ごめんなさい
昨日、書きかけの日記をアップしてしまった。
修正を加えました。

今日、家族会に行ったら、
花子さんの風邪を知っている人がいて、
なんでだろう??
と思ったら、
保留にすべきところを、
公開にしていた。

今見直して、あせる。
書きかけを、追加しました。

と言うわけで、
もう一度。




花子さん、風邪をひいてしまった。

23日の水曜日は、
何事もなく、ご機嫌よく、晩御飯を食べて、
2人の、短い時間を過ごした。


木曜日、病院に行くと、
看護師さんが来てくれて、

花子さん、少し熱があるんです。
朝は高かったんですが、
昼に平熱に戻りました。

でも、夕方、計ったら、
37度5分でした。
元気はあるんで、大丈夫と思いますが、
明日の様子で、薬を出すようにします。

花子さん、声がガラガラになっていたが、
元気はあり、
晩御飯は、完食した。


金曜日、
朝、看護師長さんから、
携帯に電話が入る。

今日、熱が38度まで高くなってしまいました。
内科の診察を受けて、薬を出してもらいました。

日曜日に、外出届が出ていますが、
控えてもらえますか。

わかりました。
今日の夜は、用事が入っていて、
病院へ行けません。
宜しく願いいたします。

その日は、高校時代の友人と、
飲む約束が入っていた。
看護師長さんの話しぶりでは、
それほど重症ではなさそうなので、
病院へ、お任せした。


友人とは、5時半に会って、
寿司屋と、バーのはしご。

思いっきり、楽しんできた。



今日、土曜日。
朝から花子さんのことが心配で、
11時に、病院へ行った。

僕が、お昼ご飯を食べさせてあげたい。

病院へ行くと、
花子さん、デイルームにベッドごと移され、
寝ていた。

昼ごはんが始まるので、
皆さん、デイルームにいる。

僕を見たが、
もうろうとしている。
いつも迎える、元気さがない。

花子、大丈夫?

はっきりしないままだった。

ご主人が来られたんで、
部屋に戻って、ご飯を食べましょうか。

と言って、ベッドに乗ったまま、
部屋に移してもらった。


部屋で話しかけると、
ようやく、僕がわかってきた。

少しずつ笑顔が出る。

食事の前に、
用意してもらった、お茶を、
水差しに入れて、飲ませる。
熱が出ていて、のどが渇いていたんだろう。
ゴクゴク飲んだ。

何回か飲ませているうちに、
急に、咳き込む。
お茶が、気管に入ってしまった。

そばにいた看護師さんが、
花子さんの、枕の位置を変え、
様子を見てくれた。

風邪で、呑み込みが悪くなっていますので、
急に飲ませると、 誤飲  誤嚥(ごえん)になってしまいます。

一口ずつ口に入れ、
ゴクンと言う飲み込みの音と、
喉骨の、上下の動きを見てから、
次を口に入れて下さい。

すごく、勉強になった。
 誤飲  誤嚥は知っていたが、
これまで症状がなく、
知識だけだった。

目の前で、
 誤飲   誤嚥を起こした時の辛さと、
 誤飲   誤嚥を起こさせないための、介護を学んだ。

昼食は、バターロールのパン2個と、
コーンスープ、ミネストローネ。
ブロッコリーサラダ。
(写真を撮り忘れ)

半分くらい食べたかな。
食べてる最中に、眠たくなってきたので、
途中で終わらす。



夕方、心配なので、
晩御飯を食べさせに、
もう一度、病院へ。

花子さん、元気になっている。
熱は、37度。



同じ失敗は、繰り返さない!

いつもだったら、
10分で終わる晩御飯を、
飲み込みを確かめながら、
30分かけて、食べさせた。


完食。


風邪薬も飲ませ、
いつものように、
歯磨き、トイレもできた。

風邪薬で、
黄色くなったオシッコも確かめることができ、
オムツも濡らせず、完璧。

ほっとして、病院を出た。


注) 誤嚥と書かなければいけないところ、
   間違えて、誤飲と書いてしまいました。
   内緒のコメントさん、御指摘ありがとうございます。


       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif