1月5日から再開された、メマリーは、
1週間ごとに、5mgずつ増量され、
1月26日から、20mgになった。
 
快方に向かった、目立った変化は、
今のところ、ない。
 
逆に、情緒不安定が、増してきたか。
 
 
 
前々回、喜怒哀楽が、強くなったと書いたが、
機嫌の悪い時が、多くなっている。
 
僕は、晩御飯の時に行くだけだ。
いつも、1時間いる。
その時は、嬉しそうにニコニコして、機嫌が良い。
 
歯を磨き、ベッドに横にさせてから、帰ってくる。
 
短時間だと、機嫌の良い状態は持続しているが、
昼間は、大きな声を出して、
怒鳴っていることが、あるそうだ。
 
時々、看護師さんに、手を出すこともあるらしい。
 
いつも看護師さんから、
 
ご主人のいる時と、いない時は、
全然違うんですよ~
 
花子さんは、ご主人と一緒の時は、
嬉しそうね~
 
と、よく言われる。
裏返せば、いない時は、どうなのか。
  
 
 
先日、本人と介護者との夫婦の会、
若年期認知症同志の、「木曜会」に、
参加した。
 
その日は、午前中、近況報告、
午後は、ちぎり絵を、楽しんだ。
 
花子さん、午前中は、ご機嫌。
午後は、いつものように、
一人で、歌を唄いはじめた。
 
皆は、受け流す。
 
でも、ご本人の一人、T婦人が、
 
うるさい!
 
と、叫んだ。
花子さんは、
 
なに!!!
○×▲□●▽・・・!!!
 
意味不明の、怒鳴り声をあげ、
荒れてしまった。
 
 
僕を含めた、介護家族は、
いつもは、言葉を発しないT婦人が、
はっきりと意思表示をしたのを、
驚き、皆で、喜んだ。
 
花子さんも、感情を出せるのは、
嬉しいことだ。
 
周りの人の、まなざしは暖かい。
   
だが、花子さんは、
怒りがエスカレートしてくる。
テーブルや、サポーターの人を、
蹴飛ばし始める。
 
 
 
看護師さんの言ってることは、
このことなんだろう。
 
在宅の時の、経験があるので、
花子さんの荒れ方は、想像の範囲以内。
 
でも、病院では、周辺症状の一つと考える。
 
 
 
週に一度の、Dr.の診察の日に合わせ、
面会をお願いした。
 
最近の花子さんは、急に怒ったり、
大声を出すようなことがあります。
 
この前は、スタッフに、殴りかかることがありました。
周辺症状の一つで、怒りやすくなっています。
 
今日から、安定剤を使うことにします。
 
どのような薬ですか。
 
抗精神薬の、ジプレキソと言う薬です。
感情を安定させる作用があって、
気分障害に使われる薬です。
 
メマリーが増えたことによって、
興奮作用が、強くなったということはありませんか。
 
メマリーの刺激ではないでしょう。
飲む前からも、怒ってしまうことはありました。
 
メマリーは、中度から重度の認知症の進行を抑え、
中核症状の治療としては、効果が出てきています。
メマリーは継続して、安定剤を使います。
 
わかりました。
様子を見てみます。
  
 
 
また、Dr.から、
花子さんは、かなり重度の進行をしていて、
今のステージだと、表情が硬くなり、
感情がなくなるが、
残されていると、言われた。
 
これは、僕がいつも思っていることだ。
豊かな感情、感動、笑顔。
花子さんの明るさに、救われている。
  
 
 
これは、いつまでも保たれますように。
 
 
 
2月6日現在の薬は次の通り
薬品名種類
メマリー20mg1認知症薬
セロクエル25mg111抗精神病薬
ワイパックス0.5111抗不安剤
ジプレキサ5mg1抗精神病薬
テノーミン2511血圧
セパミット1011血圧
レバミピド100mg11胃腸薬
マグミット330mg11胃酸中和
アモバン7.51睡眠導入
 
他に、晩御飯の時に、Newフェルガード1包
 
 
 
では、晩御飯。
 
花子さんは、手作り豆腐定食。
豆腐好きの僕には、大ご馳走。
 
手造り豆腐定食 
 
もう一つ
鮭のポテト焼定食。 
 
鮭のポテト焼き定食
 
 
僕は、牡蠣フライと、鶏のささみフライ。
煮物は、前の日に作った残り物。
 
 牡蠣フライ  

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif