花子さんと親父は、
喜怒哀楽。
いろんな感情が交錯しながら、
病院で、見守られて生活している。

毎日2人を診に行くが、
僕が行ったときは、
怒→喜、
または、喜→喜

何とか、少しでも「喜」に近いところまで
持って行くようにして、帰るようにしている。

花子さんは、低空飛行ながら穏やかに過ごし、
親父は、認知症の進行はあるものの
体は回復傾向だ。



今、一番心配なのは、
お袋になってきた。

体調の悪さ、
特に、歩くことができなくなったことから、
悲観することが多い。

昨日も、僕が仕事をしているとき、
14時ぐらいに、お袋が仕事場まで、
這いずって入ってきた。

これからお父さんのところへ、
連れて行ってくれない?


エッ、今?

仕事が忙しいんならいいよ。

・・・・・
ちょっと待ってて、
あと20分したら行くから。

なんだか、今日は具合が悪くて、
あさってあたり、死んでしまいそうな気がする。
どうしても、今日行っておきたい。

そうして、泣き始める。
こんな会話が、最近多い。


この前も、大学病院へ、定期診察があった。

車椅子にのせて、連れて行く。
お袋は、難聴なんで、僕と先生の話が聞こえない。
要点は、耳元で大きな声で伝える。
まあ、通訳のようなもの。

次回の予約をして、診察室を出る。

もう帰ってもいいの?

大丈夫だよ。
薬を飲んで、様子を見ることになったから。
来月の予約をしてきよ。

今日入院するんじゃないの?

そんな話は、何にもないよ。

もうダメなんで、
このまま、入院になると思ってた。


また、涙ぐむ。
そんなことの繰り返し。


1階で仕事をしていると、
泣き声が聞こえる。

覗くと、お袋が、便箋に何かを書きながら泣いている。
でも、僕が顔を出して話しかけると、
すぐ笑顔になる。

数分単位に、感情が入り混じる。



僕はこれまで、鬱病の時期の花子さん、
そして、介護をしている時の自分自身。
精神的に参っている時が、痛いほどわかる。

お袋は86歳。
考えたくはないが、もう、人生の終盤を迎える。

これまで、親父との生活は、
辛いこともあっただろうが、
喜びの方が多いと思う。

最後の最後に、泣いたままにしたくない。
楽しい人生だったと、振り返ってもらいたい。
笑って、最後を迎えてほしい。


まだ、時間はある。
何とかしないとな。



ちょっと重い話になってしまったんで、
気分転換に、晩御飯。

花子さんは、ホワイトシチュー定食。
いつも携帯で写真を撮るので、鮮明じゃないけど、
美味しいです。

ホワイトシチュー定食  

僕は、冷蔵庫の残り物。
ナスピー炒めと、
鯵の開き、両目が入った目玉焼き。
だが、お酒は一流 
神奈川、相模灘の純米吟醸。

ナスピー


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 


介護は、辛く、悲しいことが多い。
 
でも、そればかりではない。
 
わずかかもしれないが、
幸せを感じたり、喜びもあることを知ってほしい。
 
そりゃ、病気にならないのが、最大の幸せだ。
健康が一番で、それさえあれば、
頑張って、楽しい生活を送ることが、
できるかもしれない。
  
でも、病気になってしまったのだから仕方がない。
その中で、幸せ見つけたい。
 
 
 
もし、花子さんが認知症にならなければ
どうだったろう。

お互い60歳。
はつらつと、自由に、好きなことをしていただろう。
ただ、二人がお互いを見つめ合うことが
できていたかは、わからない。

花子さんが認知症になり、
重度の段階まで進行してしまった今、
花子さんが僕を見る目は、
頼りになる、好きな人を見る目だ。
一番優しくしてくれる人というのがわかってる。
 

僕を認識できず、怒りだけでぶつかってくる時もあるが、
笑顔で僕を見る時は、
純真な、まなざしだ。

幸せだ。

と思う。

若い、恋人同士じゃあるまいし (^_^)


 
もう一つ。
 
花子さんの病気を通して、
たくさんの方とめぐり合えた。
 
病気を持つご本人。
同じように、病気の人を介護する家族。
介護職、家族会、ボランティアの方々、
医療関係の人、
僕たちの状況を伝え、
より良い環境をつくろうと努力している人、
数え上げると、切りがない。
 
花子さんが病気にならなければ、
絶対にめぐり合えなかった人達だ。
 
この人達は、
人の弱さがわかる。
恵まれない体調、環境の人に、
優しく接することができる。
相手の気持ちになって、一生懸命寄り添う。 

 
ビジネスの社会だけしか知らなかった僕にとって、
優しくて、本当に尊敬できる人達だ。
 
この人達とめぐり合えたことを
ありがたく思う。 



そして、このブログに来てくれる人も同じ。
 
7年半続いているブログ。
皆さんに、どれほど励まされたことか。

コメントを頂いた方はもちろん、
コメントを残されなくても、何度も訪問して頂いている方が、
たくさんいる。

3日前に、このブログのカウンターが、300万を超えた。
こんなにたくさんの方に開いて頂いて、
僕のやってることは、間違ってないと思える。

ブログを書くことによって、自分の介護を見直せた。
感謝しています。


花子さんも喜んでいる
花子さん 

では、晩御飯

花子さんは、
カジキマグロのフリッター定食

 カジキマグロのフリッター定食  

僕は、
ニラ肉炒めと、鰤の塩焼き
お酒は、島根の豊の秋

 にら肉炒め 

 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 


 
 【 男の上手な介護5か条、1心得 】
  
第1条 一人で抱え込んで、完璧な介護をしようとしても難し
     いです。
     地域、友人にオープンにして、皆の力を借りましょう。
     周りの人は、伝えてもらうのを待っています。
   
第2条 家族会、つどいには積極的に参加しましょう。
     介護の仕方、公的支援等、知恵の宝庫です。
     苦しんでいるのは、自分だけではありません。
   
第3条 病気、症状、介護について学びましょう。
     理解することによって、優しく接することができます。
 
第4条 笑顔は絶やさずに。相手はこちらの気持ちを敏感に
     感じます。
     相手のペースに合わせることも大事です。
 
第5条 自分の健康が第一。健康であってこその介護です。
     上手に割り切って、息抜きの時間を持ちましょう。

1心得 死んでしまいたい、殺してしまいたいと思うときが
     あるかもしれません。
     でも、踏みとどまってください。
     今が一番辛い時です。
     生きていて良かったと思う日が必ず来ます。
 
 
 
 
この【 5か条 1心得 】をつくるに当っては、
たくさんの、本、新聞記事、ホームページを
参考にさせていただきながら、
僕の今までの経験から作らせてもらった。
 
【 5か条 】の各項目に当てはまる例は、
このブログの中に、いくつも取り上げている。
経験から学んだことが多い。



第1条の周りに知らせること。
 
これは、運動会での宣言(←前の記事です)で
地域の人に伝えてから、徘徊、見守り、付き添いで
大変お世話になった。

  
身内が認知症になると、恥ずかしいことと感じてしまい、
一人で抱え込んで、隠そうとする。
 
でも、皆うすうす、変だなと気が付いている。
こちらから言わないことには、
何が原因なのか、何をしてよいのかわからない。
話をしてもらえないので、おせっかいに感じて
立ち入ってはいけないと遠慮している。
 
地域とのお付き合いは、お互い様だ。

一人では無理。
皆さんの力を借りよう。
 

 
第2条の、家族会、つどいに積極的に参加する。
  
これも、何度も何度も書いている。
家族会に参加して、どれほど助けられたことか。 
 
男性は、愚痴をこぼす為に見知らぬ人が集まって
話しをするのに抵抗がある。
家族会を、そういった場と勘違いしている。
 
でも、参加してみると楽しいものだ。
同じ立場の人の話は励みになる。
介護の仕方を教わることも、たくさんある。
男同士だからできる話もある。
 
閉塞感が漂う介護生活を乗り切る為にも、
家族会などに参加して、
新しい仲間と、交流を持つことが必要だ。
 
僕は、たくさんの公的支援を使っている。

介護保険、自立支援医療、障害者手帳、障害年金、
特別障害者手当、生命保険の支払い免除、高額療養費
 
これらは、すべて家族会の人たちから聞いて、
申請のコツも教わり、支給されている。 
 
公的支援は、本を読んでも、役所の広報を見ても分かりづらく、
自分が申請できるかどうか、わからない。
 
家族会の人たちは、皆さん自分の経験で、
何を申請できるか、教えてくれる。
介護するうえで一番大事なのは経済的なことだ。
制度のことを知るには、同じ経験をした人しかわからない。
ぜひ、家族会への参加をお勧めします。
 
 
 
第3条、4条、5条も、
しょっちゅう書いていることだ。
 
でも、【 1心得 】は、書いたことがない。
いや、書けなかった。
 
 
ここにある、「死」「殺す」と言うセンセーショナルな文字を見て、
驚かれたり、違和感を感じた方がたくさんいると思う。
 
社会福祉協議会の講座の資料で、
この表記で良いのか悩んだ。
 
でも、男性介者同士で話すとき、必ず、この言葉が出てくる。
暴力、介護心中、介護殺人は、誰しもが一度は考えたことがあり、
すぐそばにいる。
 
一歩間違えると、衝動的にその道に突き進んでしまうことがある。
男性介護者の会では、たくさんの体験談が出る。
ちょっとした相手の表情で思いとどまり、
また閉塞感から殺人を考えてしまう。 

殺人とまでいかなくても、
見放して、自然死を願ってしまう。

身近にあることなんです。
 
でも、その繰り返しの中から、
思いとどまり、また悩み、
ようやく、寄りそう介護ができる。

死を考える時は、一番苦しい時だ。
認知症は、同じ症状が長く続かない。
そこを乗り越えると、思ってもいなかった
穏やかな生活が戻ってくる。
 
僕がそうだったんです。
書けなかった葛藤は、たくさんあった。

でも、今は幸せに思っている。



さて、晩御飯

花子さんは、ハンバーグ定食 

ハンバーグ定食 

僕は、オムレツと鮭の塩焼き。
お酒は、神奈川の銘酒 相模灘。

omuretu 

       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 



【参考文献】 
立命館大学産業社会部 斎藤真緒 
 「男性介護者の介護実態と支援の課題」(平成22年12月)
(社)全国国民健康保険診療施設協議会 
 「男性介護者に対する支援のあり方に関する調査研究事業報告書」(平成22年) 
認知症の人と家族の会
 各種リーフレット





【 男性介護者の特徴 】
 

① 男性介護者は、介護を仕事の延長にとらえ、
   完璧にこなそうとする。

② 女性介護者と比較して本音を語らない。
   本音を語る機会が少ない。
   他人に迷惑をかけられないと思いがちで
   なかなか弱音や悩みをが吐けず、
   介護者自身が一人で抱え込む。

③ 地域とのかかわりが薄い。
   地域の交流を避け、孤立を深めて行く傾向がある。

④ 支援要望のタイミングが女性介護者と比較して遅い。
   支援を受け入れにくい。

⑤ 介護の為に離職をしたり、無職・就労経験がない。
   再就職が困難等、経済的基盤が脆弱 。

⑥ 配偶者と一心同体になりやすい。
   心の痛みを、同じように感じる。
   また、共に逃避を考えてしまう。

⑦ 入浴介助、排泄介助が苦痛。
  
⑧ 家事に強い負担感を持つ。
 
  
  
   
男性は、介護を自分に与えられた、
仕事の延長と考えてしまう傾向がある。
真剣に取り組みすぎる人が多い。
 
これは、仕方ないことだ。
なんたって、20代から叩き込まれた、
仕事社会のオキテがある。
 
仕事上では、
 
弱音をはかない。
人に頼らない。
他人に迷惑をかけない。
責任感と使命感を持ち、
与えられた仕事は、最後までやり遂げる。
 
このようにして、仕事をこなしてきた。
これは、ビジネスマンとしての習性で、
慣れ親しんできたことだ。
 
これを、介護にも同じ手法で挑んでしまう。
仕事には、数字で表れる成果があるが、
介護に成果はなく、
介護される人の加齢とともに、大変になる。
 
仕事でのお付き合いは得意だが、
近所の人、役所に助けを求めるのは、
苦手だ。
  
一人で抱え込んでしまい、
地域との交流を避け、
孤立を深めてしまう。
 
 

 
もう一つ、大きな問題がある。
介護離職だ。

男性介護者の7割は仕事をしていない。
その中の50%は、定年退職だが、
38%の人は、介護をするために仕事をやめている。
実に、年間3万人の人が、
介護のために職を離れている。

また、親の介護をするために
働いたことのない男性も増えている。
親の介護を優先するために、
働く機会を失っている人も数多くいる。

働くことは、収入の安定だけでなく、
男にとって、自分自身の存在感や、
生きがいにもなるので、
非常に大事だが、
介護のために両立できず、
家族を優先にして、仕事をやめていく。

とてもつらい現状がある。




もう一回続きます。





内臓の癌が疑われ、
認知症専門病院から、
内科救急病院へ転院した親父。

今は、また、花子さんと同じ病院へ戻ってきた。

転院する時、
主治医から、看取りを考えながら入院と言われたのに、
再度、復活。

生命力と、気力の強さには、
驚いてばかり。

前の病院では、点滴をしながら、
ベッドに拘束されていたが、
今は、車椅子に乗って、
食事(ミキサー食)も、自分で食べられるようになった。

昔、100歳まで生きると言っていたのが、
実現するかも。




では、今日の晩御飯。

花子さんは、カジキマグロのおろしソース定食

kajikimaguroorosiso-suteishoku 

僕は、鰯の塩焼きと、鳥もものスタミナ焼。
お酒は、奈良の春鹿。

iwasi
  
       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 



【参考文献】 
立命館大学産業社会部 斎藤真緒 
 「男性介護者の介護実態と支援の課題」(平成22年12月)
(社)全国国民健康保険診療施設協議会 
 「男性介護者に対する支援のあり方に関する調査研究事業報告書」(平成22年) 
認知症の人と家族の会
 各種リーフレット


東京都練馬区で、
社会福祉協議会(社協)が中心になって、
「男性介護者のつどい」が、4月20日から、
定期的に開催される。

その案内も含め、男性介護者の現状と、
男性ならではの、介護の厳しさを伝えるための、
地域市民講座が、3月に開催された。

講座のタイトルは、

「 オトコが語る介護
 ~介護で孤立しないために~ 」

僕も、少しだけお手伝いをした。
その時に、資料を作ったので、
3回に分けて、紹介します。



2010年9月の調査で、
同居している家族を介護している男性は、
120万人、介護者全体の30%が男性になっている。  

12年前の1998年の調査では、
男性介護者の割合は、19%。
急激に増加している。 

これは、家族が小規模になったことや、家族構成の変化、
そして、女性の社会参加などから、男性介護者が増えてきた。 



65歳以上の高齢者がいる世帯の
家族構成を調べた数字がある。
 ( 65歳を高齢者と言うのは失礼なんだけど、
   認知症の方の、年齢による分け方は、
   18歳から39歳までを、若年期認知症、
   40歳から64歳までを、初老期認知症、
   65歳以上を、老年期認知症としています。
   ですので、65歳を高齢者としました。
   ちなみに、18歳から64歳までを
   若年性認知症としています。 ) 

高齢者の、一人住まいが24%
  12年前は、18%なので、増加している。
高齢者ご夫婦の、二人住まいが、30%
  子供に頼らず、老老介護の傾向がある。
高齢者と、まだ結婚していない子供との世帯が、19%
  12年前は14%だった。
  急激に増加している。  今後も増加傾向。
高齢者、子供夫婦、孫の3世代同居が、18%
  12年前は30%だったので、大幅に減少している。
高齢者と、子供夫婦の2世代が11%

2世代、3世代同居が減り、
高齢者夫婦だけの世帯、
高齢の親と未婚の子供との世帯が
増えていることなどから、
男性介護者の増加が表れている。



これまでは、 介護の担い手として想定されていた、
お嫁さん、奥様。
その多くは、外に出て仕事を持つようになってきた。

これは、いいことなんです。
女性が働いて活躍する場が増えたこと、
女性だけに任せていた介護を、共に担うということを考えれば、
良いことだ。

でも、女性は育児、地域とのおつきあい、ママ友、
料理、掃除、洗濯、家事全般の慣れなどがあるが、
男性は、料理、地域交流など、
すべてが、不慣れなことから始まる。
大変厳しい状況に置かれてしまう。



【男性介護者が介護をする中で、
悩んだり、困難を感じたりすること】
をまとめてみました。

① 男性であるため、トイレ介助、下着・衣類購入、
   服の着せ替えが難しい

② 介護者自信の健康・体力の不安、精神的負担、
   高齢化に悩む

③ 長時間介護になり、自分の自由な時間が取れない

④ 仕事と介護の両立が難しい、急な外出などで
   留守にすることができない

⑤ 受け入れ先や、利用可能な施設、公的支援がわからない

⑥ 認知症の進行、症状の悪化、要介護者の性格等で
   対応が難しい

⑦ 排尿・排便、入浴等の身の回りの介助や身体介助が厳しい

⑧ 食事・炊事、洗濯、掃除等の家事が大変

⑨ 要介護者に対して、大きな声で怒鳴ったり、
   暴力、無視をしてしまう

⑩ 長期の介護から、働くこともできず、経済的に厳しくなり
   将来に不安



僕自身がそうだったように、切実な問題がたくさんあります。


次回は、
男性介護者の特徴、
男の上手な介護5箇条、1心得について書きます。



では、久しぶりの晩御飯。
ヤッパ、ランのことがあった時は、
のせる気になれなかった。

ランのことは、いつも、ひっきりなしに、
頭の中をかすめるが、
一生懸命、

ランはペットだ! ランはペットだ!

と、言い聞かせている。
引きずらないように・・・・・

ランとは、毎日40分以上散歩していた。
今は、運動全くなし。

健康維持も、ランのおかげだった。

では、花子さんの晩御飯
旨煮定食、奴までついた。

umaniteishoku 

僕は、カジキマグロのムニエル。
こっちは、おぼろ豆腐。
お酒は宮城の、浦霞。

kajikimaguromunieru 

       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 



【参考文献】 
立命館大学産業社会部 斎藤真緒 
 「男性介護者の介護実態と支援の課題」(平成22年12月)
(社)全国国民健康保険診療施設協議会 
 「男性介護者に対する支援のあり方に関する調査研究事業報告書」(平成22年) 
認知症の人と家族の会
 各種リーフレット