介護は、辛く、悲しいことが多い。
 
でも、そればかりではない。
 
わずかかもしれないが、
幸せを感じたり、喜びもあることを知ってほしい。
 
そりゃ、病気にならないのが、最大の幸せだ。
健康が一番で、それさえあれば、
頑張って、楽しい生活を送ることが、
できるかもしれない。
  
でも、病気になってしまったのだから仕方がない。
その中で、幸せ見つけたい。
 
 
 
もし、花子さんが認知症にならなければ
どうだったろう。

お互い60歳。
はつらつと、自由に、好きなことをしていただろう。
ただ、二人がお互いを見つめ合うことが
できていたかは、わからない。

花子さんが認知症になり、
重度の段階まで進行してしまった今、
花子さんが僕を見る目は、
頼りになる、好きな人を見る目だ。
一番優しくしてくれる人というのがわかってる。
 

僕を認識できず、怒りだけでぶつかってくる時もあるが、
笑顔で僕を見る時は、
純真な、まなざしだ。

幸せだ。

と思う。

若い、恋人同士じゃあるまいし (^_^)


 
もう一つ。
 
花子さんの病気を通して、
たくさんの方とめぐり合えた。
 
病気を持つご本人。
同じように、病気の人を介護する家族。
介護職、家族会、ボランティアの方々、
医療関係の人、
僕たちの状況を伝え、
より良い環境をつくろうと努力している人、
数え上げると、切りがない。
 
花子さんが病気にならなければ、
絶対にめぐり合えなかった人達だ。
 
この人達は、
人の弱さがわかる。
恵まれない体調、環境の人に、
優しく接することができる。
相手の気持ちになって、一生懸命寄り添う。 

 
ビジネスの社会だけしか知らなかった僕にとって、
優しくて、本当に尊敬できる人達だ。
 
この人達とめぐり合えたことを
ありがたく思う。 



そして、このブログに来てくれる人も同じ。
 
7年半続いているブログ。
皆さんに、どれほど励まされたことか。

コメントを頂いた方はもちろん、
コメントを残されなくても、何度も訪問して頂いている方が、
たくさんいる。

3日前に、このブログのカウンターが、300万を超えた。
こんなにたくさんの方に開いて頂いて、
僕のやってることは、間違ってないと思える。

ブログを書くことによって、自分の介護を見直せた。
感謝しています。


花子さんも喜んでいる
花子さん 

では、晩御飯

花子さんは、
カジキマグロのフリッター定食

 カジキマグロのフリッター定食  

僕は、
ニラ肉炒めと、鰤の塩焼き
お酒は、島根の豊の秋

 にら肉炒め 

 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif