親父の七七日法要が終わった。
     ↑
(四十九日のこと。 こう呼ぶのを始めて知った)


以前、
四十九日が終わるまで忙しいよ。
と、アドバイスを受けたことがある。



本当に、ぐるぐる回る忙しさだった。



お袋の病院付き添い、介護、
仕事の打ち合わせ、納品、事務処理、
花子さんへの介助、
自分の通院。

それらは、親父の喪中とは関係なく入る。

その間、人前で話すのが、4回もあったし、
家族会、介護にかかわるイベントもあった。

もちろん、お寺、霊園との打ち合わせもある。

各所へ死亡届、名義変更、登記、相続もあった。



あらためて手帳を見たら、
すべての日に予定が入っている。


でも、納骨が終わり、
新しく購入し、開眼した仏壇に線香をあげると、
安らぎもある。


見守ってくれよ。

親父・・・


   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓                   ↓
      にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ