FC2ブログ
今日は、家族会へ行ってきた。
僕一人で。
しかも、介護家族としてではなく、サポーターとして。


この家族会は、今年2月に立ち上がったばかりで、
今回は2回目。

介護者とご本人が、一緒に参加する。
その、ご本人たちのサポーターとしての参加。

介護家族は、ご本人達と別の部屋で、
現在の症状、
今困っていること、
悩み、
薬、
公的支援。

たくさんのことをお互いに話す。
Dr.、世話人も参加してアドバイスを送る。


その間、ご本人達は僕たちサポーターと、
散歩、
参加者全員の昼食の買い物、
ゲーム、
唄などを楽しむ。

11時から家族会開始なので、
ご本人達と散歩をしながら、
20個近いお弁当と飲み物の買い出しに行った。

若年性認知症のつどいなので、
皆さん、足腰は元気、
感情も豊か。

光り輝く太陽の下、
花、畑、ウグイスの鳴き声、心地よい風、
流れる川、遠くに見える山並みを楽しみながら散歩する。

近くのコンビニで、お弁当を買う。
ご本人たちに美味しそうなお弁当を選んでもらって、
みんなで、両手いっぱいの買い物を楽しむ。

午後からは、僕はサポーターを他の方と交替し、
介護家族のつどいに参加した。
皆さんが話される悩みを聞き、
身につまされ、自分が体験してきたことを思い出す。

ほんの少しだけ、アドバイスをさせて頂いた。



花子さんが若年性アルツハイマー病と診断されて、
8年が過ぎた。

周辺症状と言われる混乱は、
すべて経験した。

悩み、苦しみながら、
ようやく、寄り添うことができてきた気がする。

寄り添う介護は理想なんだが、
なかなか難しいものです。

頭でわかっても、いざその場で、
傍若無人な態度を取られると、
カッとなって、争ってしまう。

でも、少しずつ受け入れることができ、
それが積もってきて、
やっと、寄り添えるようになった。

認知症の介護は、初期から中期が一番大変だ。
僕もこのころは、混乱して、本当に苦しんだ。
先輩、家族会の世話人、専門職、医療関係の方から
たくさん助けてもらった。



今度は僕がその恩返しをしていこうかと思う、
今日此の頃です。



さて、晩御飯
花子さんは、芋煮定食

芋煮定食 

僕も、芋煮を作った。
里芋が2個しかなかったので、野菜煮。
残り物の油揚げが一番多い。
あと、鰤の塩焼き
芋煮は、花子さんの方が美味しかった。
お酒は高知の司牡丹が出している、船中八策

鰤と煮物

       
ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif