認知症の症状には、
中核症状と、周辺症状と呼ばれる、
二つがある。
 
 
中核症状は、脳の委縮により、
認知症と診断されたら、
程度の差、
発症するまでの期間の違いはあるが、
多くの人にみられる症状だ。
  
大きく分けて、四つある。
 
ごく最近のことも忘れてしまう
  「記憶障害」
思考能力が弱まり、決めることができない
  「判断力の障害」
時間、場所が分からなくなる、
  「見当識障害」
言語、着衣、道具の使い方等が分からなくなる、
  「失語、失行、失認、の障害」
 
 
 
周辺症状は、人により、
出たり出なかったりだ。
 
徘徊、暴言、暴力、幻覚、介護抵抗、
せん妄、妄想、不安、昼夜逆転、抑うつ、等々、、、
 
その人の置かれている環境、
生活状況、
これまでの習慣、性格、
介護状態、等によって違う。
 
薬、介護体制及び方法、心理療法などで、
症状に変化が出る。
 
残念なことだけど、
進行によっても、安定に向かう。
 
 
 
花子さんは、
アリセプト、メマリーを中止してから、
急激に、中核症状が進み、
生活面では、すべて介護が必要になった。
 
でも、周辺症状は落ち着き、
絶えず、笑顔が出ている。
 
今日も、看護師さんから、
 
花子さんは、作詞作曲をして、
(メロディーと歌詞は、メチャクチャと言うこと)
手をたたきながら、歌ってましたよ。
 
機嫌の悪い時もあるけど、
以前のような、激しい抵抗はなくなりました。
 
お風呂も、機嫌よく入ってくれます。
 
などと、言われた。
 
 
 
9月に、認知症の薬をすべて中止してから、
中核症状が進んだ不安もあり、
10月10日から、サプリメントを飲ませている。
 
保険適用の薬とは違うので、
看護師さんに、服用をお願いすることもできないため、
僕が、病院へ行ったときに、
2包づつ飲ませている。
 
9月からは、ほとんど毎日、
病院へ行っているので、
継続して飲むことが出来ている。
 
飲んでいない時と、いる時の
違いが判らないし、
サプリメントの効果なのかは、
正確に判断できない。
 
でも、周辺症状の落ち着きは、
サプリメントが効いているのかもしれない。
 

 
認知症を、根本から治す薬は
今だにないので、
中核症状の進行は、
残念ながら、受容するしかない。
 
だが、笑顔が出ているのは、
僕達はもちろんだが、
花子さん自身が、
苦しさを感じていないということなので、
本当にありがたいことだ。
 
 
 
本年は、大変お世話様になりました。
皆様の、温かいご支援のお蔭で、
無事に、一年を過ごすことが出来ました。
 
振り返ると、毎年のように、
今年は、最大の激動の一年。
と思います。
 
今年も、さらに増して、激動の一年でした。
 
このブログは、続けていきます。
正直に、その場で起こったことを、
素直に、綴ります。
 
  
来年も、よろしくお願いいたします。
 
 
 
今、これを書いていたら、
外から、
 
ボ~~
 
っという音が、聞こえる。
 
 
これ、
除夜の鐘代わりの、
横浜港の汽笛です。
 
前に、
ここ(←クリックして下さい)に書きました。
        19歳の時の写真が・・・ 
 
我が家は、横浜港からは、すご~く離れている。
でも、高台なので、夜中だと、
風向きによって、かすかに聞こえる。
 
 
一人で聞くと、何か、切ない。
 
 
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif         
 
いつものように、17時半に病院へ行く。
 
看護師さんが、二人だけになれる、
食堂に、通してくれた。
中では、作業療法士の方が、
机の上に、山になっていた、
サンタクロースの衣装を、片づけていた。
 
今日は、クリスマス会があったんです。
ミニコンサートもあって、
皆さんで、歌も歌いました。
 
そうですか。
それは、楽しそうでしたね。
 
どうだった?
楽しかった?
 
うん。
 
あまり覚えていないようだ。
 
コンサートは、楽しまれていましたけど、
皆さんで、サンタクロースの服を着る時は、
いやがって、着てもらえませんでした。 
 
そうですか。
 
多分、機嫌悪くなって、抵抗したのだろう。
 
机の上には、片づけようとうしている、
サンタの衣装がある。
 
もうすぐ、クリスマスだよ。
ほら、着てみよう。
かわいいぞ~
 
花子さんに、
赤い上着の、袖を通した。
ニコニコしていた。
 
いいですね~
では、これもかぶりましょう。
 
帽子を取り出してくれた。
 
さっき、写真を撮れなかったので、
撮りましょうか。
 
ナースステーションに行き、
カメラを持ってきてくれた。
 
患者さんたちの、手作りのソリと、
デコレーションケーキを横にして、
記念撮影。
 
それが、これです。
 
クリスマス会 
 
服と帽子は、100円ショップ。 
あとは、すべて、手作り。
 
 
 
作業療法士の方と、しばらく話をした。
  
ソリの紐は、上手に、三つ編みにされている。
ケーキのデコレーションも、
紙を丸めて、かわいく、飾りつけ。
 
病院には、デイケアも併設されているので、
その方たちが作ったのだと思った。
 
ところが、花子さんと同じ病棟に
入院している方たちが
手分けをして、作ったそうだ。
 
出来栄えの見事さに、驚かされる。
そんな、細かい仕事が、出来るなんて。
 
入院している、年配の方は、
手が覚えているので、
上手に、紐を編むそうだ。
 
1月に貼りだす、龍の織物を見せてもらった。
見事な作品に、びっくりしてしまった。
 (来月、貼り出されたら、写真を載せます)
 
いつも、デイルームでは、
声をはりあげたり、落ち着かない様子の、
方達だ。
  
 

僕は何度も、そして多くの人が言ってるが、
 
認知症になったからと言って、
何もできなくなるわけじゃない。
 
記憶と、生活に障害が出ているだけで、
出来る可能性は、たくさん残されている。
 
 
 
花子さんは、園芸クラブに入っているそうだ。
編み物や、工作は苦手だが、
植物を育てるのは、好きだ。
 
今、球根を植えて、春に芽を出すのを、
楽しみにしているらしい。
 
 
 
久しぶりの、晩御飯。
写真は、たくさんたまっているが、
日記が、追いつかない。
 
花子さんは、
八宝菜定食。
ご飯にのせて、中華丼にした。 

  八宝菜定食
 
僕は、
なんと!
松葉ガニ。
 
松葉蟹
 
星子さんの伯父様が、
送ってくれたのを、
おすそ分け。
 
贅沢に、一人で、一杯食べた。
足には、松葉ガニの水揚げ港、
津居山港の、青色のタグがついている。
 
生きている状態だったので、
美味さを逃さないように、
蒸してみた。

二匹もらったので、
蒸して一杯は、
両親へ。
  
贅沢でした。
 
(蟹の単位は、生きてるときは、「匹」で、
 調理されると、「杯」だそうな )
 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif         
 
介護をする人も、
病気、薬等の知識を持つことが大事と、
いつも思っている。
 
正しい知識があれば、
進行による変化にも対応できるし、
心の準備も出来る。
 
薬を知っていれば、
理解して治療に前向きになれる。
 
適切な対応が出来れば、
本人も、家族も、
穏やかになるし、
安心して、暮らせる。
 
僕は、出来るだけ、
セミナー、家族会に参加し、
情報を集めるようにしている。
 
 
 
埼玉県にある、認知症専門病院「和光病院」の
院長 斎藤正彦先生のセミナーが、
DVDで発売されました。
 
「認知症医療・介護のための老年精神医学セミナー」
 
和光病院は、ベッドへの身体拘束、隔離を、
一切行っていません。
車椅子への、安全ベルトでの拘束も含め、
拘束に使用する道具が、置いてありません。
 
8回開催された、和光病院セミナーをまとめたDVDです。
1回90分で、裏表4枚組。 
720分の内容です。
定価  21,000円
 
発売元は、このブログにもリンクしている、
「認知症ラボ」です。
 
ここのホームページは、
動画で分かりやすく、認知症を解説しているので、
いつも参考にしています。
 
知っている人も、たくさん出ていますし。
 
医師、介護専門職、施設向けの内容で、
難しいかもしれませんが、
斎藤先生が、丁寧に判りやすく説明しています。
 
ご興味のある方は、下記をクリックしてください。
詳しい説明が出てきます。

 
認知症医療・介護のための老年精神医学セミナー [DVD]認知症医療・介護のための老年精神医学セミナー [DVD]
(2011/08/17)
斎藤正彦

商品詳細を見る





ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif         
もう一度だけ、
この話題を引っ張らせてください。(^_^;)
 
 
 
披露宴が終わったのが、14時半。
それから、列席された方を送り、
花子さんと、僕が着替え、
タクシーに乗ったのが、
4時頃になってしまい
まずは、病院へ向かう。

 
この後、親友の二次会に
飛び入りをするつもりだったが、
皆は、3時ごろから始めているので、
戻って参加は無理。
 
結婚式の2部会は、
同じ式場で、
二人の友達、仕事仲間を招待し、
会費制で、
5時から始まる。
 
これも、
始めから顔を出すのは、
難しい。
 
とりあえず、
花子さんを、病院に連れて行ってから、
僕の次の行動が、決まる。
 
 
 
花子さん、
タクシーに乗っている間は、無表情。
病院に戻ったら、
不機嫌モードいっぱいになってしまった。
 
病棟に入ると、看護師さんが、
 
花子さん、
今日は、おめでとうございます。
 
なによ!!
 
目つきが、険しくなってきた。
  
  
ありがとうございます。
 
結婚式だったので、
化粧を、しています。
パジャマに着替える前に、
落としてあげたいんですが

 
そうですね。
病院内では、顔色を見るのが大事なので、
落としましょう。
 
おしぼりを貸してもらえば、
僕が拭いてあげます。
 
おしぼりだけだと、取れないでしょう。
化粧落としがあるか、見てきます。
 
 
 
化粧を落とすのは、
拭き取るだけじゃいけないなんて、
知らなかった。
 
そういえば、
テレビのコマーシャルで、
コットンに、液を含ませて、
落としていたな。
 
 
 
看護師さんが、戻ってきた。
 
化粧落とし(呼び名は違っていたが、
        覚えてない)
がなかったので、顔を洗いましょう。
 
風呂に連れて行ってもらって、
看護師さんが、洗おうとした。
 
なにするんだ!!
やめろ!!
 
花子さんは、怒りのピーク。
 
僕が、やります。
 
ほら、大丈夫だよ。
さっぱりしよう。
  
しかめっつらを、しながらだが、
洗わせてくれた。
 
 
パジャマに着替えて、
ベッドに連れて行った。
 
声を荒げて、抵抗したが、
何とか、横にする。
 
僕は、ずっと、手を握っていた。
 
ようやく落ち着いてきたので、
病院を、あとにした。
 
 
 
花子さん、偉い。
  

 
式、披露宴では、
病院と全く違う環境で、
戸惑ったろう。
 
1年以上、病院にいるので、
華やかな場など、見たことない。
 
だけど、タロウがいて、
皆の笑顔に囲まれ、
なんとなく、
嬉しかったんだろう。
 
その間の緊張感は、大変だったと思う。
でも、嬉しさと、喜びから、
皆の中に、馴染んで、
誰よりも、楽しんでいた。
 
その緊張感から、解き放され、
病院に戻った時、
正直な感情が出て、
疲れから、
荒れてしまった。
 
疲れが充満して、
怒りと言う、表現をした。
 

 
よく、頑張った。
 
 
 
誰よりも、
タロウと、星子さんを
祝福していた。
 

 
 
 
そのあと、
式場に戻る。
 
6時30分に着いた。
途中から、2部会に、参加する。
  
皆さんに、お礼のスピーチをした。
 
9時半に、最終の会計をして、
式場を出た。
 
 
 
タロウ、星子さん、お母様。
4人で、遅い夕食と、ビールで乾杯。
 
11時半に、家に着く。
 
 
 
朝、7時半から始まった、
長い長い、一日。
 
たくさんの喜びと、
感謝であふれた一日が
終わった。
 
  
   
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif        
 
前回の、「結婚式」の日記では、
たくさんの方に、祝福を頂きました。
 
本当にありがとうございます。
 
皆様からの、コメントを読ませていただいて、
 
全然知らない、夫婦と、その家族に、
こんなにも、温かい励ましを頂けるなんて、
 
ありがたいことです。
 
コメントを頂かなくても、
訪れて下さった皆様の応援に、
感激しています。
 
本当に、ありがとうございます。
 
このブログは、星子さん、タロウも、
いつも見ています。
 
おそらく、同じように、感動していると思います。
 
ありがとうございました。
 
 
 
デジカメを見直したら、
肝心なところが、全然少ない。
 
そりゃそうだな。
 
新郎の父が、席をはずして、
写し回るわけにいかない。
 
と言うことで、
数枚をご披露。
 
専門のカメラマン、友達からの写真が届いたら、
少しずつ、載せます。
 
 
 
まずは、お礼を込めて、
花子さんの笑顔を
大公開 (^.^)
 
笑顔の花子さん 
 
式場の門の前で、
フォーショット。
 
僕の顔を隠して、
ごめんなさい。
 
式場前で 

  
新郎新婦の席で。
この前に、花子さんが、
タロウをハグしたんです。
 
披露宴 
 
 
悪友のご紹介。
 
親友達 
 
おじさん達が、
恥ずかしげもなく、
ピース。
 
 
その、奥様達。
 
親友の奥さん達  
  
   
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif        
 
タロウと、星子さんの、
結婚式、披露宴、二部会。
 
和やかで、温かい結婚式だった。
幸せな気持ちで、いっぱいです。 

 
本当に、良い結婚式、披露宴だった。
 
 
花子さんは、最初から最後まで、
ずっと、笑顔で、参加できた。
不機嫌になったり、飽きることも、
一度もなかった。
  
これには、僕の親友と、その奥さんたちに、
たくさん支えられ、手助けをしてもらったからだ。
 
高校からの同級生、親友5名。
その奥さんたち、4名。
 
この9人の、友情と、
すばらしいチームワークがなかったら、
花子さんが出席することは、なかったろう。

 
僕の親友以外は、すべて親族。
ここに、←書きました。
 
 
 
僕と花子さんが、式場に入ったのは、
9時45分だった。
 
10時半から、親族紹介がある。
すぐに準備を、しないといけない。
 
すでに待ち構えていた、奥さん4人が付き添い、
女性更衣室に入った。
 
僕も、男性更衣室に入って、
礼服に、着替え。
僕が着ると、
まるで、七五三の、貸衣装だ。
 
女性更衣室に戻ると、
花子さんは、着替え終わって、
友達から、化粧をしてもらっていた。
 
みんなの連携は、プロ並だ。
 
絶えず、誰かしらが、横に寄り添ってくれる。
 
 
 
親族紹介の時、花子さんの紹介。
 
隣にいますのが、
新郎の母、花子です。
花子は、病を患い、現在入院をしています。
本日は、一時外出を申請して、参列しました。
 
途中、皆様には、ご迷惑をお掛けすることが
あるかも知れませんが、
どうぞ、宜しくお願い致します。
 
新婦星子さんの親族は、
あらかじめ聞いていたので、
知っていたと思う。
 
でも、実際に会ったら、驚いたんじゃないかな。
かわいい姪を、嫁がせるのに、
不安があったと思う。
 
茨城から来た、花子さんの実兄は、
久しぶりに会う、花子さんの姿を見て、
 
何でこんなことに・・・
 
と言って、ずっと、泣いていた。
 
 
 
でも、最近にない笑顔と、反応は、
絶好調状態で、僕と親友達は、
喜んでいたんだけどな。
 
 
 
式は、神式だ。
途中、僕と星子さんのお父様が、
神前に向かい、
玉串奉納がある。
 
親友の奥さんに、
めくばせをした。
 
すぐに、最前列にいる、
花子さんの横に来てくれて、
手を握ってくれた。
 
 
  
披露宴は、親族以外の招待客は、
僕の友達たちだけ。
 
男5人は、最前列の上座に座ってもらった。
女性4人は、一番末席の、
僕と花子さんのテーブルだ。
 
花子さんの周りは、
仲の良い顔で、まとめたかった。
 
ごめん、夫婦別々の席になってしまって。
 
いいのよ。
お父さんと別のほうが、全然楽しいわ。
花子ちゃんと一緒だしね~
 
4人とも、口をそろえて、言ってくれる。
 
 
 
乾杯の音頭は、僕の親友だ。
他に、お客さんは、いないからね。
 
高校入学して、初めての教室で、
前後に座った、それからの仲。
 
友情こもった、温かい、スピーチだった。
感激だな。
 
 
 
花子さんは、タロウと、星子さんのことを、
最初は、分かってなかった。
何をしているのかも、理解していない。
 
でも、皆から声をかけられているうちに、
なんとなく、分かってきたのだろう。
 
二人で、タロウと、星子さんの席に行った。
 
なんと、花子さん、
 
タロウ~
 
と言って、座っているタロウを、
抱きしめた。
 
こんなに、感情豊かで、
正直な表現をする花子さんには、
感激した。


   
披露宴の途中、奥さんたちに任せ、
僕は、テーブル回り。
 
戻ると、花子さんは、
僕を見つけて、笑顔が出る。
いない時は、ちょっと不安な顔をしているらしい。
 
それが、4、5回あったかな。
 
花子ちゃんは、スリブリさんが戻るたび、
驚いたように、喜んで、迎えるね。
毎回、新鮮な出会いが出来て、
うらやましい。

 
と、冷やかされる。
 
 
 
披露宴の途中、余興は、
唯一、僕の友達だけだ。
 
皆、いったん外に出て、
呼ばれて、入ってきた。
  
先頭は、真っ赤な衣装と、ひげを蓄えた、
サンタクロース。
後ろには、トナカイの女性二人、
男は、サンタの帽子、
女性は、小さな赤いシルクハット。
 
おまけに、最後尾は、
僕と花子さんも、帽子をかぶって、参加だ。
 
「あわてんぼうのサンタクロース」を皆で歌い、
最後に、サンタさんが、背中に背負った袋から、
大きなプレゼントを、新郎新婦に渡して、
引っ込んだ。
 
いつもながら(毎回、子供達の結婚式に、余興をやる)
自己満足、身内受けの、余興だった。
 
 
 
最後に、両家を代表して、僕から挨拶。
花子さんの横には、
やはり、親友の奥さんに、付いてもらう。
7人で、並んだ。
途中から花子さんは、用意してもらった、
椅子に座る。
 
落ち着いて、話すことが出来た。
 
でも、台本にはない、
 
花子さんが、タロウを抱きしめたことを
どうしても話したくて、それを入れた。
 
思い出して、声が詰まってしまった。
涙が出て、しゃべれなくなってしまった。
 
会場でも泣いている人がいて、
それを見て、気を取り直す。
 
締めの言葉。
 
次に、タロウからの挨拶があり、
無事、結婚式、披露宴が終わった。
 
 
 
帰り際、親戚、家族から、
 
温かくて、感動的な結婚式だったよ。
良い友達がいて、幸せだね。

 
素敵な人達で、うらやましい。
 
信頼できる仲間がいて、いいね。
   
祝福と一緒に、皆から声をかけられた。 
 
   
 
どうってことない連中なんだけどね (笑)
 
 

 
まだ、写真の整理が出来てないんで、
次に、載せます。
 
 
  
   
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif        
 
12月4日の、
タロウ(長男)と、星子さん(お嫁さん)の結婚式を前にして、
メチャクチャ忙しい。
 
 
 
毎日のように、星子さんと、メールでやり取りをしている。
決めなければいけないこと、段取りが、
いっぱいだ。
 
何故か、タロウは、話しに入ってこない。
4月から特養に勤め始め、
早出、昼出、夜勤と、
不規則な仕事体制で、余裕がないのか。
 
まあ、、、のんびりした性格と言えば、
それまでだが(^_^;)
 
 
 
式場との打ち合わせは、
毎回出ていた。
 
なんたって、大蔵省なんで、
出ないわけにいかない。
 
僕の友人たちにも、何度か会い、
花子さんのサポートをお願いする。
 
 
 
きょうは、式場へ、
お袋と、姪の着物を搬入。
 
おまけに、仕事の製品を
プチギフトにしようと思って、
袋詰めした品物も、運んだ。
 

 
式の前日は、花子さんの外出届を出し、
美容院に行く予定。
出来れば、床屋にも行って、
顔剃りを、してあげたい。
 
僕も、床屋に行かねば。
 
 
 
当日のタイムスケジュールを作ったら、
メチャクチャな予定になってしまった。
 
 

第一便は、7時半出発で、
姪の着付けのために、
 (振袖着付け、ヘアーアップがある)
式場へ連れて行く。
帰りは、そのま病院まで行き、
花子さんを迎えに行く。
 
家に戻り、
今度は、親父、お袋、花子さんを乗せ、
9時半出発。
3人のうち、誰が使うかわからないが、
車椅子も1台乗せる。
 
式場に、10時について、
花子さんと、僕の着替え。
 
10時半から、親族紹介。
11時に、挙式。
12時に、披露宴。
 
披露宴の最後に、
社会不安障害の僕が、
親族代表で、挨拶。
 
14時半終了。
 
 
 
それからが、また、大変だ。
 
親父たちはタクシーで帰ってもらい、
僕と、花子さんは、病院へ。
 
花子さんを、病院に送ってから、
一度家へ帰り、
再び、式場へ。
 
17時から、同じ式場で、
新郎新婦の、
仕事仲間、友達に集まってもらい、
二部会がある。
 
出来れば、
駅の近くの居酒屋でやっているだろう、
披露宴に出た、
親友たちの二次会にも、
乱入したい。
 
 
 
19時半に二部会終了。
当日の清算をして、
式場を出るのが、21時ごろ。
 
披露宴後は、酒を飲んでるので、
すべて、タクシー。
結婚式場は、ちょっと、へんぴな所なのだ。
 
 
 
さてさて、
花子さん、無事に結婚式に出れるでしょうか。
親父、お袋は、体調崩さないだろうか。
 
 
心配事は、たくさんある。
上手くいくことと、
最悪と、
中間。
 
いくつものパターンを考えている。
 
 
明日から、日曜の当日まで、
目いっぱい。
すごく忙しい。
 
でも、すべてが、楽しいんだな。
忙しければ、忙しいだけ、
楽しさが増す。
 
 
 
では、晩御飯でも。
 
花子さんは、豆腐料理。
メニューを見たら、
友禅豆腐と書いてあった。
豆腐の中に、野菜が入っていて、
くずあんがかかっている。
わかめと、オクラのサラダもついた。
いっちょまえの料理だ。
 
なんとか豆腐定食 
 
僕は、
豚の生姜焼き。
鍋は、鯛ちり。
お酒は、山口の五橋。
美味しい酒でした。
ベストテンに入るな。
 
しょうが焼  
 
  
   
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif