11月3日は、花子さんのお父さんの命日だ。

茨城の実家へ、二人でお墓参りに行ってきた。

お盆に行くつもりだったけど、
あまりの暑さで延期した。
ようやく過ごしやすい季節になったので、
この時を逃すと、来年の春まで行けそうもない。
思い切って、行ってきた。

息子のタロウたちは、
星子さんのお母さんが泊まりに来ているので、
今回はパス。

お袋を見てもらえるので、ちょうど良い。
4人で一緒に夕食をしたようだ。 



9時に病院へ迎えに行く。
20時には病院へ戻らないといけない。
晩御飯が18時で、取っておけるのが2時間まで。

3連休の谷間なので、それほど混んでないだろうとの読み。


行きは順調だった。
僕の住んでいる所から常磐道に乗るには、
すいている首都高速を何本も選べる。
交通情報を聞き逃さず、快調なドライブ。

花子さんは車に乗るのが好きだ。
流れるCDの、小田和正を聴きながら、
           ↑
(神奈川県に住んでいて、朝日新聞を読んでいる人は、
 ご存じ?? ローカル情報でごめんなさい)

手をたたいて、ご機嫌。



昨年5月に、息子夫婦と4人でお墓参りに行ったことを書いた。
  (ここをクリック → お墓参り
 読んでほしい記事です)

その時の強烈な印象があったので、
今回、どのような感情を出すか楽しみでもあった。



途中パーキングエリアで、昼食、トイレ休憩をとったので、
お墓に着いたのは、1時半頃だ。

お墓までは、舗装をしてない凸凹道を歩く。
病院で歩く練習をしているが、
廊下の平面なので、段差のあるところは難しい。
手を強く握って、お墓まで。

お墓は震災の影響で、がけ崩れがあり、
傾いていたが、5月から3か月かけて工事をしたので、
立派になっていた。

御影石の段のところに座らせ、
ろうそくに火をつけ、お線香をあてる。

わずかに手を離したすきに!!!



花子さん、前かがみのまま、転び、
おでこをぶつけてしまった。

なんということだ!!!
僕としたことが!!!!!

絶対に手を放してはいけないのに!!!!!

おでこを見ると、石にこすり、血が出ている。
腫れも出てきた。

花子さんは、
え~ん、え~ん、泣いている。

せっかくの墓参りだっていうのに。

座った姿勢からの転倒で、あまり強く打っていないが、
痛そうだ。

申し訳ない。
ごめん、 ごめん、  ごめんなさい。
大反省だ。 


しばらくすると泣き止んだ。
お墓に、花、お線香をたむける。

手を合わせてお祈りをしたが、
花子さん、前回の感動をくれなかった。

まあ、仕方ない。
せっかくの墓参りに、怪我をさせた僕が悪い。


お墓の近くに、花子さんの実家がある。
長男家族と、次男家族が住んでいる。

長男のところへ行き、バンソコウを貼って、
氷をもらって、冷やした。

もう痛みもなく、花子さんは、ニコニコしていた。
長男は、4世帯が住む大家族。
次々に子供たちが出てきて、花子さんも笑顔だった。

次男家族へも訪問。
花子さんが子供のころ、一番優しく面倒を見てくれた兄さん。
でも、花子さん、怒りモードに変わってしまった。

ずっと声を出して、怒鳴っていた。
これまで次男は、花子さんの変化に、
ずっと心を痛めてたのに、
さらにショックを与えてしまった。



時間を見たら、16時半。
なごり惜しかったが、また春に来ることを約束して、
茨城を後にした。

途中混んでいたが、
何とか、20時前に病院へ戻ることができた。

とっておいてもらった晩御飯を食べさせながら、

今日は楽しかったな。

???

茨城へ行ってきたんだよ。
覚えてる?


しらない

車にずっと乗っただろう。

??

お墓参りに行ったんだよ。

そうなの

お父さんと、お母さんに会ってきたんだよ。
手を合わせて、これからも見守って下さいって
言ってきたんだよ。


そしたら、花子さん、

目が真っ赤になってきた。
だんだんと涙があふれ、
頬を伝わってきた。

怪我した時、声を出して泣いたのとは全く違う。

懐かしさと、愛情に満ちた涙だ。


良かった・・・
感情は、しっかり残っている。
認知症が進行して、自分のことは全くできず、
言葉も不自由になってきたが、
気持ちを伝える言葉がたくさん出た。

豊かな感情はそのまま。
また、感動をもらえることができた。


さて、晩御飯
花子さんは、 団子の野菜ホワイトソースかけ定食

野菜団子定食 

僕は、
2番目の兄さんが、その日の午前中、
霞ヶ浦でワカサギを釣ったので、お土産にくれた。
天ぷらにした。
あとは作るのが大変なので、納豆とキャベツ。
お酒は、山形の初孫。

ワカサギの天麩羅 

 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓                   ↓
      にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ