最近の花子さんは、
僕のことが、わからなくなってきている。

病棟に入ると、
看護師さんが、花子さんのところへ行き、

花子さん、ご主人が来たわよ。

と言って、連れてきてくれる。

花子さん、ずっと下を向いたままだ。

以前だと、僕を見つけて、
びっくりした、大声を出し、
ニコニコして、抱きついてきたのだが。


花子さんは、下を向いたままなので、
僕は、膝を折って、
花子さんの視線に目を、
合わせる。

ほら、お父さんだよ。
わかる?


表情が変わらない。

話しかているうちに、ニコッとする。

お父さんだよ。
わかった?

首を振る。

出てくる言葉は、
文字の積み重ねで、
意味不明。

でも、一生懸命、話し続ける。

そうか。
そうなんだ。


相槌を打つと、安心したように、
笑顔になる。


いつも行くのは、夕食の時間だ。
看護師さんが、面会室を用意してくれる。

二人になると、
毎回、おしぼりで顔を拭き、
手を拭く。

髪に、スプレー(寝癖直しと、潤い)をして、
髪をとかす。
リップクリームを塗って、
顔に、乳液。

そのころになると、笑顔が出て、
気持ちが和らぐ。

お父さんだよ。
わかる?


何度も、繰り返す。

花子さんは、僕が誰だか、
何を言ってるか、わからない。
おどけた表情で、ごまかす。

最近得意な、
口をとがらせ、目は上を向く、
ひょっとこ表情。

機嫌が良ければ、まあいいや。



試しに、

花子の、一番好きな人は誰?

と言ってみた。



なんと、

僕を、指差した。



花子さんは、
これまでの、夫婦、親子、友人関係を、
忘れているのだろう。

でも、今、一番安心して、
笑顔を出せる相手を、
誰だか知っている。



看護師さんに、

最近、僕のことを、
忘れてしまったみたいです。

と言った。

そんなことないですよ。
私たちに見せる表情と、
ご主人に見せる笑顔は、
全然違います。



ここまで書いて、
急に思い出した。

家族会のつどいで、
旦那さんを介護している女性が、

今年になって、3回プロポーズをされました。


と、言っていた。



晩御飯です。

花子さんは、 肉団子の、あんかけ定食。

肉団子あんかけ定食 

僕は、ハンバーグ。
ピーマンの肉詰めの翌日は、
必ず、ハンバーグ。
まとめて作った、こねた肉を、
冷凍している。
お酒は同じ、信濃の錦。

ハンバーグ

 


ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 
保険会社から、郵便が送られてきた。
 
【保険料払込免除について】
 被保険者さまの重度障がい通知を
 頂いたことにより、平成24年2月分
 以降の保険料の払い込みが免除になります。
 
【重度障がいによる保険金の請求について】
 重度障がいによる保険金を請求される
 場合には、 改めて、ご契約者さまの
 成年後見人さまから重度障がい通知を
 出していただく必要があります。
 
要は、重度障害が認められて、
月々の保険料は、
払わなくて、済むということ。
 
また、障害が認められたので、
保険金を、請求することも
できるということだ。
 
前にも書いたが、我が家の場合、
保険金と、満期お祝い金が同額なので、
今の段階で、保険金を請求せずに、
保険料の免除だけにして、
保証を受ける権利を、残すことにした。
 
 
 
これって、凄いことだ。
 
 
 
若年性認知症の場合、
働き盛りの夫婦の、片方が病気になり、
進行によって、働くことが難しくなる。
 
また、介護のために、
介護者も時間が拘束され、
生活を支えることが、出来なくなる。
 
収入が減少することから、
生活費、子供の養育費、住宅ローン、と、
厳しい状況がある。
 

 
でも、社会的資源が、
ちゃんとある。
 
 
 
だけど、ほとんどの人が知らずに、
苦しい状況に、置かれる。
 
 
 
今、60世未満の人でも、
重度の障害から、
年金を受け取ることができる。
 
また、特別障害者手当も、
受け取れる。
 
本人の名義で、生命保険に入っていれば、
保険金を、満額受け取ることもできる。
 
自立支援医療の申請をすれば、
医療費の助成も、受けられる。
 
 
 
若年性認知症では、
対象にならないと思い、
請求しない人が、たくさんいる。
 
重度認知症になった場合、
助けてくれる、社会資源は、たくさんある。
 
 
 
ただ、どれも、
認知症の人のために、
作られたものではないんです。
 
重度障害と、認められるには、
医師の診断書が、必要になる。
 
その項目は、
障害を持った人のすべてを
カバーできるように、
多岐にわたっている。
 
「障害診断書」には、
精神、神経、胸腹部臓器の障害、
また、手足の離切断、間接運動、
脊柱変形、視覚、聴覚、言語、味覚、等々、
すべてが、網羅されている。
 
その中の、「日常生活の状況」の項目を見ると、
重度認知症の人には、出来ないことばかりだ。
 
若年性アルツハイマーの、花子さんも、
まだ、感情は残り、笑顔は出るが、
生活面は、全介護になっている。
 
それは、重度障害の項目に当てはまる。
 
 
 
認知症と言うのは、
それだけ、大変な病気なのです。
 
本人にとっても、また、介護家族にとっても。
 
 
 
本人は、心地よく、
介護者は、少しでも負担が軽減されるような、
支援、理解が、必要です。
 
 
 
 
なんか、かたっくるしい日記になってしまった。
晩御飯です。
 
花子さんは、豆腐の味噌だれ定食。
 
豆腐定食  
 
僕は、ピーマンと椎茸の肉詰め
お酒は、信濃錦の、無垢の酒
絞りたての酒だ。
 
椎茸とピーマンの肉詰め  
 
 
  
     
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif   
病院に診断書をお願いするのに、
手紙を、1枚つけた。
 
今回の診断書で重要なのは、
「日常生活動作の状況」だ。
 
1. 歩行 
2. 排尿・排便
3. 食事
4. 衣服の着脱
5. 立ち上がる、座る
 
で、それぞれの状況として、
 
  ア、 一人で出来る。
  イ、 杖、器具、工夫すれば、一人で出来る。
  ウ、 器具、工夫をしても、介助がなければ
      困難。
  エ、 出来ない、もしくは、介護者がすべて
      行っている。
 
の、4項目に、丸をつけるようになっている。
 
入院していても、Dr.がすべてを
把握しているわけではない。
在宅の場合は、なおさら、普段の生活は、分からない。
 
 
 
障害年金、特別障害者手当て、自立支援医療等々、
Dr.に、診断書を書いていただく場合は、
そのまま、診断書を渡すのではなく、
現状の説明書は、必要だ。
 
僕は、これまで、各診断書を依頼する場合は、
細かく、説明書を添付し、
診断書の参考にしてもらっている。
 
今回は入院しているので、病院内の生活と、
外出した場合では、状況が大きく違うので、
外でのことを、少しだけ説明しておいた。
 
渡した手紙は、次の通りだ。
 

「毎々お世話様になり、誠にありがとうございます。
 現在、妻は、郵便局かんぽ生命の
 「養老保険」に加入しています。

 先日、郵便局から説明を受けたところ、
  認知症は、重度障害により、
  毎月の保険料の、払い込み免除が
 受けられるとのお話しがありました。

 お手数をお掛けしまして申し訳ありませんが、
 診断書の作成をお願い致します。

 生活動作の項目では、外出での歩行は、
  介護者が、必ず手を引かないと
 歩けない状態です。
 昨年も、ヘルパーさんが手を離したら、
 道路のくぼみが認識できずに、
 顔面から転んでしまいました。
 公園での坂道、階段をのぼることが
 出来ません。
 排尿便、食事、衣服は、ずいぶん前から、
 介護者がすべて行っています。
 
郵便局からの説明では、現在の状況と、
 
回復の見込みがなくなった、
 固定年月日が重要とのことでした。
 
固定年月日にさかのぼり、
 払い込み済み金が返還されます。
 作成を、
宜しくお願い申し上げます。」

 
  
  
2週間後に、診断書が出来上がった。 
ソーシャルワーカーさんが、説明してくれた。
 
日常生活の状況で、はじめ先生は、
「一人で歩ける」に丸をつけられました。
 
でも、ご主人の書かれた手紙を見て、
「杖、装具等を使用しても、他人の介助によらなければ
歩けない」に、丸を付け直して、訂正印を押されました。
 
病院内では、ずっと徘徊を続けてますから、
歩けると思われたんでしょう。
障害物がなく、平坦ですからね。
  
でも、今は、階段、段差は、手をつなぐか、
肩を貸さないと歩けなくなっています。
 
食事のところも、「他人の助けによらなければ困難」から、
「介護者がすべて行っている」に丸を付け直して、
訂正をしました。
 
そして、「認知機能の低下により、物等の認識が低下している」と、
コメントを書かれました。
 
今は、食べ物、食器が分からないので、
すべてスプーンに乗せて、唇につけて、
口を開かせてますから、
介護がないと、飲んだり、食べたりは出来ませんね。
 
 
ご主人が来られない、朝、昼も、同じようにしています。
 
 
 
やはり、手紙をつけて正解だった。
現状を、正しく書いてもらうことが出来た。

  


すべての書類を揃えて、かんぽ保険の
窓口に行った。
 
書類を一通り見て、
 
保険金の請求、払込免除などは、
本人か、成年後見人でないと
出来ないことになっています。

 
前回の説明では、
そんな話は、ありませんでした。
 
間柄がわかるように、戸籍謄本を添付するように
言われたので、取ってきています。
 
現在奥様は、意思表示はできますか。
 
判断力は落ちていますので、
自分の意思を言うことは、出来ません。
文字も書けなくなっています。
 
ご主人が、「事務管理人」になって
手続きをすることができます。
書類を書いて頂くようになりますが、
よろしいですか。
 
構いません。
 
渡された書類は、
本人が、意思表示ができないこと、
また、その理由。
本人に代わって、事務管理人になること。
などを、書くようになっている。
 
でも、なんてことはない。
ちゃんと、書き方の見本がある。
 
それに沿って、書けばよいこと。
 
しゃくだから、書き方見本以上に、
現状を、詳しく書いてやった。
 
 
 
これで、手続き終了。
どのような判断がされるか。
 
 
 
では、晩御飯。
 
花子さんは、赤魚の蕎麦あんかけ定食。
工夫された料理だ。
でも、蕎麦がのびてしまって、いまいち。
 アイデアは、買う。
 
赤魚の蕎麦あんかけ定食
 
僕は、ポテトベーコンオムレツ。
何度かここに登場しているが、
いつもは、大人数分作る。
今回は、小さいフライパンで、1人前。
あと、鮭を焼いた。
洋風なので、赤ワイン。
 
鮭とポテトベーコンオムレツ       
 

ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif