毎月第1、第3木曜に開かれる、
夫婦(又は親子)つれあいで参加する家族会
「木曜会」
 
今回も病院へ外出届を出して、
仕事を休みにし (^_^;)
二人で参加した。


最近は、同じ病棟に入院している57歳の女性と、
いつもお見舞いに来る、息子さんも連れて行く。
 
どうせ行き帰り車だし、
出発も帰る所も、一緒のなので、
大変さは全くない。

お母さんに、外の空気を吸ってもらいたいし、
介護をしている息子さんにも、
家族同士の、息抜きをしてほしい。


今回は、区の施設に集まり、
午前中は、ピアノとバイオリンの演奏会。
午後は、天気が良くなかったので、
皆で、今後の計画を相談した。

狭い部屋に、目の前でピアノとバイオリン。
ピアノ教室の先生が、ボランティアで
演奏してくれた。

歌集も用意してあり、皆で歌う。

音楽好きの花子さんは、ご機嫌だ。
膝を手でたたいて、リズムをとりながら聞いている。

聞き覚えのある歌になると、鼻歌が出る。

生のピアノとバイオリンは素晴らしかった。



演奏も終わって、昼食。
差し入れのお菓子もいっぱいだ。


花子さんの隣に座ったご夫婦。
ご主人が認知症のご本人だが、
病気を全く感じさせない人だ。

同じ話を何度も繰り返すぐらいで、
気配り、記憶、お話しはごく普通。

ハーモニカを持たせると、
もう何十年も練習をしていないというのに、
見事に、演奏、伴奏をする。

戦後の子供の頃は、
何も遊ぶものがなくて、
これだけだったんだよ。


と、いつも言う。

散歩の途中、皆さんに見せる気配りは
たいしたものだ。

すごく、優しい方だ。



そのご主人が、たまたま花子さんの隣に座った。

花子さんは、一人で食べられないので、
僕がスプーンにのせて、食べさせる。

その日は、刺身定食。
普通だったらお弁当だが、
朝、スーパーの食品売り場に行った時、
刺身の盛り合わせが目に入った。
病院では、絶対に食べられない、
花子さんの、大好物だ。

刺身の盛り合わせ、お握りを買って、
昼食にした。

花子さん、美味しそうに、
ニコニコして食べる。

隣で座っていたご主人が、

花子さんは、本当に笑顔がかわいいね。
前から、ずっと思ってたんだよ。


それを聞いた花子さん、
はにかむように、嬉しそうに笑う。
「ご飯がおいしい」 という笑顔と違った、
明るい表情だ。

花子さん、褒められているのが
ちゃんとわかっている。

いい笑顔だね。
僕がもう少し若かったら、
ほっておかないな。


ハハハ・・・

と笑い出した。
まんざらでなく、明るい顔。

向かい側に座っていた女性が、

あら~
○○さん、花子さんを口説いてる。


いやいや、
本当にかわいいと思ってるんだよ。


皆さん、爆笑。
認知症の人は、思ったままを口に出し、
正直だ (笑)


ありがたいことだ。
怒ったり、泣いたり、わめいたり、
そして、笑ったりする重度の認知症の花子さんを、
かわいいなんて言ってくれる。

家族として、幸せを感じる。



では、晩御飯。
その日の刺身盛り合わせの写真を
撮っとけばよかった。

花子さんは、
豆腐に、大根とひき肉のあんかけ定食。
甘めで、美味い。

豆腐に肉と大根のあんかけ 

僕は、
子持ち鰈を煮てみた。
湯豆腐。
お酒は、神奈川の銘酒
相模灘の純米吟醸

子持ち鰈の煮つけ 

       
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓                   ↓
      にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ