病院へ一時外出届けを出して、
花子さんを、美容院へ連れて行った。

前回はいつだったろう?
3月くらいだったかな。
ずいぶん伸びてしまった。

花子さんは今車椅子だが、
姿勢が前かがみだ。

髪の毛が顔にかかり、表情がわからない。
顔色もわからず、前にドアに頭をぶつけ、
コブができたのを、看護師さんが見逃してしまった。

それからは、ゴムで髪を止めている。
病院では髪型は自由なので、
特にカットするように言われていないが、
やっぱりすっきりしたほうがよい。

僕は毎日病院へ行くが、いつも夕食の介助なので、
なかなか昼間行けず、タイミングが合わないまま
髪が伸びてしまった。



親父の主治医から説明を聞くので、
それに合わせて行ってきた。

行ったのは、11分でカットをしてくれるお店。
以前は、カットから一通りで40分かかったが、
最近は、もっぱらここ。

花子さんがじっとしていられる限度が10分なので、
ちょうど良い。
安いしね。



美容院へ入ったのが14時。
いつもは順番待ちで並んでいるが、
お客は花子さんだけで、ラッキー。

花子さんの横の椅子に座らせてもらう。

これまではボブ(という髪型らしい)だったが、
くずして、短めにしてもらう。

洗濯バサミみたいなクリップで髪をあげ、
内側からカットしていく。

女性のカットを間近で見るのは初めてなので、
面白い。

花子さんは顔が右斜め前に倒れているので、
左右のバランスを見る時は、僕が頭をおこす。
助手みたいだ。


花子さん、くしでとかしてもらう時は、気持ち良さそう。
でも、髪を引っ張られ、カットの時は、シカメッツラになる。

顔は斜め前に倒れているが、
1分おきに顔をあげて、横にいる僕を見る。
そのたびに、ニコッと笑う。

本当に、1分ごとに、僕と目を合わせて笑うんだな~

美容師さんは、若年認知症の人は
あまり経験がなかったようで、戸惑っていたが、
だんだんと慣れ、
花子さんが笑顔を出すたびに、
一緒になって笑う。

僕と3人で、声を出して笑ってしまった。



すごいよな~
花子さんの残された感性。


これがあるから、毎日病院へ行ってしまう。



10分たってカットが終わった。
シャンプーはないので、ドライヤーで
切った髪を飛ばす。

椅子から降りた途端、
花子さんは大きな声で、怒鳴り始めた。

美容師さんは、驚いてあとずさり。
でも、いつものことなので、僕は気にしない。
手を握って、

良かったな。
気持ち良かっただろう。
すっきりしたよ。


と言うと、笑顔になった。



カット前の花子さん。

カット前 
車から降りる時、
ちょっと表情が悪かったので、隠します。


カット後の花子さん。

カット後 

病院へ戻って、みんなにおだてられ、
笑顔。 (ちょっと写真写りが悪いが)


さて、晩御飯。

花子さんは、肉団子のウマニ定食。

肉団子うま煮定食 

僕は、タイの兜焼。
ジャガイモとひき肉のそぼろ煮も作ってみた。
お酒は和歌山の黒牛

鯛の兜焼きとジャガイモのそぼろ煮 

       
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓                   ↓
      にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 


先週、ファミリーへ一斉メールを出し、
25日の日曜日は、
皆で、親父のお見舞いに行った。

大阪から、弟とお嫁さん、二男の3人が来る。
成田からは、弟の長男、お嫁さん。
近くに住む息子のタロウと、星子さん。

残念ながら、亡くなった姉の旦那さんは、
友人たちとの旅行の予定が入っていたので、欠席、
長女も、前は親父とお袋のところに住んでいたが、
今は独立して、アパート一人住まい。
欠席だった。

お袋と、
親父と同じ病院に入院してる花子さん、僕。

スリブリ家10名でお見舞いだ。



1週間前、看護師さんから、

心臓が弱っているので、いつ急変があるかもしれません。
今ならまだ、目を開けて返事ができます。
頑張っている姿を見せられますので、
会わせたい人に、声をかけたらどうでしょう。


エッツ!!
今はもうそんな段階ですか?


このまま落ち着くかもしれませんが、
96歳の高齢から、いつ何があっても
不思議ではありません。
会っていただければ、それに越したことないです。




その時は、心臓の鼓動が40台で、
時々、20台に落ち、声掛けで戻る。

でも最近は、50台になって、落ちることが少なくなった。
点滴、酸素マスク、心音確認は継続だが、
顔色は良く、熱も下がり、寝ていると、以前と変わらない。


心臓の爆弾だけだ。



僕が花子さんの病室まで迎えに行き、
全員で、親父の病棟へ。

ベットに寝ている。
最近は声をかけても返事が少ない。
でも、表情は穏やか。

何度か声をかけたら、うっすらと目を開けた。
たくさんの人が見舞いに来たのは、
わかった様子。

弟は、先週大阪からの出張があり、
病院に寄った。

僕たちはいつも見ているので、
変化がないことに、安心した。

でも、数年ぶりに会った弟の長男は、
あまりの変わりように、びっくりしたようだ。


親父を前に、みんな集まり写真を撮る。
花子さんとお袋は、車椅子。

僕が携帯で撮ったので、全部で10人だ。

お見舞い 
  ↑
花子さんは、タロウと星子さんに囲まれている。

この日は花子さん機嫌がよかった。
ずっと、笑いっぱなしだった。

最近は、テンション高すぎるほど、
いつも、ケラケラ笑っている。




親父の生命力の強さは、
みんな知っている。

病院からは、危険な状態といわれているが、
皆、、、まだまだ大丈夫!
と、思っている。


大正時代の、関東大震災、
戦時中、硫黄島、シベリア抑留、
最近では、4年前の頭蓋骨陥没骨折、
昨年の、誤嚥性肺炎、胆道癌、
 
すべて乗り越えて、奇跡の復活をした。
皆、それを信じて疑わない。
 


前日の土曜日は、大阪から来た弟家族の3人が、
2階に泊まった。

タロウ夫婦も呼び、お袋を交えての晩飯。
久しぶりに、パエリヤを作る。

お米5合を入れ魚貝、鶏肉、野菜たっぷりの、大鍋料理。
炭で、まんべんなく火を当てるキャンプ料理なので、
ガスコンロは難しかったが、上手に炊けた。

パエリヤ

お酒は、以前頂いて、冷蔵庫でずっと寝かせておいた。
青森の田酒が出している、
酒造好適米「山田錦」の両親の酒。

右が、山田錦の母親「山田穂」
左が、山田錦の父親「短稈渡船」

ふくよかで、香り良く、美味しいお酒でした。
多分、これまでこのブログに載せたお酒の中では、
一番高いだろう。

    
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓                   ↓
      にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
前々回の日記で宣言した、
13日、14日、15日の、日記3連投は、
僕にとって、重い課題でした。
 
予告を信じて、開いて下さった方、

ごめんなさい。

しかも次の更新が今頃・・・
毎日の変化に追いつかない日々です。
 
 
 
親父の症状について、Dr.から、
危険な状態と言われている。
 
肺炎の恐れはなくなり、
点滴から、抗生物質は抜かれた。
 
だが、心拍数が落ちている。
1分間に40前後で、夜間は20台になる。
声掛けをすると、また40に戻る。

それが、夜間だけだったのが、
昼間も20台になることが多くなってきた。

顔色は、以前と変わりなし。
血色は良い。
熱も下がって平熱を維持。
酸素吸入をしているが、酸素95%なので、
はずしても良いくらい。
声掛けをすると、目は開かないが、

オー!

と元気な声を出す。

心臓だけだ。

点滴で、2週間が過ぎた。
また口から、ご飯が食べられることを祈る。



さて、話は変わりますが、
「認知症の人と家族の会」から、
8月号会報「ぽーれぽーれ」が送られてきた。

認知症の人と家族の会には、
11,000人の会員がいるらしい。
このブログに来る人も、会員の方は多いと思う。

その会報の中に、折り込みチラシが入っていた。
9月21日のアルツハイマーデーに向け、
全国で配布するリーフレットだ。

ここ←をクリックするとリーフレットが出ます。

アルツハイマーデーに合わせ、
東京、京都のほか、各都道府県で、記念講演会が行われる。
   ↑                   ↑
    (講演会の内容が表示されます)

また、認知症の理解を深めてもらうために、
全国各地の街頭で、リーフレット配りも行われる。


3年前は、花子さんと一緒に横浜桜木町の駅前で、
チラシ配りをしたっけ。

次の年からは、僕一人で参加。
花子さんの症状の変化を思い出す。

初めてのチラシ配りの時に、
すごく、印象的なことがあった。

そのことを書き終わって、
以前の日記を、さかのぼってみたら、
なんと、同じことが書いてあった。

消しました。

僕の日記は、同じことの繰り返しなので、
まあ、いつも見ている人は、
また、おんなじだ。
と、思っているでしょう。

ただ、このことは、再度読んでほしいので、
リンクします。
ここをクリックして下さい。
    ↓
「2010年9月23日 チラシ配り」




7月31日の日記で、
婦人公論の取材があったことを書きました。

わざわざ、古い号を取り寄せて、
読んでいただいた方がいたことに、
感謝をします。

花子さんと僕の写真がアップになっていたので、
発売された時に、お伝えできませんでした。

でも、そろそろいいかな。

今回のリーフレットには、
花子さんと僕の写真が写っています。


まあ、こんなもんです。



では、晩御飯。

花子さんは、 鯖のカレー焼定食

鯖のカレー焼き定食

僕は、鰯の刺身
手開きで、下ろした。

鰯の刺身 

       
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓                   ↓
      にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 

7月末に、「特別養護老人ホーム(以下特養)入所申込受付センター」から
花子さん宛に手紙が来た。

あなたさまは、特養の入所を希望されていますが、
申込書の有効期限が、8月30日までとなっています。
継続を希望される場合は、申込書をお送りください。

花子さんが入院してから、2回特養の申し込みをした。
でも、第一希望の施設は、
2011年 3月11日確認 400人待機  78番目
2012年11月20日  127番
2013年 2月25日  130番
2013年 4月25日  121番

順番が上がるどころか、逆に下がっている。
一度に5ヶ所申し込めるが、どこも同じようだ。

これは、あとから申し込みがあった人でも、
緊急性、介護状態が高い人が前に入るからとのこと。

ある施設に、突っ込んで説明をしてもらうと、
初回に出た順位は、あまり変わらないらしい。

僕なりに考えた入所テクニック。
  1. 介護状況が変わったら、必ず再申請をする。
    介護度の変更はもちろんだが、
    家族の介護状況の変化、
     例) 介護する人の具合が悪くなり、介護できなくなる
    本人の進行具合、
     例) 今まで歩けたのが、車椅子になった等。
    基本的には2年に一度の再申請だが、しょっちゅう行う。
  2. 申請書には、家族の困った状況、
    本人の置かれている立場を細かく書く。
  3. 希望を出した施設には、月に一度は順位の確認をする。
  4. 希望する施設の、デイサービス、ショートステイを使い、
    本人の介護状況を知ってもらう、
    また、職員と顔なじみになるのも重要。


今回花子さんの再申請を行うに当たり、
8月に入ってから、時間を作って、
特養へ見学に行った。

希望は、従来型の多床室。
12日までに、11カ所の施設を回った。

これまでの申請の時もまわったが、
今回は、花子さんのこれからの住まいになるので、
真剣に見てきた。

施設の雰囲気、対応、方針、提携病院、
看取りをするか、緊急時の処置、組織、
環境、費用、・・・等々

一番重要なのは、皆さんが過ごされているフロアーに入った時、
職員の方の挨拶、笑顔、対応、
ご本人の表情、
フロアーから感じる、暖かい雰囲気、清潔感。



  僕は、美味しそうな料理屋さんを見つけるのは
  得意なんだな~
  工場見学もたくさんしているので、
  一目見るとその会社がわかる。
  施設も、同じ。
  気持ち良さが伝わるところは、間違いない。



11カ所のうち、3か所に絞った。
前回まで、いっぱいの5ヶ所を申し込んだが、
気に入ったところだけにする。

でも、僕が良いと思ったところは、皆さんも同じ評価。
待機人数が多い。
どの位の順位になるかな。



花子さんは、入院してからもう2年9か月になる。
病院から出るように言われているわけではない。
次の行き先が決まらない患者を、
追い出すことはしない病院だ。

花子さんは、この病院に入院して、
看護師、スタッフの温かい看護から、
ようやく落ち着いて生活することができるようになった。

できればここで、ずっとお世話になりたい。

でも、今の社会状況、花子さんの年齢から、
次の段階を考えなければいけないだろう。
準備だけはしておく。



同時に、親父の特養への再申請も考えた。
要介護4から、要介護5に変わったが、
まだ再申請はしていない。
申請をすれば、順番は早く回ってくるだろう。

ただ、親父は昨年8月1日に入院してから、
1年の間に、病状に大きな変化があり、
2回転院をし、良くなって戻ってきた。
いまも新たな症状が出て、治療中だ。

親父の場合は、病院にいる安心感が大きい。
また、特養では入所が難しいだろう。
もうしばらく、お世話になる。


では、晩御飯。

花子さんは、揚げ出し豆腐の中華あんかけ定食

揚げ出し豆腐の中華あんかけ定食  
 


僕は、金目鯛の干物と、ゴーヤチャンプル。
お酒は、灘 沢の鶴の播州産山田錦 

金目鯛の干物

この特大金目鯛は、星子さんの実家から送って頂いた。
お袋に、半分分けた。
ゴーヤは、我が家の庭で僕が作った。
お酒は、親友が神戸に旅行へ行ったときに、
蔵の見学をして、お土産に買ってきてくれた。



       
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓                   ↓
      にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 


残暑お見舞い申し上げます。
 

暦では残暑だけど、暑中&猛暑お見舞いです。
体調崩されていませんか。

我が家は、
僕は元気。
ダイエットをしようと思っているくらい。

だが、家族3人ダウンしている。



花子さんの体の傾斜は、一向に良くならない。
背中が曲がって、下を向いている。
一人で歩くのが危険なので、車椅子に安全ベルトだ。

昼間、看護師さんが、毎日30分歩行訓練をしてくれる。
僕もいつもは夕食介助だけだが、
少しだけ早めに行って、廊下を散歩する。

皆さんから、声掛け応援をしてもらいながらの散歩。
花子さんは、下を向きながら笑顔を見せる。

声を掛けられると、わからずとも必ず笑顔。
嬉しい反射神経だ。

15分ぐらいで足が動かなくなるので、
そこからは椅子に座って、ご飯が運ばれるのを待つ。

花子さんを盛り立てがいがある、楽しい時間だ。

笑顔のまま食事に入らないと、
一気に拒否になる。
でも、成果を楽しんでいる。



親父は、一週間ほど前の昼食で、
ご飯が気管に入り、
一時窒息状態で、意識を失った。

すぐに吸引をして取り出したが、
熱が出て、
それからはベッドに入り、
点滴、酸素マスク、心音のコードをつけ、
ナースステーションに音が伝わり、24時間監視体制。

レントゲン、CTを撮ったところ、
誤嚥性肺炎、脳の異常はない。
ただ、心臓が弱っていて危険な状態らしい。

心拍数が40~50、
音が時々途切れている。

今日は、声掛けをしたら返事をした。

おなかすいてる

と聞いたら、

へった

と答えた。

昨日までは反応がなかったので、
少しは安心だが、
心臓は爆弾を抱えているようなもの。

昨日、8月12日は、親父の96歳の誕生日。

誕生日おめでとう

と言ったら、

ああ、そうか。

これまで危ない橋を、何度も何度も、
奇跡的に乗り越えた生命力がある。

昔から、

100歳まで生きないと損だ。

と言っていた。
復活に期待する。



お袋は、今月初め、
デイサービスから電話をかけてきた。

気持ち悪いんだけど、迎えに来てくれない。

それ、職員の人は知っているの?

みんな忙しそうだから言ってない。


すぐ言わないと。

じゃあいい、
帰り時間まで我慢する。


電話を切ってしまった。
すぐに施設へ電話する。

説明をすると、少し待たされた。

今血圧を測ったら、
上が160で高めです。
体温も37度2分ありました。
これから家までお送りします。


すごく気を使う人なので、私が迎えに行きます。

そう言って施設へ。
お袋ぐったりしていた。

車に乗せ、かかりつけの病院へ連れて行く。

脱水の疑いがあります。
水は飲みましたか。


いいえ、今日はあまり飲んでいないです。

お袋車椅子なんで、トイレと言うと
職員の方に迷惑をかけるので、
あまり言わないで我慢する。

熱中症の見本みたいなもんじゃないか。
少し涼しかったころだったので、油断していた。

すぐに点滴、
一時間かけて、水分補給。

家に帰って、ようやく落ち着く。
今はテーブルにお茶入りのペットボトルを置き、
毎日水分摂取量をチェックしている。

それから2日後。
庭で転んで、頭を打ってしまった。

雑草が気になって、抜いた。 だと。
外では車椅子なのに、庭に下りてしまった。
すぐに病院。

脳に異常はないというので、様子見。
でも、こぶの青たんがだんだん下りてきて、
今は、目の周りが青くなっている。



この暑さを乗り切れば、
みんな無事に過ごせるだろう。



今年は花子さんの体調が悪いので、
お盆に茨城へ行くのを中止。

涼しくなってからのお楽しみにしておく。



更新が遅れているので、
13日、14日、15日は、
3連投と思っていた。

でも、昼間忙しくて、
今あわてて打ち込んでいる。



3連投できるでしょうか。

では、晩御飯


花子さんは、茸のホワイトシチュー定食

キノコシチュー定食 

僕は、ピーマンと椎茸の肉詰め。
前回ハンバーグを載せたが、翌日は肉詰めが決まり。
タネの使いまわし。
お酒も同じ、湘南。

ピーマン・椎茸肉つめ 

この写真は、6月頃の料理。
更新が遅れているんで、写真がたまっている。
今うちの冷蔵庫は、いただき物と買い付けの
美味しい日本酒がいっぱいある。
 

       
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓                   ↓
      にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ