11月17日
花子さんが入院して、
ちょうど、1年になる。
 
 
 
あっという間の1年間だ。
すごく速く、感じる。
 
 
 
時の速さを感じるのは、
対象によって変わる。
 
仕事、生活、家族、環境、興味、等々、
一つの事柄で、考えると、
時は、速かったり、遅かったり。
 
花子さんの入院生活を思うと、
これほど、速いことはない。
 
すべてのことが、昨日のことのように、
鮮明に、思い出す。
 
 
入院してからの1か月間は、
面会が出来ず、モニターで、
隔離室の様子を見るだけだった。
 
ようやく病院に慣れ、
4人部屋に、移されたが、
急激な進行。
 
 
帰宅願望、後追い、介護拒否、
病院内での、暴言、暴力。
辛いことが、多かった。
 
安定もしてきた。
豊かな感情も、残っている。
感謝、笑顔が絶えない。
 
これらのことが、入れ替わって、
波が、高低するように、
変化が起こる。
 
 
1年後の今は、
入院前に比べると、
認知症は、重度の段階に進行している。
 
でも、感情は、穏やかだ。
 
 
 
今日は、
「認知症の人と家族の会神奈川県支部」から発展した、
若年期認知症本人と家族のつどい「木曜会」で、
鎌倉散策がある。
 
病院に、花子さんの外出申請を出し、
僕は、仕事を休んで、参加する予定。
 
皆さんには、ご迷惑をかけるが、
本人と介護家族の集まりに、
参加できることが、
すごく、楽しい。
 
入院をしていても、
このような会に参加できるのは、
ありがたいことです。
 
 
 
11月17日は、もう一つ。
このブログの、誕生日だ。
 
ブログを始めたのが、
2005年11月17日
6歳になる。
 
子供の頃から、国語が苦手で、
作文が大嫌いだったのに、
よく続いたものだ。
 
716の記事を書き、
236万回も、このページが、開かれた。
コメントは、5,790件もある。
  
 
認知症になる前、
そして、認知症と診断された初期の頃。
現在の、重度の段階まで、
日々の変化を、ありのままに書いてきた。
 
泣いたり、笑ったり、怒ったり
また、認知症介護の、素直な気持ちを綴った。
 
  

6歳というと、ようやく小学校入学だ。
これまでは、生まれてから幼稚園まで。 
  
中学、高校と進み、
成人式は、どのような形で、
迎えるのだろう。
 
 
 
 
では、晩御飯。
 
花子さんは、揚げ出し豆腐のあんかけ定食。
 
揚げ出し豆腐のあんかけ定食 
 
僕は、鰈の煮魚。
煮魚に気合いを入れたんで、
手抜きの奴と、スライストマト。
お酒は、京都松本酒造のひやおろし。
 
煮魚 鰈 
 
 

  
前回の晩御飯で、
タジン鍋を、ジタン鍋と書いてしまった。
さっき見直して、はじめて気が付いた。
誰からも、突っ込まれなかった。
 
訂正しておきました。
   
  
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif