前回の日記で、
 
キーパーソンとして、
決断しなくてはいけない相手とは、

親父のことだ。

決めたことで、多少進展はしているが、
これが、最終決定とは言えない。

まだまだ、状況に応じて、
判断していかなければ。

このことは、これまでの変化を、
順に追って、書いていく必要がある。

それは、僕の記録として、
また、介護に直面している人たちと、
分かち合える事として、、、  だ。




だけど、花子さんに、状況変化が起きている。

親父のことは、後日書くので、
先に、ここ4日間の話を。 



4日前、いつものように、
晩御飯介助で、病院へ行った。

インターホンを押して、
病棟のドアを開けてもらう。

開けて頂いた、ケアワーカーの方から、

花子さん、車椅子に乗っているんです。
体が斜めになってしまい、
歩くことが出来なくなってしまいました。

すぐ、看護師さんのところへ行き、
説明を受ける。

今日、朝起きたら、体が保てなくて、
ベッドから落ちてしまいました。

すぐに立ち上がって、歩きはじめましたが、
首が下に向いたままになっていて、
前を見ることが、できませんでした。

足元も確認が出来ず、つまづいたり、
正面のドアに、ぶつかってしまいます。

そのままだと危険なので、
車椅子に乗っています。

デイルームに行くと、
花子さんは、車椅子に座っていた。

腰には、安全ベルトがつけられ、
立ち上がれないようになっていた。

首が、直角に下を向き、
不機嫌そうに、つぶやいている。

僕が、足を折り曲げ、
下から花子さんの顔をのぞく。
話しかけても、視点が合わず、
僕のことがわからない。

面会室に連れて行ってもらって、
僕がいる間だけ、車椅子から
降ろさせてもらった。

晩御飯が運ばれてきたので、
話しかけながら、食べさす。
笑顔が戻り、食べ始めた。

水分が足りてない気がして、
出来るだけ、お茶を飲ました。

顔が下を向いているので、
スプーンにのせたご飯を
上手に食べれなかったが、
時間をかけて、何とか、完食。

お茶も、コップ2杯飲ますことができた。

歯を磨きに、洗面台まで連れて行く。
足がふらふらしていて、
上手に歩けない。

出来るだけ、いつものように。

歯を磨いて、トイレへ連れて行った。
便器に座ったが、用は足せなかった。

面会室に戻り、
車椅子に、座らせ、
僕の手で、安全ベルトを着け、
ロックをかけた。



翌日、気になり、少し早めに病院へ行く。
花子さんは、まだ車椅子に座ったままだ。

看護師長さんから、説明を受けた。
担当Dr.は、週に一度だけの診療なので、
まだ、診察はしてもらっていない。

急に出てきた症状のため、
危険防止の、対処処置だけで、
様子を見ている。

体調変化は、薬の変更から
起こることが多いが、
3か月以上変わっていなく、
穏やかに、落ち着いていた。

なぜ、急に体が傾いてきたか、
私たちにもわからないんです。

今までの経験で、
急に、こういった症状が出る方は
いませんでしたか。

花子さんのような症状の方もいます。

その人たちは、どうなりましたか。

一過性の方もいます。
進行から来る方は、
寝た状態になってしまう場合もあります。



昨日は、病棟に入ると、
花子さんは、ナースステーションの椅子に、
座っていた。

車椅子ではない。
周りに、看護師さんが必ず付いていて、
見守られていた。

下を向きながら、不機嫌そうに怒っているのは、
変わらずだ。

病棟の入り口を開けてもらい、
花子さんと、庭に出た。

風が気持ち良い。

ずっと話しかけていると、
少しずつ落ち着き、
笑顔が出てきた。

水分が足りていないので、
500mlの、ジュースを飲ませた。

1時間くらい、外で、過ごす。
庭を散歩する。

外の日差しが、心地良い。

散歩をする間は、手を強く握っていないと、
すぐにつまずいて、転びそうになる。
歩行も、小刻みだ。

顔が上向かないので、
気を引かせようとして、
飛行機、鳥、雲の話をするが、
自分で、顔をあげることができない。

首が下に向いているので、
肩を痛がる。

おでこに手を当てて、顔を持ち上げながら、
肩にタオルをかけて、マッサージをすると、
気持ち良さそうに、目をつむる。

晩御飯は、時間をかけながら、
その日も、完食。
コップ2杯のお茶も飲ませた。



今日、午後から用事があるので、
昼食の時間合わせて、
会いに行った。

花子さんは、廊下をあるっていた。
頭には、ぶつけても怪我をしないように、
毛糸の帽子。

近づくと、鼻水を垂らしながら、
泣いていた。

泣き声が強くなった。

僕が近づいて、話しかけても、
誰だかわからない。

最近は、いつもそうだ。
でも、手を繋ぎ、楽しそうにすると、
さっきまで泣いていたのを忘れ、
笑顔が出てくる。

病室に入り、鼻を、
「チ~ン」とさせると、
げらげら笑いだした。



少しずつ良くはなっている。
でも、首の曲りと、歩行の不安定さは、
変わらない。



このまま、進行させて、
寝たきりには、させない。

なんとしてでも、呼び戻す。

歩くことができて、
普通のご飯が食べれることを、
維持したい。

まだ、大丈夫。



僕が病院へ行って、介護できるのは、
わずかな時間だ。

でも、その時、
ずっと、寄り添い、
時間をかけて、いつもの通りに接すれば、
日常のことを、こなすことはできる。

食事に入るときは、笑顔を取り戻し、
美味しそうに、食べてくれる。

歯を磨くときは、顔が下を向いているので、
僕が下から覗き込めば、
口も開いてくれるし、
口をゆすぐときは、
「ブクブク、ペッ」をしてくれる。

トイレは、数分間座って、
出るまで我慢。
「オシッコ」をさせて、
オムツのパットを取り換える。

すべて終わらせ、
デイルームのテーブルに座らせると、
安心して、
看護師さんに、お願いできる。

病院側も、僕が行くと、
喜んでくれている(と思う)。



大部分の介護は、病院へお任せしているが、
家族がかかわることによって、
良いバランスが保たれてると、思ってる。

 
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif