まずは、お知らせ
 
11月12日(土)に、神奈川県横須賀市で、
「若年期認知症 よこすかのつどい」が開催されます
 
と き 2011年11月12日 午前11時~午後3時
ところ 県立保健福祉大学 大会議室(管理図書館棟2階)
     京浜急行「県立大学」下車 徒歩5分
主 催 公益社団法人 認知症の人と家族の会神奈川県支部  

6月に第1回が開催され、今回が2回目。
前回は、僕も行って来ました。
 
お近くの方は、是非ご参加下さい。
ご本人もご一緒にどうぞ。
パンフレット、こちらをクリック。
    ↓
よこすかのつどい
 
 
 
 
さて、僕と、ランのこと。
 
以前、中性脂肪が高く、再検査になった。
その結果が出た。
 
今回、642。
基準範囲は、149以下で、前回554。
もっと高くなり、「要治療」となってしまった。
 
かかりつけ医に行き、再検査、治療開始。
 
高脂血症の薬、「リピトール錠10mg」が処方された。
悪玉コレストロールと、中性脂肪を減少させ、
善玉コレストロールを増加させるらしい。
 
これで、高血圧、痛風、社会不安障害、中性脂肪の治療。
 
生活習慣病と、現代病のオンパレードだな。
糖尿病になると、すべて揃ってしまう。
注意しないと。
 
ストレスをためず、
お酒を控え、
食べ過ぎなければ良い。
 
 
 
これが、難しい・・・
 
 
 
 
ランは、まだ首につけているカラーが、
はずれない。
 
  コメントで教えてもらった。
  これは、エリザベスカラーと、言うらしい。
  エリザベス1世が、ドレス着用時の襟の形と、
  似ているからだそうだ。
  つらい状況だが、おしゃれと思えば、
  微笑む。
  ありがとうございました。
 
でも、Dr.も驚くほど、快方に向かっている。
 
退院した時は、目にコンタクトを、入れていた。
目の表面に、穴が開いてしまって傷を、
守るためだ。
 
1枚、6,000円。
 
高い!!
しかも、翌朝には、もう付いていなく、
どこかに、落としていた。
 
犬用に作られた、レンズ。
でも、ランは、目が大きいからな~
 
 
3日に一度、病院へ連れて行った。
その頃は、傷が広がり、深くなっていたので、
危険な状態だった。
 
手術で、縫合、又は、
最悪、
 
眼の摘出も考えられていた。
 
犬にとっては、痛い状態が続くより、
摘出した方が、楽だそうだ。
犬は、順応性があるので、片目があれば、
不自由しないらしい。
 
でも、そんなことにならず、
どうか、つぶらな瞳が戻るよう願っていた。
 
  
 
病院からは、3種類の飲み薬。
止血剤、痛み止め、抗生物質が出された。
 
また、2種類の目薬が出て、
片方は、1日3回、
もう一方は、5回以上、
出来るだけ多く、
点眼するように、言われた。
 
10月の末位から、
傷の部分が、いびつに、膨らんできた。
黒い目が、傷の周りだけ、白く濁ってきた。
白目が、血管で、充血してきた。
 
Dr.は、これを見て、
 
もう大丈夫です。
良い方向に、なってきています。
手術をしなくて、済みそうです。
 
瞳孔に動きが出ています。
光にも、反応しています。

 
一見、悪くなったようだが、
眼が、自分で、治そうとしているようだ。
 
Dr.が、ランの頭をなでながら、
 
ランちゃん、良く頑張ったね。
偉かったね。
パパが、一緒に、頑張ってくれたからだよ。

 
だって。
 
 
 
先週から、週1回の通院になる。
大きな眼が、開いてきた。
 
眼球は、今のところ凹凸があるが、
治ってくるだろう。
 
ラン 
 
それにしても、病院へ行くたびに、
毎回、6,000円~10,000円
 
痛い。
 
 
では、晩御飯。
 
花子さんは、鶏のつくね定食。
 
肉団子定食 
 
僕は、鶏の唐揚げ。
見た目は悪いが、
ニンニク、ショウガ、黒胡椒たっぷりの
スパイシーな唐揚げ。
 
鶏のから揚げ
   
  
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif