最近、所によって、
スリブリの正体を、ばらしている。

初めての方から、ご挨拶をいただくことがある。

ブログ、いつも見ています。


そして、そのあとに続くのは、



介護のことじゃない・・・

色々なお酒を飲まれてますね。

どうも、晩御飯の写真が、印象強いらしい (^_^;)



毎回、違った一升瓶の写真を載せているので、
さぞかし、呑み助だと思っている方も、
おられるだろう。

でも、アルコール弱いんです。

毎晩、晩飯を作るときに、
500mlの、 ビール   発泡酒を飲む。
これが、仕事とプライベートの切り替えの合図。

のんびり晩御飯を作り、ちょっとつまんで、
飲んでいる。
心地よい時間だ。

料理が出来上がったら、テレビを見ながら、
くつろぎの時間。
ドタバタ番組は好きじゃないんで、
ほとんど、録画したビデオ。

ここで、日本酒が出てくる。
作った料理を並べ、写真撮影。
これがあるから、食生活に手抜きをしないで、
済んでいる。


まずは、日本酒を一口。
美味い。
至福の時間です。

だけど、一合が限度なんだな~
調子がいいと、あと、お猪口一杯。

そんなもんしか飲めない。
酒、弱い。
でも、好き。

一升瓶が、一週間もつ。
更新が遅れているので、毎回、違った酒だ。
 
 
 
そんな楽しみも、できなくなりそうな・・・

 
 
親父の、認知症の進行が早い。
 
昼間、僕が一緒にいる間は、面倒を見れるが、
花子さんの病院へ行く、17時30分以降、
お袋と二人になる。

お袋は体力がなくなり、
もう、二人だけの生活は難しくなっている。
 
親父とお袋の晩御飯は、
宅配弁当にしている。
 
親父は、晩御飯の時に、酒を飲む。
酒は、内緒で水を半分入れて薄めているが、
それでも、酒に負けてしまう。
 
そして、毎晩、荒れる。
 
飲ませなければ良いのだが、
それが、親父にとって最大の楽しみなので、
お袋は、ついつい、飲ませてしまう。

食事の最中に寝たり、
トイレの失敗も、たびたびだ。

21~22時ごろ、いつもお袋から呼び出しが入る。
  呼ぶように、言ってある。

お父さんが廊下で寝てしまって、
どうしようもない。

下に降りると、大の字になっている。

僕が、服を脱がせ、
濡れた下着の取り換え。

今は、夜だけ、オムツにしている。

布団まで抱えていき、寝かせる。

お袋には、とても介護ができない。



これからは、晩御飯から、
風呂に入れて、寝かしつけるまで、
一緒に過ごそうかと、考えている。

僕が、花子さんの病院から帰るのは、
6時40分だ。
30分だけ、ランの散歩。

晩御飯を作る時間がないので、
僕の分も一緒に、宅配弁当を頼む。

酒のコントロールをしながら、
介助の食事。

今は、着替えができない。
  ワイシャツの上に下着。
  ズボンの上に、パジャマは当たり前。

  一日家にいる時は、適当に着させているが、
  デイサービス、病院へ行く時は、
  僕が着せている。

風呂は一人で入るが、
出てきてから、
オムツ、下着、パジャマを着ることができない。

全部済ませ、寝かせてから、
2階へ上がろうかと思ってる。


来週から、弁当を増やし、
この生活にするつもり。



撮りためた写真はいっぱいあるので、
しばらくは、晩御飯の写真は、続きます。

花子さんは、揚げ出し豆腐定食。
一杯やりたくなる。

揚げ出し豆腐定食 

僕は、鯖の塩焼きと、ピーマンと鶏の塩炒め。
お酒は、栃木の澤姫。

鯖塩焼き 

       

ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 



まずは、お知らせ。

6月23日(土) 11時~15時
神奈川県横須賀市で、
「若年期認知症 よこすかのつどい」があります。
 (主催 認知症の人と家族の会 神奈川県支部)
場所は、神奈川県立保健福祉大学
 
認知症のご本人と、家族が集まります。
近隣の方、是非ご参加を。

案内はこちら → 横須賀のつどい  
 


 
  
今、我が家は、愛犬ランと僕の二人住まいだ。
 
ランは、10歳と9ヵ月。
調べたら、人間だと59歳。
なんと、僕、花子さんと同じ年だ。
 
10年前は、花子さんはうつ病と診断されていた。
癒しがほしいと、犬を飼いたがった。
旦那は、癒しにならないらしい。

3ヶ月で我が家に来たランは、
多分、コーギー(犬種)の中では、
一番かわいいだろう。(親バカ)
 
花子さんが欲しがった犬だが、
ほとんどの世話は、僕がやっている。
ちゃんと、ボスというのをわかって、
僕の言う事なら、何でも聞く。
不思議なくらい、日本語を理解している。
 
 
 
花子さんが入院をして、
長男のタロウも出て行った今、
ランがいてくれて、本当にありがたい。
 
僕のほかに、生きているのがいて、息をしている。
一人ぼっちではないので、
ランのいることが、最大の癒しになっている。
 
 
 
花子さんの病院へ行った後、
雨が降っていなければ、
毎日、45分間の散歩に出かける。
 
僕の、健康の秘訣でもある。
 
散歩から帰ったら、いつも、ブラッシング。
気持ち良さそうに、伏せをしたり、寝転がっている。
 
ブラッシングをしていると、
どうも気になることがある。

足の付け根付近の、おなかの部分に、
シコリがある。

ピンポン玉くらいの大きさ。
反対側は、ソラマメ大。
 
硬くはなく、ふにゃふにゃした感じ。
 
散歩の時に、足を引きずるそぶりはない。
元気はある。
 
場所は、ここ
ランの寝ポーズ 

  これ、ランは子供の頃から、
  寝る時はいつも、このポーズ
  腹を出して、なんと無防備な。
 
 
どうも気になり、
病院へ連れて行ったほうがいいな。
 
 
そこで頭に浮かんだのは、
 
あ~、また金がかかる・・・
 
 
花子さんの通院は「自立支援医療」を使っているので、
  医療は1割負担。
  入院は、「高額療養費」の適用になっているので、
  上限が決まっている。
 
僕は、国民健康保険で、3割負担。
  一部、精神医療は1割負担。
 
ランは、10割負担だ。
 
 
 
これまで、ランは、
尿道結石の手術、
ドライアイの治療、
目に穴が開いてしまった治療、
皮膚炎、
色々あった。
 
そのたびに、通院は、万札。
手術は、一桁アップ。
結構、金がかかる。
 
だからと言って、そのままには出来ない。
全財産を投げ打ってでも、(笑)
治してやらないと。
 
 

病院に着くと、Dr.
 
また太りましたか?
 
ついつい、食べさせてしまって。
  
体重計に乗ったら、
13.7kg
コーギーは、12kgぐらいがちょうどいいんで、
多少、メタボ。
 
 
まずは、触診。
 
脂肪のような感じがしますね。
採って、調べてみましょう。
 
注射をさして、シコリ部を吸引。
奥に持っていって、検査。 
 
脂肪なので、大丈夫です。
 
ガラス板に1滴たらし、
板を合わせると、透明の液が、
油状に広がった。
 
細胞だと、白い粒が見えます。
これは、脂肪です。
年をとると、脂肪の塊が出来るのは、
よくあります。
 
触っても痛がりませんし、
シコリもないので、大丈夫です。
 
そうですか。
安心しました。
 
まさか、脂肪の塊とは。
シコリがっあったので、
手術になるだろうと思っていた。

前に手術をした時は、
ランがかわいそうで、
辛さをすごく感じた。
 
同じような苦しみを与えずにすみ、
なんともなくて、本当に良かった。
 
ランには、長生きをしてもらわないと。
 
 
 
さて、晩御飯。
 
花子さんは、豚肉と野菜のカレー煮定食。
カレーライスにして、食べた。
 
カレー煮定食 
 
僕は、マーボー豆腐と、豚肉のしょうが焼き。
マーボー豆腐は、パックのソースを使ったんで、
2~3人前出来てしまう。
でも、完食。
お酒は、秋田の山廃純米酒 「飛良泉(ひらいずみ)」
 
麻婆豆腐
  

       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 



最近の花子さんは、すごく調子が良い。
笑顔が絶えない。
 
調子が良いと、楽しみが倍増する。
 
先週、花子さんの楽しみが、
二度あった。
 
 

一度は、
若年認知症本人とつれあいの家族会「木曜会」 。
僕が参加している、3か所の家族会の一つだ。
 
「木曜会」では、初めての試み。
福祉バスを利用して、
日帰り旅行。
 

千葉県佐原の、江戸風情の町並み散策と、
水郷筑波国定公園の中にある、
水生植物園へ、行った。
 
企画をしてくれた、世話人には、
大変感謝している。
 
下見を含め、綿密に計画を立ててくれて、
負担にならないよう、福祉バスを申し込んでくれた。
 
ガイド付きの、大型バス。
13組の夫婦と、サポーター8名。
合計34名の、バス旅行だ。
 
 

家族会の旅行なので、
時間にゆとりを持たせている。
 
当日は、9時半出発。
ただ、我が家は、木曜会のつどいにあわせ、
両親は、毎週木曜日に、
デイサービスを入れている。
(「木曜会」は、毎月第1、3木曜日につどいがある)
 
いつもだったら、親父とお袋を送り出し、
それから、花子さんの病院へ迎えに行って、
つどいに参加するのだが、

今回は、先に花子さんの病院へ行き、
家に連れて帰ってから、9時に両親を送り出して、
集合場所へ。
9時半に、なんとか間に合った。
 
 
 
朝の送り出しさえ済ませば、
すぐに頭を切り替え、もう、旅行気分。
 
花子さんも、
 
これから観光バスに乗るんだよ。
 
と言ったら、すごく喜んだ。
前日から、何度も言っているが、
そのたびに、新鮮な喜び。

 
家族会のサポーター、介護家族は、
皆さん、すごく優しい。
絶えず、気配りをしてくれる。
 
花子さんは、人の優しさを、
まだまだ感じることが出来るので、
みんなの中に、とけ込んでいた。

バスの中、
散策、
昼食、
観光、

ずっと笑顔だった。

木曜会の人達は、
これまでの花子さんの波を知っている。

怒り、無気力、反抗、騒ぎ・・・
すべてを見てきている。

その方たちが、

今日の花子さんは、今までで、
一番いいんじゃない?

と言ってくれる。

花子さんについてくれたサポーターの方が、
手を繋ぎながら、皆さんのところへ行った。

笑顔を売りに来ました。

上手いことを言う。
花子さんの笑顔が、皆さんに伝染して、
温かく見守ってくれた。

水郷のあやめも満開に近く、
天気も良くて、楽しい旅だった。

花子さんと、僕です。

水郷  
(花子さんと出かける時は、荷物が多いんで、
 たくさん、ぶらさげている) 
 


もう一回は、親友との昼食会。

僕の、高校時代の親友の奥さん達が、
企画してくれた。

花子さんと僕が、二人そろって出られるよう、
日曜の1時に集合。

花子さんが入院してから、四回目だ。
今回は、僕たちを含め、
女性4人、男性3人。

花子さんの調子は、
相変わらず、絶好調。

待ち合わせの場所に来た友人の奥さんに、
ハグをしてたっけ。

言葉は出なくなっている。
でも、喜びは、笑顔と行動で示している。

食事が運ばれる前、
花子さんに、ビールをコップ1杯ついで、
乾杯。
僕は、運転手なので、ガマン!

病院では絶対に食べられない、
お刺身定食を、
喜んで食べていた。

親友との間なんで、
僕がすべて食べさせ、
ちょっと疲れてきたら、
膝枕で寝かせる。
トイレは、車椅子マークに二人で。

何の気遣いもせず、
皆も、普通に受け流す。

楽しいひと時だった。


料理の写真を撮り忘れて、
大失敗。

ランチメニューだったが、
美味しくて、安く、豪華だった。

花子さんは刺身定食で、
僕は、メンチカツ定食。


代わりに、我が家の晩御飯を。

花子さんは、豚の冷しゃぶ定食。
ちゃんと、ゴマだれ付き。

豚シャブ定食 

僕は、さわらの塩焼きと、肉じゃが 。
お酒は、京都のまつもと。

さわら塩焼き

ついでに、前に作った、鯖味噌も。
お酒と一緒の写真じゃないので、
おまけ。
少し写っている肉じゃがは、この時の残り物。

鯖味噌

       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 



我が家は、
94歳の親父と、84歳のお袋が、
1階にいる。

そして、2階には、僕と、ラン。

親父は、眼科と、皮膚科、歯科に通っているだけで、
内科には行ってない。
94歳なのに、薬は、何も飲んでない。

認知症は進行して、要介護4だが、
年齢からくるもので、
進行を遅らせる薬は、無縁だ。

2年前に、認知症外来に行ったが、
長谷川式認知症検査、メンタルテスト、知能検査で、
えらく、プライドを傷つけられたらしく、
怒って、それ以来行ってない。 
  
でも、認知症は進行している。

( このブログには、毎日たくさんの人に、来て頂いています。
  アクセス解析を見ると、半数は、始めてくる方です。
  出だしが、いつも同じ説明なんで、またかと思うかもし
  れませんが、わかりやすいように、くり返しています。
  何度も来て頂いている方、ご勘弁を )



親父は、10年前に、
両目の白内障手術をした。
そのレンズが曇ってきて、
視界が悪くなっている。

大学病院の眼科には、
3か月に一度、
通院している。

レーザーで、掃除をしても、
曇りは、なかなか取れない。

白内障の手術は、割と簡単で、
最近は、日帰り手術もある。

でも、レンズの交換は、
1週間くらいの入院が必要で、
リスクもあるらしい。

高齢の親父には難しいので、
目薬を差しながら、様子を見ている。



3月に行ったときは、視力が落ちてきていると
言われた。

定期検診の、6月。
先週金曜日に、親父を連れて行った。

今回視力検査をしてもらったら、
右目が、光を感じなくなっているという。
視力がなくなっている。

左目は見えているが、
0.1程度らしい。 
ただ、両耳に補聴器を入れているので、
聞き取りにくいのと、
検査員の方の説明が、理解できないので、
もう少し、視力はあると思う。
 
だか、片目は、完全に見えてない。

親父は、片目が見えなくなっていることも、
気が付いて、いなかった。
感覚が鈍ってきているので、
わからなかったようだ。

僕たちに、不自由さを訴えなかったので、
見えていると思っていた。


 
ここ3ヶ月の間に、視力がなくなっているなら、
最近の歩き方も、納得できる。 

歩き方が、非常にぎこちなく、
階段も、踏み外すことが、多い。

片目では距離感がつかめず、
視野も狭くなっているので、
歩くのが不自由なのは、当然だ。

だが、病識のない親父は、
今でも、一人で外に出ようとする。

僕が、強行に、一人での外出は、禁止にした。

外に出られないなら、生きている価値はない!

と、怒鳴り散らすが、仕方がない。

今は、週2回デイサービスに行っているが、
これを、増やすつもり。
外出することの楽しさを、
他の人の手を借りながら、
安全に過ごさせないと。



目が不自由になったと同時に、
認知症も進行している。

感覚が鈍くなると、
認知症の進行も、早まる気がする。

今週の初め、
朝6時ごろ、お袋を起こしたらしい。

お袋が見ると、
スーツを着て、
(ワイシャツと、上着。ズボンは、パジャマのまま)

では、これで失礼します。
あなたは、どなたですか。

と言ったらしい。

お袋は、なだめすかして、
何とか、もう一度寝させた。

最近は、トイレの失敗も、多くなっている。



お袋が、親父を見るのは、
もう、難しい。

昨日、花子さんが入院している病院の、
ソーシャルワーカーさんに、
初診のお願いをした。

この病院は、認知症専門病院だ。

ソーシャルワーカーさんは、
花子さんの病棟担当なので、
外来の、ソーシャルワーカー、Dr.と
相談してもらうことになった。

月曜日に、2年前に診察をしてもらった病院へ行き、
紹介状を、書いてもらう。

ケアマネージャー、デイケアの施設とも、
話しをしないといけない。

なんだか、またまた、忙しくなりそう。



さて、気分直しで、晩御飯。 

花子さんは、鶏肉団子定食。
ケチャップソーズだ。

鶏肉団子定食  

僕は、豪華に、サーロインステーキ
勿論、前日買った、半額。
得意の、玉ねぎとリンゴをすった、和風ソース付き。
赤ワインで合わせたかったんだけど、
買い置きがなかった。
仕方なく、ウイスキー。
僕たちの年代の高級酒、オールド。

サーロインステーキ 


       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 



花子さんの風邪は、ようやく良くなってきた。


昨日から、風邪薬を飲まなくなった。
それと同時に、飲み込みも良く、
笑顔が戻ってきた。

でも、僕のことが、あまりわかってない。
また、こつこつと、
印象深いことをして行こう。

早く、取り戻さないと。
 
 
 
先週の日曜日は、
風邪で、外出がキャンセルになった。

花子さんを、東京の、
若年認知症家族会「彩星の会」に、
デビューさせるつもりだった。


入会したのは、ずいぶん前だが、
僕が例会に、参加し始めたのは、
花子さんが入院した、
1年半くらい前からだ。
 
入院前の花子さんは、
人に会うことの拒否が、非常に強く、
二人で例会に参加するのは、難しかった。
 
でも、このところの落ち着きと、
自分に優しくしてくれる人への、
穏やかな微笑から、
往復車なら、なんとかなりそうと思った。

 
その日は、「ほしまつり」で、
12時から、3時半まで。
 
昼食に、お握りと、サンドイッチも用意されるので、
食事介助も、しやすい。
 
途中、音楽ボランティアグループの
「らら・かのん」による、
ミニコンサートがある。
音楽好きの花子さんには、ぴったりだ。
 
 
 
彩星の会は、代表、副代表、世話人、
すべての方が、介護家族だ。
始めは、皆さん、ご夫婦で参加される。
 
長年の介護から、ご本人が他界された方、
また、施設に入所された方も。

介護していた人は、
そのまま、彩星の会の例会に参加し、
ご自分が、家族会でお世話になった恩返しのように、
世話人になっていく。
 
世話人の中には、現役の介護中で、
ご夫婦で参加される方もいる。
 
そんな介護者たちが、
医師、大学教授、専門職、学生ボランティア等の、
多くのサポーターに支えられながら、
家族会を、運営している。
 
 
 
僕の勝手な思いなんだけど、
どうも、もう一歩踏み込めないように感じていた。
たくさんの会員の方に、温かく迎えてもらって、
家族会旅行にも参加しているのに、
何故なのか。
 
それは、夫婦で参加していない。
誰も、花子さんを知らないからだ。


介護する人と、される人。
夫婦、2人に会うことによって、
親しみもわき、
お二人の人生、

認知症と診断された、
それからの辛さ、悲しさ、
でも、優しさ、思いやり・・・
すべてを感じさせてくれる。


このブログから、花子さんを知っている人も多い。
だから、お披露目しようと思ったんだけどね。


他の人に、風邪をうつしても大変。
皆、体調がデリケートなんで、
未然に防ぐのも、家族の役目。

次の機会を楽しみにする。



念のため。
これは、あくまで僕の思いです。
家族会には、介護者がお一人で来る方は、
たくさんいます。

本人のいないところで、話しを聞いてほしい
と言う方が、ほとんどです。
僕も、家族会デビューは、そうでした。

各地に家族会はあります。
門戸は広く開いていますので、
参加してみましょう。


さて、久しぶりの晩御飯
花子さんは、けんちん汁定食。
根菜たっぷり。

けんちん汁定食 

僕は、ホワイトシチュー
何日か前に、花子さんの晩御飯に出て、
食べたくなった。
たくさん出来てしまったので、
残りは、パックに分けて、冷凍。
お酒は、東京 澤乃井

クリームシチュー  
 
       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif