昨日は、三か月に一度の、僕の診察。
大学病院精神科へ行ってきた。
 
担当のDr.は、病院は違うが、花子さんと同じ先生。
週に一度、花子さんの病院へ診察に行っている。
 
僕の、社会不安障害は、薬と診察のおかげで、
すごく良くなっている。
今では、好んで人前に行き、
ミニ講演などしてしまう。


 
話は、もっぱら、花子さんのこと。
Dr.から、
 
最近は落ち着きが出てきましたね。
怒っていることもありますが、
以前のような激しさはなくなりました。
 
はい。
私が行っても、にこやかにしています。
生活面はすべて介護が必要ですが、
喜びや、美味しさなど、感情は豊かなのでありがたいです。

 
感情面は残されていますね。
ご主人の献身的な介護のおかげです。
頭が下がります。
 
Dr.から、思ってもいないことを言われ、
びっくりした。
なんだか、、うれしかった。
 
 
 
夕方、病院へ行った。

病棟のインターホンを押して、
ドアを開けてもらう。

看護師さんが来るまで、
窓の隙間から、中を覗く。

花子さんは、いつも廊下を  徘徊  散歩している。
ドアを開けてもらって、遠くにいる花子さんを呼ぶ。

花子ちゃ~~ん

声は聞こえるけど、方向が分からず、
いつもキョロキョロする。

近づいていくと、ようやく僕がわかる。
花子さんも、近寄ってきた。

廊下を歩っている時は、無表情だったが、
笑顔になってきた。
笑って、寄ってくる。

そして、笑顔の目尻は下がったままだが、
だんだんと、口元が微笑みから、下にさがってきた。

そのうち、目元もシカメッツラになってくる。

泣き始めてしまった。

どうした、
なんで泣いてるの?

涙も出てくる。

寂しかったのか?

うなずいている。

大丈夫だよ。
お父さんきたから。

肩を寄せた。
しばらくしてから、

お父さんが来て、うれしいの?

それ・・・


今日は、感情が豊かだった。

毎回じゃない。
怒りをぶつける時もある。
よその世界へ行っている時もある。
面会時間内に、なんとかご機嫌よくさせているが。

こんな時があるから、行かないわけにいかない。



帰るとき、看護師長さんと、ソーシャルワーカーさんが
見送ってくれた。

今日、僕の診察があって、大学病院へ行ってきたんですよ。
そしたら、先生から、
スリブリさんの献身的な介護に、頭が下がります。
なんて、言われちゃいました。

2人とも、真面目な顔で、

私たちもそう思っています。

なんて言われた。

笑いを取るために、言ったのに、
真面目に受け止められてしまった。



献身的な介護なんて、
一度も思ったことはない。
そうしているつもりもない。

成り行きなんです。
やっているうちに、気持ちが一つずつ重なってきただけ。
反応を見て、喜んでいる。
自己満足かな。



では、晩御飯。 

花子さんは、 鮭にほうれん草のクリームソース
鮭のクリーム煮


僕は、麻婆豆腐と鮭の塩焼き
花子さんの鮭の方が美味かった。
お酒は、新潟のお福正宗
麻婆豆腐 
 

       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif