25日、26日と、
二日続けて、家族会の人と、
お酒を、飲むことができた。
 
 
 
25日は、東京の若年認知症家族会「彩星の会」の、
例会が、上智大学四谷キャンパスで行われた。
 
13時から、認知症ご本人と、
介護家族が、別々の部屋で、交流会を行う。
 
ご本人達には、
ボランティア、専門職のサポーターが付き、
散歩、歌、絵などを楽しむ。
 
家族は、
国際医療福祉大学大学院准教授の、
小野寺先生を迎え、
「家族介護者の心理について」の、
ミニ講演会。
続いて、家族交流会。
 
 
 
例会に出席された方は、
何人、いたのかな?
 
家族、世話人で、80人位。
ご本人が、20人位かな。
  ( 世話人の方、訂正をお願いします )
 
小野寺先生の講演は、
僕たち家族にとって、身につまされていることが多く、
大変、勉強になった。
 
家族交流会も、
8~10人で、1テーブルを囲み、
それぞれの経過と、悩みを話す。
 
これから訪れるかもしれない、不安。
すでに通ってきた方、
アドバイス、励ましもあって、
すごく、充実した時間だった。
 
 
 
彩星の会は、例会が終わると、
「2次会」と言う名称で、
飲み会がある。
 
ご本人と、家族、サポーターが、
一緒に飲んで、騒いで、楽しい時を過ごす。
 
40人位の、宴会だったか?
 ( これも、世話人の方の訂正をお願い )
 
僕たちのテーブルは、男性介護者が、
6人集まった。
 
僕は、残念ながら、
花子さんを、病院において、
一人の出席だが、
他の方は、ご夫婦で、参加。
 
と、言うことは、ご本人の女性が、
5人いたってことだ。
 
素晴らしい。
 
お酒も、飲んでたな~
 
男性介護者同士の話は、
すごく盛り上がる。
 
すべての経験が、共有できることばかり。
他では、話せない、
なかなか、理解してもらえない話題も、
笑いながら話し、
すぐに納得してもらえる。
 
 
 
僕の前に、ご本人の奥様二人が、
並んで座っていた。
 
言葉は出辛いが、穏やかな笑顔だ。
 
ご本人同士が、話をすることは、
めったにないが、
何の拍子だろう。
 
二人で話しをしていた。
 
お互いに、手を握り、
目を見つめあっている。
 
がんばるのよ。
 
ありがとう、
わかってくれるのね。
 
始めに話された方は、
ずっと笑顔。
 
応えた方は、次第に、涙を流していた。
 
なんという、感性なんだろう。
 
その時は、充分、心が通じている。
翌日になれば、もう、
覚えてないかもしれない。
 
でも、心の中には、
必ず、温かい気持ちが残っている。
 
その光景を見ていて、
僕も、涙が出てしまった。
 
認知症になっても、心は、ゆたか。
 
 
 
26日は、
「認知症の人と家族の会神奈川県支部」の、
世話人の集まり。
 
僕は、世話人ではないが、
計画しているイベントがあり、
なぜか、その委員に入っている。
 
13時から15時までの予定だったが、
話しが佳境に入り、17時に、解散になった。
 
委員のお二人と、飲みに行った。
 
二人とも、男性介護者で、
奥様は、特別養護老人ホーム=特養に、
入所している。
 
僕が、いつも介護を教えてもらっている、
大先輩だ。
 
お二人とも、毎日特養に行き、
食事、歯磨き介護等をしている。
 
この人たちに教わり、
僕も、花子さんの病院へ通っている。
 
 
 
お一人の奥様は、もう寝たきりになり、
言葉も出ない。
 
毎日行って、反応がないと、寂しくないですか?
 
でもな、何度かに一度、
俺が、名前を呼んで、話しかけると、
ニコッとするんだよ。
 
それだけで、幸せなんだ。
 
その言葉の奥には、
これまで歩んできた、
二人の人生、
絆、
深いものがある。
 
僕なんか、まだまだ、
教えてもらうことばかりだ。
 
 
では、晩御飯。
  
花子さんは、 鮭のあんかけ定食。
 
 鮭のあんかけ定食
 
僕は、鶏手羽鍋と、
もらい物の、フグの粕漬け
お酒は、山口県の獺祭
旨い酒です。
 
鶏手羽鍋とふぐの粕漬け

 
 
     
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif   
郵便局の窓口で、
質問をしながら、説明を受けた。
 
要点は、次の通りだ。
 
  1. まず、毎月の保険料の払込免除と言う、
    特約があるかだ。
     
    月々の保険料が、免除になり、

    保証は、そのままと言う契約条項がある。
     
    また、重度障害と認定されれば、
    障害が固定された日から、
    保険料は、免除になる。
     
    たとえば、Dr.が、診断書で、
    1年前から今の症状が 、
    固定されたと記入すれば、
    1年間の、毎月払った保険料が戻ってくる。
     

    これは、思ってもみなかったことだ。
    Dr.が、どのように判断するかだ。
     
  2. 保険料の払込免除のほか、重度障害が認められると、
    死亡保険金が、支払われる。
     
    僕の知っている人でも、保険金を受け取った人がいる。
    また、前回のブログのコメントでも、保険金受領を
    出来た人がいた。
     
  3. 月々の支払保険料免除か、
    まとめて、保険金を請求するか。
    どちらで、申請するかだ。
     
    花子さんが加入している保険は、
    満期になると、健康祝い金として、
    500万円出る。
     
    他界しても、保険金は、500万円だ。
    保証は、どちらも同じ。
     
    保険金を受け取ると、
    保険契約は、終了になる。
     
    入院特約がついているので、
    重度障害で、他界したという判断をして、
    保険金を、受け取るより、
    払い込み免除の方が、
    万が一のこれからの、入院、怪我にも、
    保証が付く。
     
    保険は、継続をした方が良いのではないか。
    と言うことで、
    保険料払込免除で、申請することにした。
     
  4. 病院にお願いする診断書は、
    A4の用紙、4枚分の書類だ。
     
    この診断書は、あらゆる障害に対して、
    書けるようになっている。
     
    間接、手足の離切断、
    視覚障害、
    言語障害、
    聴覚障害、
    身体障害、
    傷病の手術、 等、
    すべての障害を網羅している。
     
    この中で、認知症からおこる障害としては、
    日常生活の状況だ。
     
    歩行、排尿、排便、食事、衣服の着脱、
    立ち上がり、着席、意思確認、のそれぞれに、
    見守り、監視、介助、介護が必要かだ。
     
    また、現在の身体障害の状態として、
    自覚症状、他覚的所見及び検査結果、
    等だ。
     
  5. 他に必要なのは、
    僕が申請をするので、続柄証明書
    これは、戸籍謄本、身分証明書が必要。
     
    他に、
    健康保険証
    預貯金通帳
    保険証券。
     
 
いつものことながら、こんな書類を渡されると、
メラメラ闘志がわいてくる。
 
 
もう少し、引っ張らせてください。
 
 
 
では、晩御飯。
 
花子さんは、つくね団子定食。
 
つくね団子定食
 
つくね好きの僕には、
すごいご馳走。
 
ここに、卵の黄身でも落とされていたら、
申し分ない。
  
病院の料理は、生卵は、出ないな。
 
 
と言うことで、
僕も、鶏つくね鍋

手作りつくねは、ふわふわで、美味い。
デカいホッケの開きが売っていたので、
半身だけ焼いてみた。
 
お酒は、食中酒としてよく合う、
京都の、まつもと
 
ホッケとつくね鍋 
 
       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 
我が家は、色々な公的支援を受け、
介護、医療費、生活費に助かっている。
 
今回、生命保険料の払込免除に挑戦して見た。
 
家族会でもらった冊子に、
生命保険の契約している人が、
重度障害になると、
保険金が支払われると書かれていた。
これは、他界した場合支払われる保険金のことだ。 
 
調べてみると、重度障害になった場合、
保険金を受け取るのではなく、
生命保険は加入したままで、
毎月の保険料の、
払い込み免除があると言うのも知った。
(保険料を払わなくても、万が一の場合、
 保険金を受け取る権利は、残される)
 
  
  
花子さんは、40歳の時に、
「生存保険金付き養老保険」に、入った。
 
毎月の保険料は、26,250円で、期間20年。
保険金は、5,000,000円  。
また、入院すると、1日に付き、7,500円の
保険金をもらえる(最大120日)。
 
20年の満期を無事迎えると、
健康祝い金として、5,000,000円出る。 
保険金と同額だ。
 
この保険は、他界した場合の保障は少ないが、
入院保険金もあり、
貯蓄としては、有利だ。 
 
 
 
花子さんが、一人で決めて、加入した。
19年前、当日勧誘に来た郵便局の人に勧められ、
内容も、十分理解せず、
その場で、判を押して、申し込みをした。
僕に、何の相談もなくだ。
 
あとで知り、その時は、怒ったものだ。
でも、今は、感謝。
入院保険金が支給され、助かっている。
勝手だな~
 
 
 
下調べをして、近所の郵便局へ行った。
状況を説明して、申請書類をお願いした。
 
でも、町の郵便局窓口の人は、
そこまでの知識がない。
郵便、銀行、保険をすべて扱っているので、
仕方がない。
 
奥に行って、盛んに電話をして問い合わせている。
ずいぶん、待たされてから、
医師に出す診断書を持ってきて、
 
これを書いてもらえば、良いと思います。
 
「思います」じゃ困る。
 
そこの郵便局を出て、本局へ、行った。
 
さすがに、本局は、
郵便、保険、銀行の窓口が分かれていて、
専門の人がついている。
 
 
 
ごめんなさい。
今日は、ここまで。
 
これまでの公的支援のように、
出来るだけわかりやすく、
詳しく書きます。  
 
 
注!!

ここに書いてあることは、我が家の生命保険の、
契約形態、保障内容に基づいての、
申請、承認です。
 
すべての方に、当てはまるわけではありません。
 
必ず、加入されている保険会社に問い合わせて下さい。
 
当てはまらない場合もあります。
でも、認知症になった、ご本人が契約者なら、
努力する価値はありますよ。
  
  
 
僕がよく行く、「認知症フレンドシップクラブ 柏」の
ブログで、4回に分けて、
「若年認知症患者や家族が利用できる手当て、
年金・医療制度」

の解説があります。
 
若年認知症の本人、家族のために、
公的支援を、まとめてあります。
大変参考になります。
ここをクリック。 
 
 
それでは、晩御飯。
 
花子さんは、 おでん定食
 
おでん定食 
 
僕は 、豚肉を焼いて、きのこソース。
赤ワインにした。
 
豚肉キノコソース 
 
仕上げに、もり蕎麦。
酔っ払った後、少量を茹でるんで、
台所で、立ったまま食べれば、簡単に済むが、
つい、形から入る方なんで、
セイロに盛っている。
 
仕上げ蕎麦

  
     
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif