で、
鎌倉散策がある。
 
病院に、花子さんの外出申請を出し、
僕は、仕事を休んで、参加する予定。
 
皆さんには、ご迷惑をかけるが、
本人と介護家族の集まりに、
参加できることが、
すごく、楽しい。
 
入院をしていても、
このような会に参加できるのは、
ありがたいことです。
 
 
 
11月17日は、もう一つ。
このブログの、誕生日だ。
 
ブログを始めたのが、
2005年11月17日
6歳になる。
 
子供の頃から、国語が苦手で、
作文が大嫌いだったのに、
よく続いたものだ。
 
716の記事を書き、
236万回も、このページが、開かれた。
コメントは、5,790件もある。
  
 
認知症になる前、
そして、認知症と診断された初期の頃。
現在の、重度の段階まで、
日々の変化を、ありのままに書いてきた。
 
泣いたり、笑ったり、怒ったり
また、認知症介護の、素直な気持ちを綴った。
 
  

6歳というと、ようやく小学校入学だ。
これまでは、生まれてから幼稚園まで。 
  
中学、高校と進み、
成人式は、どのような形で、
迎えるのだろう。
 
 
 
 
では、晩御飯。
 
花子さんは、揚げ出し豆腐のあんかけ定食。
 
揚げ出し豆腐のあんかけ定食 
 
僕は、鰈の煮魚。
煮魚に気合いを入れたんで、
手抜きの奴と、スライストマト。
お酒は、京都松本酒造のひやおろし。
 
煮魚 鰈 
 
 

  
前回の晩御飯で、
タジン鍋を、ジタン鍋と書いてしまった。
さっき見直して、はじめて気が付いた。
誰からも、突っ込まれなかった。
 
訂正しておきました。
   
  
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif       
 
今日、ようやく、夏服と、冬服の入れ替えをした。 
 
春先に行うべき、
冬服から夏服の入れ替えは、7月にしたばかり、 
いつも季節遅れの、ようやくの入れ替えだ。
 
10月の寒い日は、押し入れの衣装ケースから
1枚だけ引っ張り出して、
長袖を着ていた。
 
タンスの中にある半袖を見ただけで、
寒く、震えてくるので、
ようやく、入れ替え。
 

  
僕の服は、ほんとにわずかで、
ほとんど、花子さんの服。
  
タンスにある夏服を、全部出して、
押し入れの衣装ケース
  (と言うと、かっこいいが、
   仕事で使っている、段ボール箱)
に入っている冬服に、入れ替える。  
 
若かりし頃に着ていた、
もう、絶対に着ることがない服もある。
十年以上、袖を通したことがない服も、
出してしまっての、繰り返し。
 
毎年の行事だが、
こんな服も着たんだな~って楽しさもある。
出かけた先を、思い出す。 
 
しまう服を、少しずつ古着回収に出しているが、
もったいなくて、また、着れるかもわからないが、
衣装ケースに入れる。
 
 
 
今年も、同じ時期がやってきた。  
 
来年のために取っておくのは、
パジャマと、少しの外出着でよいのかも。  

でも、捨てることもできずに、
また夏服をしまい、
着ることができるかわからない、
たくさんの、セーターを出す。  
 
これをやめることはできない。 
 
着れる時が来る希望でもある。  
 
タンスに一杯になった冬服を見て、
出かけられる日を、楽しみにする。
 
 
 
 
花子さんの晩御飯。
豚肉の煮物定食、
 
さつまいもは、病院の庭で育てた、芋。
花子さんが、水をあげて、雑草を抜いた。
 
豚肉の煮物定食 
 
 
僕は、ジタンタジン鍋(間違えた)を使って、
鮭のチャンチャン焼き。
秋鮭の大きい切り身が売っていたので、
作ってみた。
カボチャ、ニンジン、玉ねぎ、ピーマン、
シメジ、キャベツ、モヤシと、野菜たっぷり。
お酒は、焼酎黒霧島。

 
チャンチャン焼き 
 
この鍋は、頂いたものです。
ありがとうございます。
 
チャンチャン焼きは、キャンプでの、得意料理。
今年の8月に、家族会の夏祭りでも、
作った。
 
nobiさんのブログで、写真を入れてくれました。
              ↑ ここ

 
だけど、その時は、失敗したんだな~
前日に仕込んだ、味噌タレが美味しくて、
調子に乗って、入れすぎた。
 
 
そのせいで、しょっぱくなってしまった。
当日食べた方
ごめんなさい。
 
今日のは、美味しかった。
いつか、リベンジします。

 
  
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif       
 
まずは、お知らせ
 
11月12日(土)に、神奈川県横須賀市で、
「若年期認知症 よこすかのつどい」が開催されます
 
と き 2011年11月12日 午前11時~午後3時
ところ 県立保健福祉大学 大会議室(管理図書館棟2階)
     京浜急行「県立大学」下車 徒歩5分
主 催 公益社団法人 認知症の人と家族の会神奈川県支部  

6月に第1回が開催され、今回が2回目。
前回は、僕も行って来ました。
 
お近くの方は、是非ご参加下さい。
ご本人もご一緒にどうぞ。
パンフレット、こちらをクリック。
    ↓
よこすかのつどい
 
 
 
 
さて、僕と、ランのこと。
 
以前、中性脂肪が高く、再検査になった。
その結果が出た。
 
今回、642。
基準範囲は、149以下で、前回554。
もっと高くなり、「要治療」となってしまった。
 
かかりつけ医に行き、再検査、治療開始。
 
高脂血症の薬、「リピトール錠10mg」が処方された。
悪玉コレストロールと、中性脂肪を減少させ、
善玉コレストロールを増加させるらしい。
 
これで、高血圧、痛風、社会不安障害、中性脂肪の治療。
 
生活習慣病と、現代病のオンパレードだな。
糖尿病になると、すべて揃ってしまう。
注意しないと。
 
ストレスをためず、
お酒を控え、
食べ過ぎなければ良い。
 
 
 
これが、難しい・・・
 
 
 
 
ランは、まだ首につけているカラーが、
はずれない。
 
  コメントで教えてもらった。
  これは、エリザベスカラーと、言うらしい。
  エリザベス1世が、ドレス着用時の襟の形と、
  似ているからだそうだ。
  つらい状況だが、おしゃれと思えば、
  微笑む。
  ありがとうございました。
 
でも、Dr.も驚くほど、快方に向かっている。
 
退院した時は、目にコンタクトを、入れていた。
目の表面に、穴が開いてしまって傷を、
守るためだ。
 
1枚、6,000円。
 
高い!!
しかも、翌朝には、もう付いていなく、
どこかに、落としていた。
 
犬用に作られた、レンズ。
でも、ランは、目が大きいからな~
 
 
3日に一度、病院へ連れて行った。
その頃は、傷が広がり、深くなっていたので、
危険な状態だった。
 
手術で、縫合、又は、
最悪、
 
眼の摘出も考えられていた。
 
犬にとっては、痛い状態が続くより、
摘出した方が、楽だそうだ。
犬は、順応性があるので、片目があれば、
不自由しないらしい。
 
でも、そんなことにならず、
どうか、つぶらな瞳が戻るよう願っていた。
 
  
 
病院からは、3種類の飲み薬。
止血剤、痛み止め、抗生物質が出された。
 
また、2種類の目薬が出て、
片方は、1日3回、
もう一方は、5回以上、
出来るだけ多く、
点眼するように、言われた。
 
10月の末位から、
傷の部分が、いびつに、膨らんできた。
黒い目が、傷の周りだけ、白く濁ってきた。
白目が、血管で、充血してきた。
 
Dr.は、これを見て、
 
もう大丈夫です。
良い方向に、なってきています。
手術をしなくて、済みそうです。
 
瞳孔に動きが出ています。
光にも、反応しています。

 
一見、悪くなったようだが、
眼が、自分で、治そうとしているようだ。
 
Dr.が、ランの頭をなでながら、
 
ランちゃん、良く頑張ったね。
偉かったね。
パパが、一緒に、頑張ってくれたからだよ。

 
だって。
 
 
 
先週から、週1回の通院になる。
大きな眼が、開いてきた。
 
眼球は、今のところ凹凸があるが、
治ってくるだろう。
 
ラン 
 
それにしても、病院へ行くたびに、
毎回、6,000円~10,000円
 
痛い。
 
 
では、晩御飯。
 
花子さんは、鶏のつくね定食。
 
肉団子定食 
 
僕は、鶏の唐揚げ。
見た目は悪いが、
ニンニク、ショウガ、黒胡椒たっぷりの
スパイシーな唐揚げ。
 
鶏のから揚げ
   
  
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif       
 
ずっと更新が、出来ていませんでした。
いつも、来てくれている方。
ごめんなさい。
 
開いても、毎回ランの顔。
 
すごく忙しく、余裕がありませんでした。
 
なんだか、間が空いた時は、
いつも、同じ言い訳をしているような・・・
 
 
 
一人で、3人+1匹の介護。 
おまけに、息子の結婚も近づく。
 
ヘルパーさんになれる。
 
主婦の労働時間を、給料に換算すると、
すごい金額らしい。
僕も、同じかな。
 
まあ、お金はもらえないが、支払いもない。
行って来いだな。
 
 
 
9月から、ほぼ毎日、
花子さんのところへ行っている。
 
夕ご飯の、食事介助だ。
 
病院は、17時半を過ぎると、翌朝まで、
約40人の患者対し、
看護師、スタッフ、3人体制になる。
 
入院している、約3分の1の人は、
点滴、胃ろうで、食事介助の必要はない。
3分の1は、自分で食べることができる。
残り、3分の1は、スタッフが食べさせる。
 
食べさせてもらう人は、
ミキサー食、半固形物が、多い。
 
 
 
花子さんは、自分で食べることが、
出来なくなっている。
お箸、食器を持ち続けることができない。
 
距離感がなくなり、
食べ物の置いてある場所が、
わからない。
お箸を持った手も、空中を泳ぐ。
視線が、固定されないので、
食器のある場所が、分からない。
 
食べたい気持ちはあるので、
茶碗に、直接顔を突っ込んでしまう。
口まで、届かず、食べられない。
 
テーブルの、何もないところに
手を差し出し、
指で、つかむ。
つまんだ手に、食べるものはないが、
それを、口に運び、
大きな口を開けて、食べる動作。
でも、何も入っていない。
 
 
 
スプーンにのせて、口まで持って行く。
全介助がなければ、食べることはできない。
 
口まで運んであげれば、
固形物は、食べられる。
飲み込んだ後に、
 
どう?
 
って聞くと。
 
おいし~い。
 
あま~い。

 
ニコニコして、伝える。
 
これは、

すごく!
すごく!!

大事なこと。
 
 
噛んで、味わえるのは、素晴らしいことだ。
あらゆる機能と、伝達を使って、喜びになる。
  

 
つい最近も、
友達夫婦、6組で昼食会をやった。
お刺身を、美味しそうに食べていた。
 
食べる喜びは、残してあげたい。
だから、毎日病院に行くのは、
苦にならない。
 
僕が行けば、花子さんは、
晩御飯を、完食だ。
 
 
 
病院へ行く喜びは、もう一つある。
 
花子さん、
 
相変わらず、
僕を見つけると、声を出して、抱きついてくる。
 
10月に、一度だけ、
病院へ行かれない日があった。
若年認知症家族会・彩星の会の、
一泊旅行があった。
 
  皆さん、ご本人を含めて、夫婦で、
  参加される。
  僕は、一人での参加。
  どうしようか迷ったが、
  ご本人の男性の、サポーターが出来ればと思い、
  参加した。
 
  代表、副代表、世話人、
  出席している、すべての人が、
  認知症の介護を経験している。
  その人たちと、酒を飲み、
  笑って、苦労話ができる。
  そんな心地よい場所が、
  最大の魅力だ。
 
土・日の、旅行。
帰りの日曜日は、東京駅に、
4時半に着いた。
急げば、花子さんの夕食に間に合う。
 
病院へ着いたのは、5時50分。
夕食の6時に、ぎりぎり間に合った。
 
病棟に入ると、看護師さんに連れられ、
花子さんが、近づいてきて。
 
なんと、
 
花子さん。
 
泣きながら、
 
よかった~
 
と言って、
抱きついてきた。
 
看護師さんと、顔を見合わせてしまった。 
 
前日の夕ご飯の時、
僕が病院に行かなかったのは、
覚えてないと思う。
 
いつも、
 
昨日も来て、ご飯食べたんだよ。
 
と言っても、前日のことは、
覚えていない。
 
でも、
感覚的に、
 
長い時間、
会っていないと言うのは、
気持ちの中に、感じてる。
 
だから、瞬間的に、
恋しくて、泣いたんだろう。
 
そんなのを見せられると、
行かないわけに、
いかないんだな~
 
でも、会ったすぐ後に、
もう、恋しさなど忘れ、
僕を見ても、ボ~~ッとしているのは、
お愛嬌だ。
 
 
さて、晩御飯
花子さんは、魚のフリッター定食。
タラを衣で包んで、
美味しく焼いている。
 
魚のフリッター定食 
 
僕は、
トンテキ
豚を香ばしく焼いて、
玉ねぎ、にんにく、生姜のソース。
付け合せに、野菜炒めたっぷり。
一皿で、満腹。
お酒は、
山形の、大山 純米
 
とんてき

  
  
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif