花子さんは、今車椅子に乗っている。
飲み物も、お茶をそのままでなく、トロミ粉を入れて、
ポタージュ状にしている。

 
先週から、体の傾きがひどくなった。
首は直角に曲がり、背中は丸まって、
前傾姿勢。
しかも、右側に傾いている。

歩き方も、歩幅が狭くなり、小刻みだ。
先週の始めには、前から転倒をして
おでこに大きなタンコブと、青あざができた。
指先、足先は内出血をしていた。
 
病院なので、すぐにレントゲンとCTを撮ったが
怪我は異常がない。
でも、歩行が難しくなり、
車椅子に乗って、安全ベルトをつけている。
 
顔が上を向かないので、水を飲めない。
吸い飲みを使って、口に入れたが、
だらだらとこぼれてしまう。

水にトロミをつけて、スプーンにのせて
口の中に入れると、
ようやく、
 
ゴクン
 
と飲み込む。

僕が晩ご飯を食べさせると、
いつもは15分ぐらいで食べ終わるのが、
30~40分かかってしまう。

その代わり、完食で、
コップ2杯、400ccの水分を取らせている。



水曜日にDr.の診察があった。
看護師さんに聞いたら、
「認知症の進行による体幹傾斜」
という診断だったそうだ。

以前、Dr.から、
 
認知症は進行により、体が傾いて歩けなくなり、
いずれ、寝たきりになる。
 
と話しがあった。
そのことは、これまで本を読んだり、
先輩の状況を見ても、十分に知っている。
 

だが、花子さんはまだ早い。
豊かな感情と、穏やかな表情から、
まだまだ、大丈夫。
 
僕は、季節が梅雨から夏に変わり、
急激な暑さと、水分不足からと思っている。


去年のブログを見た。
なんと、去年7月15日の日記に、
全く同じ症状を書いていた。
 
在宅で過ごしていた頃も、
体が傾いた写真を見ると、
バックは、ひまわりや、七夕だ。
 
花子さんは、水分不足から、
体幹傾斜が起こる。


昨年の7月15日の日記は、
4日間起こったことを、まとめて書いている。

それを、日にちごとに、症状の変化を書き出し、
看護師さんに渡した。
 
私は日記をつけているんです。
昨年の日記を見たら、
同じ日に、同じような 症状が出ています。
いつも夏の初めに、体調の変化が起きてます。
 
水分の不足があるかもしれません。
検討して頂けませんか。
 
そうですね。
前もありました。
水分補給と、早く車椅子から降りて
歩けるになれるように考えます。


病院へはブログのことを話していない。
 
毎日日記をつけてるなんて、
スリブリさんは、やっぱりまめだな。
 
と、思ってるだろうな~

でも、全く同じ時期、同じ日に、
同じ、症状になったのは、
看護の参考になると思う。
 

今、僕は毎日病院へ行っている。
行った時は、
目標 500cc。
たっぷりお茶を飲ませる。
 
僕がいるときは、車椅子から降りて、
手をつなぎながら、
病棟内を10分歩行練習をしている。

 

でも、昨年同じ症状の時は、
お茶にトロミをつけずに飲めた。
昼間、看護師さんが多い時は、
車椅子から 降りていたが、
今は一人での歩行は無理。

やっぱり進行はしている。


では、久しぶりの晩御飯。

花子さんは、豚の冷シャブ定食

豚の冷シャブ定食 

僕は、鯖味噌と、親子煮。
親子丼の上だけ。
お酒は石川県菊姫の「純米 先一杯」 

鯖味噌とおやこ煮

 

       
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓                   ↓
      にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ