この、若年性認知症と言うのは、
本当に、急激に変化が起きる。

僕は、長年の経験(?)があるから、
それでも、まだ受け入れはしやすい方だが、
皆さん、いつもいつも、振り回されてしまう。

毎回、偉そうに書いているが、
現場では、僕も振り回される一人だ。

介護職をされている方は、たくさんの経験から、
ベテランの方もたくさんいるが、
介護家族は、いつも初心者だ。

1対1だと、目の前に起きる予想もしない変化に、
悩み苦しむことばかり。



変化には、必ず、原因がある。
進行による抑えられない変化もあるが、
本人をよく見ると、何かしら原因がある。

それをわかっても、対応方法がないことも多いが。 

 


最近の花子さんは、
いつも、怒っている。

不満をあたり構わずぶつけている。
前回の日記で、安定していると書いたばっかりなのに。

病棟に入ると、看護師さんから、

今日も、ご機嫌斜めです。

と言われることが多い。

今は、僕のことがほとんどわからない。
だけど、不満をぶつけられる相手だと思うのだろう。
手を振りながら、眉間にしわを寄せて、
怒鳴っている。

時には、歌を唄っている。
以前は、機嫌がよい時に、
民謡のようなメロディーを口ずさんでいたが、
今は同じ唄でも違う。

怒って、大声で怒鳴っていると、
どんどん声が高くなり、
単語が( 訳の分からない文字の組み合わせだが )一語になり、
その一語(例えば、ア)を長く言っているうちに、
メロディーになって、唄になる。

以前は、唄を止めるとゲラゲラ笑っていたが、
今は、怒りから出た唄なので、火に油をそそぐ。 
 
 
 
最近の花子さんは、幻視が強くなっている。
前からあったが、動作も出てきた。
 
食事が運ばれる前、テーブルを盛んに叩いていた。
 
何? どうしたの?
 
かえる
 
テーブルに、蛙がいたらしい。
言葉がはっきりすることは少ないのに、
明瞭に、「かえる」と言った。
 
かえるがいたの?
もう逃げた?
 
うなずいた。
又、先日は、空中に赤い玉が浮いてたらしい。
一生懸命、取ろうとしていた。
 
昨日は、部屋の隅を指でさして、
 
ブタ
 
エッ、豚がいるの?
 
うん。
 
じゃあ、牛はいる。
 
うしはいない。
 
周りに、田んぼは見える?
 
ある。
 
どうやら、茨城の実家の田園風景のようだ。
立ち上がって、不穏になりそうなので、
椅子に座らせ、お茶を飲ませた。
 
ブクブク、ペッと、吐き出し、
〇☓△☐!!!
怒りの頂点だ。
 
 
 
花子さんの、ご機嫌悪さは、
幻視から、
見えたものへの不安と、拒否から来ていると思う。
 
2~3週間ほど前から、
気分を安定させるようにと言うことで、
寝る前に飲む、抗不安剤が増えた。
その影響のような気がする。
 
明日、Dr.に面会を申し込んだ。
よく相談してみようと思う。


続く


すみません。
最近、長文を書く根気がなくて。

でも、晩御飯。
花子さんは、白身魚の中華あんかけ定食。
あんかけ料理が多いが、調理師さんの工夫を感じる。

揚げ魚の中華あん定食 


僕は、新秋刀魚と、ゴーヤ。
脂でパチパチ言っていた秋刀魚は、
さすがに美味かった。
お酒は、富山の三笑楽。
あまり出回っていないお酒。

新サンマ
   

ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif