花子さんが在宅の頃、
犬をもう一頭、迎え入れようかと思っていた。

その頃、花子さんの愛情は、
すべてランに注がれていた。

癒しどころではない。
生きがいでもあり、
かけがえのない存在だった。

もし、ランが急にいなくなったら、
強烈な、ペットロスが襲ってくる。

悲しみのあまり、
精神的に、不安定になるのではないか。
混乱が生じるのではないかと、大きな不安があった。

もう一頭かわいがる犬がいれば、
どちらかが旅立っても、
心の隙間を、少しでも埋めてくれるのではないかと
考えていた。



でも、花子さんの心の穏やかさは、
病気の進行によって、侵され、
不穏状態が大きくなってしまった。

そして入院。
病院では、一か月以上、
不安定な状態が続いた。

ようやく落ち着いてきた頃、
花子さんが、少しでも安心できるようにと、
ベッドの上に、ランと、花子さん、
僕が写っている写真を貼ってもらった。


しばらくの間は、ランに会いたがり、
外出願いを出しては、ランと一緒に散歩をした。

一年ぐらいすると、看護師さん、ケアスタッフの中で、
好きな人を、

ランちゃん

と呼ぶようになった。
僕も、ランちゃんだった。

そして、半年前ぐらいからかな、
ランのことは、話さなくなった。

写真を見ても、
もう、ランのことが分からなくなった。



ランが亡くなった翌日。
いつものように、病院へ行った。
食事前に、

ランのこと、覚えてる?

う~ん???

死んじゃったんだ。

????

良かった。
もう、忘れている。
悲しませなくて、済んだ。

食事が運ばれてきて、
楽しく、ごはん。

帰りに動物病院へ寄り、
先生から、花をいただく。(前回の日記)


家に帰って、
酒を飲みながら、
涙が止まらなかった。

亡くなった当日は、
わめくように泣いてしまった。

次の日は、じわじわと涙が出てくる。

今年の花粉症は、きついな。

とつぶやきながら、献杯をした。



それから花子さんには、
ランのことは、話してない。

忘れているのを、無理に思い出させようとするのは、
認知症の人を、いじめるようなもの。

笑顔さえ出ていれば、いい。



昨日、いつものように病院へ行く。
いつになく、明るい。
病棟に入った僕を見つけ、
笑顔で迎えてくれた。

ここんとこ、花子さんの前に行っても
僕のことを、わからないことが多い。

膝をかがめて、
花子さんの視線に僕の顔を持って行き、

花子ちゃ~ん
お父さんが来たよ~

と呼びかけると、
しばらくしてから、ようやく笑ってくれる。

でも、昨日は、鮮明で受け答えもできた。

晩御飯が運ばれてくる前、

ラン、覚えてる?

うん!

死んじゃった。

エッ。

表情が固まった。
すると、驚くことに、

エ~ン・・・

顔をくしゃくしゃにして、
泣き出したではないか。

大丈夫だよ。
幸せだったって言ってたよ。

花子がこんなに悲しんでくれると、
ランは、 嬉しい って言ってるよ。

もう大丈夫だよ。

花子さんの頭をなでながら、なだめる。
泣くのはやめたが、顔は真剣な表情だった。

食事が運ばれてきた。

ほら!
ご飯を持ってきてくれたよ。
わーー、おいしそうだ。
さあ食べよう。

僕が、美味しそうなおかずをスプーンにのせて、
口まで運ぶ。
花子さんは、口を開け、食べ始める。

美味しいだろう。

うん、

笑顔だ。
もう大丈夫。



花子さんは、ランのことを忘れたと思ったのに、
思い出したのには、驚いた。
「死」という言葉を聞いて、
悲しくて、泣き出した。

こんなにも、感情が豊富だ。
喜び、悲しみがちゃんとわかり、
素直に、思ったままを表現できる。

花子さんの優しさを呼び戻し、
目覚めさせてくれた、

ラン

ありがとう

ランは、最後まで、名犬だ。



前回の日記には、
たくさんの方から、コメント、メールをいただき、
本当にありがとうございます。
大変申し訳ないですが、今回もお返事を書けてません。

でも、皆さまからいただいたメッセージは、
何度も読み返し、励まされ、心が熱くなっています。
ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif