もう一度だけ、
この話題を引っ張らせてください。(^_^;)
 
 
 
披露宴が終わったのが、14時半。
それから、列席された方を送り、
花子さんと、僕が着替え、
タクシーに乗ったのが、
4時頃になってしまい
まずは、病院へ向かう。

 
この後、親友の二次会に
飛び入りをするつもりだったが、
皆は、3時ごろから始めているので、
戻って参加は無理。
 
結婚式の2部会は、
同じ式場で、
二人の友達、仕事仲間を招待し、
会費制で、
5時から始まる。
 
これも、
始めから顔を出すのは、
難しい。
 
とりあえず、
花子さんを、病院に連れて行ってから、
僕の次の行動が、決まる。
 
 
 
花子さん、
タクシーに乗っている間は、無表情。
病院に戻ったら、
不機嫌モードいっぱいになってしまった。
 
病棟に入ると、看護師さんが、
 
花子さん、
今日は、おめでとうございます。
 
なによ!!
 
目つきが、険しくなってきた。
  
  
ありがとうございます。
 
結婚式だったので、
化粧を、しています。
パジャマに着替える前に、
落としてあげたいんですが

 
そうですね。
病院内では、顔色を見るのが大事なので、
落としましょう。
 
おしぼりを貸してもらえば、
僕が拭いてあげます。
 
おしぼりだけだと、取れないでしょう。
化粧落としがあるか、見てきます。
 
 
 
化粧を落とすのは、
拭き取るだけじゃいけないなんて、
知らなかった。
 
そういえば、
テレビのコマーシャルで、
コットンに、液を含ませて、
落としていたな。
 
 
 
看護師さんが、戻ってきた。
 
化粧落とし(呼び名は違っていたが、
        覚えてない)
がなかったので、顔を洗いましょう。
 
風呂に連れて行ってもらって、
看護師さんが、洗おうとした。
 
なにするんだ!!
やめろ!!
 
花子さんは、怒りのピーク。
 
僕が、やります。
 
ほら、大丈夫だよ。
さっぱりしよう。
  
しかめっつらを、しながらだが、
洗わせてくれた。
 
 
パジャマに着替えて、
ベッドに連れて行った。
 
声を荒げて、抵抗したが、
何とか、横にする。
 
僕は、ずっと、手を握っていた。
 
ようやく落ち着いてきたので、
病院を、あとにした。
 
 
 
花子さん、偉い。
  

 
式、披露宴では、
病院と全く違う環境で、
戸惑ったろう。
 
1年以上、病院にいるので、
華やかな場など、見たことない。
 
だけど、タロウがいて、
皆の笑顔に囲まれ、
なんとなく、
嬉しかったんだろう。
 
その間の緊張感は、大変だったと思う。
でも、嬉しさと、喜びから、
皆の中に、馴染んで、
誰よりも、楽しんでいた。
 
その緊張感から、解き放され、
病院に戻った時、
正直な感情が出て、
疲れから、
荒れてしまった。
 
疲れが充満して、
怒りと言う、表現をした。
 

 
よく、頑張った。
 
 
 
誰よりも、
タロウと、星子さんを
祝福していた。
 

 
 
 
そのあと、
式場に戻る。
 
6時30分に着いた。
途中から、2部会に、参加する。
  
皆さんに、お礼のスピーチをした。
 
9時半に、最終の会計をして、
式場を出た。
 
 
 
タロウ、星子さん、お母様。
4人で、遅い夕食と、ビールで乾杯。
 
11時半に、家に着く。
 
 
 
朝、7時半から始まった、
長い長い、一日。
 
たくさんの喜びと、
感謝であふれた一日が
終わった。
 
  
   
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif