前回の、父が他界した記事を読んで頂き、
たくさんの方から、お悔やみ、励ましのコメントをいただきました。

コメントでなくても、カウンターを見れば、
大勢の方が気にして頂いた、
激励を感じます。

僕がブログをやっていて、良かったと思ったことは
今までもたくさんあります。

今回は、本当に感謝しています。

続けて良かった。

こんなに温かい人たちに恵まれ、
幸せに思います。

ありがとうございました。



亡くなってから、葬儀、明日で十四日。
たくさんのことがありました。

追々、書いていきます。




葬儀には、花子さんの兄弟も来てくれた。

花子さんの実家は茨城。
4人兄弟、お兄さん3人の末っ子一人娘。

貧しい農家(自分たちが言っているので、
   失礼ながらそのまま書きます)
だが、愛情たっぷり、かわいがって、育てられた。


葬儀は、火葬場の都合で8時半からだった。

長男夫婦、次男夫婦がそれぞれ自分たちの車で、
朝4時出発。
4人で来てくれた。

残念ながら、花子さんは欠席。
今の症状だと、長時間じっとしているのは難しい。
 

僕の高校時代の友達は、
タロウの結婚式の時のように、
付き添う気持ちでいてくれたが、
とても持たないので、非常に残念ながら、欠席にした。

でも、せっかく来てくれたお兄さんたちには、
会わせたい。

葬儀、初七日法要が終わってから、
タロウに運転させ、お兄さんたちを病院へ連れて行った。

僕が行きたかったけど、
抜けるわけにいかないので、息子に任す。
 


病院へ着いたら、兄さん夫婦4人をロビーに待たせ、
タロウが病棟に入り、花子さんを外に出した。

認知症専門病院の、病棟。
僕達は平気だが、兄さん達は慣れていないのと、
回りが気になり、話もできないだろうとの判断。

タロウが病棟に入ると、看護師さんから、

今日は、花子さん、あまり機嫌がよくないんです。

と、言われたらしい。
怒りモードだった。

タロウを見て、ほんの少しだけ、表情が落ち着く。

病棟から出て、ロビーに行く。
タロウが言うには、

お兄さんたちの顔を見たら、明らかに表情が変わったよ。

花子さん、懐かしい顔を確認できたようだ。
良かった。

でも、兄さんたちは、結婚式の頃から比べ、
あまりの変わりように、驚いたみたいだ。

それでも、笑顔が出たらしい。
励ましてくれて、
茨城へ帰った。



その日の夜、
兄さんのところへお礼の電話をした。
義姉が出た。

花子ちゃんに会えてよかったよ。
花子ちゃん、私の手を握って、

「おかあさん」って言ったんだよ。

お母さんと言うとは・・・
明快に聞き取れる、言葉が出るとは・・・

兄さんたちが、茨城の空気を運んでくれた。



涼しくなったら、茨城へお墓参りに行こう。


       
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓                   ↓
      にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ