花子さんが在宅の頃、
犬をもう一頭、迎え入れようかと思っていた。

その頃、花子さんの愛情は、
すべてランに注がれていた。

癒しどころではない。
生きがいでもあり、
かけがえのない存在だった。

もし、ランが急にいなくなったら、
強烈な、ペットロスが襲ってくる。

悲しみのあまり、
精神的に、不安定になるのではないか。
混乱が生じるのではないかと、大きな不安があった。

もう一頭かわいがる犬がいれば、
どちらかが旅立っても、
心の隙間を、少しでも埋めてくれるのではないかと
考えていた。



でも、花子さんの心の穏やかさは、
病気の進行によって、侵され、
不穏状態が大きくなってしまった。

そして入院。
病院では、一か月以上、
不安定な状態が続いた。

ようやく落ち着いてきた頃、
花子さんが、少しでも安心できるようにと、
ベッドの上に、ランと、花子さん、
僕が写っている写真を貼ってもらった。


しばらくの間は、ランに会いたがり、
外出願いを出しては、ランと一緒に散歩をした。

一年ぐらいすると、看護師さん、ケアスタッフの中で、
好きな人を、

ランちゃん

と呼ぶようになった。
僕も、ランちゃんだった。

そして、半年前ぐらいからかな、
ランのことは、話さなくなった。

写真を見ても、
もう、ランのことが分からなくなった。



ランが亡くなった翌日。
いつものように、病院へ行った。
食事前に、

ランのこと、覚えてる?

う~ん???

死んじゃったんだ。

????

良かった。
もう、忘れている。
悲しませなくて、済んだ。

食事が運ばれてきて、
楽しく、ごはん。

帰りに動物病院へ寄り、
先生から、花をいただく。(前回の日記)


家に帰って、
酒を飲みながら、
涙が止まらなかった。

亡くなった当日は、
わめくように泣いてしまった。

次の日は、じわじわと涙が出てくる。

今年の花粉症は、きついな。

とつぶやきながら、献杯をした。



それから花子さんには、
ランのことは、話してない。

忘れているのを、無理に思い出させようとするのは、
認知症の人を、いじめるようなもの。

笑顔さえ出ていれば、いい。



昨日、いつものように病院へ行く。
いつになく、明るい。
病棟に入った僕を見つけ、
笑顔で迎えてくれた。

ここんとこ、花子さんの前に行っても
僕のことを、わからないことが多い。

膝をかがめて、
花子さんの視線に僕の顔を持って行き、

花子ちゃ~ん
お父さんが来たよ~

と呼びかけると、
しばらくしてから、ようやく笑ってくれる。

でも、昨日は、鮮明で受け答えもできた。

晩御飯が運ばれてくる前、

ラン、覚えてる?

うん!

死んじゃった。

エッ。

表情が固まった。
すると、驚くことに、

エ~ン・・・

顔をくしゃくしゃにして、
泣き出したではないか。

大丈夫だよ。
幸せだったって言ってたよ。

花子がこんなに悲しんでくれると、
ランは、 嬉しい って言ってるよ。

もう大丈夫だよ。

花子さんの頭をなでながら、なだめる。
泣くのはやめたが、顔は真剣な表情だった。

食事が運ばれてきた。

ほら!
ご飯を持ってきてくれたよ。
わーー、おいしそうだ。
さあ食べよう。

僕が、美味しそうなおかずをスプーンにのせて、
口まで運ぶ。
花子さんは、口を開け、食べ始める。

美味しいだろう。

うん、

笑顔だ。
もう大丈夫。



花子さんは、ランのことを忘れたと思ったのに、
思い出したのには、驚いた。
「死」という言葉を聞いて、
悲しくて、泣き出した。

こんなにも、感情が豊富だ。
喜び、悲しみがちゃんとわかり、
素直に、思ったままを表現できる。

花子さんの優しさを呼び戻し、
目覚めさせてくれた、

ラン

ありがとう

ランは、最後まで、名犬だ。



前回の日記には、
たくさんの方から、コメント、メールをいただき、
本当にありがとうございます。
大変申し訳ないですが、今回もお返事を書けてません。

でも、皆さまからいただいたメッセージは、
何度も読み返し、励まされ、心が熱くなっています。
ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 


3月14日 21時15分
ランが、天国へ旅立ちました。

3月9日に入院して、6日間。
本当に頑張った。

大きな目を開けて、
僕を見つめるようにして、
穏やかに、安らかに、静かに、
息を引き取りました。

 
腎疾患から、日替わりで症状が変わり、
リンが排泄できなくなり、
亡くなる1日前には、
甲状腺癌が見つかった。

辛かったろうに、
でも、僕に心配をかけまいとするように、
苦しみもせず、吠えることも、痛がることもなかった。
我慢強い子だった。





これほど、愛らしく、お利口で、
花子さんと僕を、癒してくれたラン。

11年間、本当にありがとう。
ランからは、いっぱい幸せをもらったよ。


ランのために 

翌日、病院へご挨拶に行ったら、
先生と看護師さんから、
お花を頂いた。

お二人から、メッセージカードも添えられていた。
前日も、その日も、病院を出る時、
先生は、涙を流してくれた。

みんなに愛されたラン。

ありがとう
       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 


「連絡がないのは元気な証拠」
と、普通言われるが、
僕の場合、あまり間が空くと、
 
また何か、大変なことがおきたのでは??
 
と、ご心配お掛けそうなので、
途中経過。



ランは、土曜日に入院して、
当初の予定では、
昨日の夜、退院の予定だった。

でも、継続入院。

これは、良いことなのです。
そして、Dr.に感謝。


土曜に入院した時は、最悪の状況で、
腎臓炎の診断。

数値が非常に悪く、生きているのが
不思議なくらいと言われた。
数日間、全く食べていないので、
点滴と薬で、様子を見るとのことだった。

その病院は、今日の火曜が休診日。
そして、Dr.は、泊りがけで、出かける予定で、
明日水曜午前は、休診と貼り紙が出ていた。

個人の病院なので、女医さん一人と、
助手の若い女性が一人で、自宅で開業している。 
 
 (でも、腕は確かで、大きな病院でも治せなかった
  ランのドライアイを治してくれた。 膀胱結石も)
 
Dr.不在になるので、とりあえず昨日いったん退院、
13日に再診の予定だった。
 
血液検査は次の通りだった。
 
  検査項目一部基準範囲 9日10日11日
BUN血中尿素窒素6~23 193 200 162
Creクレアチニン0.6~1.6  5.8  6.4  5.2

入院した9日は、非常に悪い数字。
10日も、更に悪くなっていた。
 
ただ、昨日11日は、点滴と薬の効果で、多少良くなっている。
 
10日は更に悪くなったので厳しい状況でした。
でも、今日は数字が多少良くなっています。
薬と点滴が効いてきたのでしょう。
 
ただ、寝たままで、
ランちゃんの好きな、鳥の胸肉を茹でて
口の前に持っていっても、避けるようにして
食べません。
 
おしっこは寝たままで済ませ、立ち上がろうとしません。
 
数字が良くなっているので、このまま点滴と薬を続け
数日様子を見ましょう。
 
でも、先生は明日からお出かけではなかったですか。
 
外出は断りました。

今、家に戻せば、何もできなく衰弱してしまいます。
せっかく良くなって来たので、私が診た方が
良いと思います。
 
そうですか。
ありがとうございます。
どうぞ、宜しくお願い致します。
 
 
感謝、感謝だ。
 
食べるようになってくれさえすれば
希望は出てくる。
 
厳しい状態は続いているが、
ランちゃんの、がんばりに期待だ。
 
 
 
親父も、三度の奇跡的復活が、あるかもしれない。
 
転院の初診では、数値から癌が疑われた。
 
数日後、造影剤を入れて、精密検査。
Dr.から話を聞いた。
 
腫瘍は見つかりませんでした。
癌の疑いはないです。
 
ただ、かなり衰弱していますので、
点滴で様子を見ます。
 
5日前から鼻につけていた、酸素吸入が外れた。
手には、はめていた拘束手袋が取れた。
 
昨日、病院へ行くと、
腰にベルトが巻かれ、拘束されていた。
 
看護師さんに聞いたら、
 
今日、急に上半身立ち上がって、
ベッドから降りようとしたので、
危険防止で、ベルトをつけました。
 
身体拘束は、普通ならがっかりすること。
でも、ずっと寝ているだけで
身動き一つしなかったのが、
起き上がろうとしたらしい。
 
親父の生命力か。

これは、前進の拘束。
 
点滴は続いたままだが、
介助すると、口から少し食べるそうだ。
 
95歳の高齢から、
いつ何が起こるかわからない状況だが、
一山超えた。

       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 


前回の更新、3月3日
その前の記事は、1月30日
1か月以上、空いてしまった。
  
皆さんのご想像通り、
2月、3月は大変なことが、次々と。



2月27日に、親父、また転院。

2月初めごろから、目が明かなくなり、
寝ていることが多くなった。

でも、見舞いに行って、呼びかければ、返事をする。
意味不明だが、ちゃんと反応する。
口元に、コップ、スプーンを持って行けば、
大きな口を開けて、もぐもぐやっていた。

でも、転院の4~5日前から、
食事がとれなくなり、点滴になった。
昼間もベッド。

血液検査をしたら、
肝臓、胆道が、正常値よりすべて10~15倍の
数字になっていた。

今の病院は、認知症専門病院。
専門内科で診てもらった方が良いということで、
転院になった。

転院の際、主治医からは、

今の数値は、非常に厳しい状況です。
悪性の恐れもあります。
どのようにするか、ご家族とも相談してください。




お袋は、歩けなくなり、
体に力が入らない状態が続いている。

1月後半から2月にかけては、
毎週のように、検査、診察が入った。

1月23日 頭部 MRI検査、血液、尿検査
1月29日 頸部血管 超音波検査
2月6日  脊椎 MRI検査
2月20日 血液、尿検査
2月28日 腹部 超音波検査
3月4日  婦人科にて、 超音波再検査、血液検査
そして、
3月26日予約 骨盤 MRI検査

その度に、結果を聞きに行くので、
しょっちゅう大学病院へ行ってた気がする。



そして、なんとなんと、
今日、3月9日

愛犬 ラン  入院

2日前から、何も食べなくなり、
散歩も行かない。

下痢、嘔吐もあって、病院へ連れて行った。

腎臓が、非常に悪いらしい。

このままだと、、、、あと、、、、1週間。

点滴と注射で、快方に向かうか様子を見る。

ショックだ





なんだかな~~

今年は本厄なので、
建国記念日の2月11日に
親友と「伊勢山皇大神宮」まで、
厄払いに行ってきたのに。

効果なし。

       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 


花子さんと一緒に参加する家族会
「木曜会」がある。
 
毎月、第一、第三木曜日に、
本人と介護者の、夫婦で参加する家族会だ。
 
「認知症の人と家族の会神奈川県支部」主催で、
毎回、6~8組の夫婦が参加する。
 
若年認知症のご本人たちは、
行動範囲が広く、体力もあり、
季節の移り変わり、花、鳥、風景などにも、
感動し、感情が豊かなので、
このような家族会を催してくれて、
いつも感謝している。
 
僕は、その日は仕事を休み、
花子さんの病院へ外出届を出して、
毎回参加している。
 
 
 
前回は、午前中は 福祉施設の部屋を借り、
ご本人たちも交えて、クレヨン画を楽しんだ。
午後は、川沿いを歩きながら、近くのお寺まで散策。
 
最近は、花子さん、皆さんと一緒に歩くのが
難しくなっている。
前傾姿勢で、歩幅も小さい。
階段、段差を歩くことがが難しい。
 
毎回、サポーターの方がついてくれるので、
僕と二人で、手をつなぎながら、ゆっくりと歩く。
 
  
サポーターさんと歌を歌いながらあるっていたが、
疲れてきて、なかなか前へ進めなくなる。
 
僕は、車を取りに戻った。
 ( 花子さんを病院から連れて行くので、
   出席の時は、毎回車です )
 
花子さんに追いつき、車に乗せて、
目的地のお寺に、先回り。
 
 
 
今年の初めの木曜会で、
七福神めぐりがあった。
 
その時は、午前中はがんばって歩いたが、
昼食前頃から、足が進まなくなった。
 
やはり、車を取りに行って、
午後は、車で移動。
 
先に行って、
神様の前で、皆を迎えた。
 
 
 
進行もあるが、入院のための運動不足で、
長距離を歩くのは、厳しくなっている。
 
でも、花子さんは、この会にすごく楽しそうに
参加している。
 
朝、皆さんの前に行くと、
花子さんの手をとって、
 
おはよう。良く来たね~
 
と、声をかけてくれる。
 
花子さんも、
 
は~~い
 
と、ニコニコ顔だ。
 
 
病院の中では感じらることができない、
太陽の光と、さわやかな空気。
 
皆の優しさに触れ、
いつも、満面の笑顔だ。
 
機嫌が悪くなる時もあるが、
秘密兵器のチョコレートを口に入れれば、
すぐ、ご機嫌。 

 
 
 
今月の木曜会は、
第一木曜が、近所の公園へ、観梅に行き、
池の周りで、お弁当。
 
第三木曜は、市民の森へ、桃の花を見たあと、
クリスマスローズが咲いているお寺へ。
途中、食堂に寄るというので、
花子さんは、病院では絶対に食べることができない、
大好物の、お刺身定食にしようかな。 
 
 
 
だんだんと難しくなる、二人揃っての家族会への参加。
ご本人たちはサポーターにお任せして、
家族は別の部屋で、懇談会と言うのは、
もう、無理。
 
トイレ、食事、ご機嫌取り・・・
すべての介護をお任せすることはできない。
 
木曜会は夫婦同士で、散策なので参加できる。
こういった機会がないと、
なかなか二人だけで外出はしない。
 
参加のご家族、サポーターに甘え、
感謝しながら、
できるだけ参加したい。
 
 
 
では、久しぶりの晩御飯
 日本酒  料理の写真がたまっている。 
 
花子さんは、タラのあんかけ定食
 
taranoannkake 
 
僕は、鰈の煮魚。
卵たっぷりのがあったので、思わず買う。
痛風に、魚卵は良くないんだが。
ひじきと、肉団子は、前の日に作った残り物。
お酒は、島根の「豊の秋」
 
kareinisakana 
 

       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif