今日は一人で、スーパー銭湯
 (?この言い方合ってるのかな?古い?)
へ行ってきた。


祭日!
お袋はデイサービスでいない!
日曜の雪かきで体が痛い、!
ここんとこ忙しいだけで、ゆっくりしていない!
ストレスがたまっている!!

いろんな条件がそろって、
お風呂屋さんへ。



以前、息子のタロウが、
夜勤明けで、風呂に行くというので、
車を借りに来た。
その時、一緒に行ってみた。
家から、車で30分くらい。 



今回は、一人で行くことにした。
ヤッパ、マイペースで、
気ままにゆっくりするには、一人に限る。


祭日だが、午前中はたまった仕事。
昼になって、出かけた。

途中、大好物の「家系ラーメン」を食べて、
1時に、風呂屋さんへ。



ここは、岩盤浴が、5種類もある。

気持ち良かったな~
途中、寝てしまった。

多分、いびきをかいていただろう。

僕は、いびきをかくのを知らなかった。
一昨年、家族会の旅行へ行った時、
同室の人から、

スリブリ君は、いびきをかくんだね。

と言われた。
わざわざ言うくらいなんだから、
よっぽど、デカイいびきだったんだろう。

なんたって、一人住まいだと、
いびきをチェックしてくれる人はいない。

岩盤浴は、男女一緒。
まあ、リラックスする場所なんで、いいかな。



お風呂も、何種類もあった。
もちろん、ここは男女別。

祭日なんで、芋を洗うほどの混雑。

でも、どの人も、リラックスして、
良い表情だった。



両方入って、1,100円。
1時から4時までいた。

ストレスを抜かせてもらいました。

家に帰って、お袋をデイサービスからのお迎え。

5時半に、いつものように、
花子さんの病院。


昨日行った時、
熱が37度5分あったというので、
風邪薬を飲んで、寝ていた。

一昨日、行った時は、
なんだか声が、ガラガラしていた。

でも、今日は元気に回復。
ニコニコして、凄く機嫌がいい。


良かった。
たまの、のんびりを
させてもらいました。


 
花子さんの晩御飯。
ようやくお粥が、普通の白米になった。
おかずは、まだきざみ食。

今日は、天ぷら定食。
天ぷらは、キス、ナス、サツマイモ、カボチャ、ピーマンと
豪華だったが、きざんで、大根おろしと天つゆがかかっている。 

 天ぷら定食 

僕は、
チゲ鍋。
野菜と、タラ、鶏肉がたくさん入っているんだけど、
沈んでいる。
〆は、雑炊。バカウマ。

お酒は、料理用に用意してある紹興酒。
使うより飲んでる方が多いが。 

チゲ鍋  

   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
先月、僕が住む町内会を担当する、
地域ケアプラザ(地域包括支援センター、地域活動、居宅支援等の事業所)
主催で、

「家族介護者の声を通して
 ~認知症を知る~」


という講演会があり、
僕に依頼があって、お話しをしてきた。

僕一人で、1時間半、
募集30名のところ、50名の出席。


大丈夫かな???


町内会の、知った顔の人も来るだろうし、
新聞の影響で、なんか、変な期待もされてる。

ブログで書くことと、
新聞記者が僕の話しを聞いて、書くこと、
それらと、
大勢の前で話すことは、全く違うんだから。


もともと、あがり症なんだし・・・


でも、引き受けたからには、
参加された皆さんが、
「良かった」と、思ってほしい。

最近、他のところでも何度か話しているので、
それらをまとめ、手を加えて、
原稿を作った。


1. 介護体験  50分

2. 杉山孝博ドクターの「認知症の理解と介護」を
   参考図書にして、認知症の理解と、介護の仕方を
   15分
   この本は、介護家族にとって、バイブルともいえる本だ

3. 僕たち介護家族が編集したハンドブックをテキストに、
   認知症の人が使える制度を 15分

4. 質疑応答を 10分



原稿ができても、その通りとはいかなかった。
話しているうちに、昔のつらいことを思い出し、
感情が高ぶってしまうし、
制度の数字も、うまく言えない。


僕が最も訴えたいのは、

昨年のアルツハイマーデーのメッセージでもある、
「忘れても 心は生きている 認知症」
豊かな感情を持ち、人として、一生懸命生きていること。

そして、早くから周囲の人に伝え、
たくさんの手を借りながら、介護をしていく。
差し伸べていただく手は、遠慮なく受ければよい。
それは、「お互い様」なので、返していけばよい。
優しくしてもらえると、自然に優しくできる。



昨日、地域ケアプラザから、
会場で回収したアンケートをまとめたものが
送られてきた。

アンケート回収率 78%

講演会の内容はいかがでしたか
    とても良かった  72%
    良かった      19%
    ふつう         8%

心配しながら見た結果に、ほっとした。


その理由として書いていただいた意見が
   22件
感想は、
   17件

一つ一つ、じっくり読んでいたら、
涙が出てきてしまった。


想像以上に評価をいただいた、感謝の気持ち、
また、厳しいご意見も。
だけど、この意見が一番ありがたい。
自分を見直せるし、次につなげることができる。

何より、介護に苦しんでいる人がたくさんいる。
持っていきようのない、不安だらけだ。
 
辛い状況に、涙する。


僕は、幸い、
このブログと、家族会に出会ったことで、
本当に救われている。
家族会の存在を知らない人もたくさんいる。



お役にたてればと思う。
それが僕にとって、
差し伸べていただいた手への、
「お互い様」の、お返しだ。



今回の講演は、息子のお嫁さんの星子さんも
参加した。

ずっと、ビデオを撮ってくれた。

自分がしゃべってるのを、映像で見ると、
すごく、恥ずかしい。

俺って、こんなに鼻がでっかかったっけ???
 (たぶん、一部の人は、大笑い)

でっかいのは知ってたよ。
でも、鏡だとそんなに目立たないが、映像だと、
かなり、大きい (*_*)


話の癖が、すごくある。

まず、早口。
聞き取れない。

ブログでは句読点だらけなのに、
話しは、間がないので、聞いていて疲れる。
息ができない。

「あの」が多い。

自分でわかっているので、みんなも知っていると勘違い。

視線が、下向き。
 (僕は、人の目を見て話すの苦手だからな~)

数字ばかり並べて、理解できない。

まだ、他にもたくさん


まあ、素人ですから。


今回の講演で使用した本2冊は
現在も販売しています。

ご希望の方は、こちらをご覧ください。
②、③がそうです。
      ↓
     ここ


さて、晩御飯。
花子さんは、 寄せ鍋定食
豆腐はそのまま。
あとは、きざんであった。

寄せ鍋定食 

僕は、以前タロウ、星子さんが
お袋の見舞いに来たときに作った料理。
お袋も入れて、4人で食べた。

白菜と豚バラ肉の、ミルフィーユ鍋。
最近、味の素のコマーシャルでやっているが、
僕は、もっと前から作っていた (^_^)v
ここにも載せている。

まずは、仕込み。

ミルフィーユ鍋仕込み 

出来上がり。
お酒は、宮城の 浦霞禅

ミルフィーユ鍋出来上がり 

食べ終わった後の仕上げは、ラーメン。

ミルフィーユ鍋仕上げ 

   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

 ≪ お知らせ ≫ 

朝日新聞神奈川版で、僕たち家族のことが15回の
連載で記事になりました。
その記事がまとめられ、インターネット上で本になり
発売されています。
購読料は、210円です。
ご興味のある方は、左側下段の「メールはこちら」から、
「WEB本希望」と書いてお送りください。
(メールアドレス以外、個人情報はいりません)
URLをお知らせします。
我が家はいつも、
「不幸中の不幸」
が多いが、
今回のお袋の骨折は、
「不幸中の幸い」だった。



お袋は、1月15日早朝に足首を骨折し、
その日にギブスをつけた。
昨日、ギプスをはずし、サポーターになった。

86歳での骨折は、
そのまま寝たきりになってしまうのではないかと
心配したが、
幸い、骨折箇所がよかったので、
重症にならないですんだ。

週4回のデイサービスにも行けている。

レントゲンで診ると、骨折箇所はまだついていないが、
ズレていないので、サポーターで良いとのこと。

まだ入浴は控えたほうがよく、
シャワー浴だけだが、
僕が、16日ぶりに足湯をしてあげたら、
すごく気持ちいいと、喜んでいた。



ただ、この怪我をきっかけに、
認知症が急激に進んだ。

怪我と認知症は、直接の関係はないだろうが、
怪我に対しての不安、
人に頼らなければ、何もできない不自由さ、
これから先の心配。

そんなのが重なって、認知症の症状が出てきている。



僕はいまだに、2階で一人で晩飯、就寝をしている。
だが、生活の時間が大きく変わってきた。



デイサービスのある日は、
7時頃1階に下り、お袋のトイレ、おむつ替え、着替え。
朝食を作り、食べさせている間に、
出かける準備と、周りの片づけ。

2階に上がり、僕も食事をして、
朝のお勤め ( トイレ(^.^) )
8時半ごろもう一度下へ降り、
足の包帯巻き直し、玄関へ移動。

9時に送り出し。

洗濯、掃除等で、
ようやく、10時から仕事開始。

16時30分に、お袋帰宅。
着替えさせて、
夕食の準備。
 (月~金は、生協の宅配弁当利用)
用意を済ませ、
17時20分に、花子さんの病院へ。



ここでも食事介助と、
まだ車椅子なので、
僕がいる間は少しでも歩けるようリハビリ。

花子さんの歯を磨き、ベッドまで連れて行き、
18時45分に病院を出る。



家に帰ったら、まずお袋の様子を見て、
寝させる準備。
19時30分ころには、ベッドに入る。

それから2階に上がり、
僕の晩飯の料理、
晩酌をしながら食事。


デイサービスのない月、金、日は、
お袋の分の昼食も作り、
宅配弁当のない土曜日は、弁当を買う。
せめて日曜は、僕の手作りの晩飯。


だいたい、毎日がこんな感じかな。



ただ、ここに、認知症の不穏症状が入ってくる。

多いときは、23時、3時、6時に、
2階に内線電話がかかる。

なんだか玄関でドアを開ける音がして、誰かが入ってきた

今日は、どこへ行くんだっけ

これから病院へ連れて行って


下に行って、話すときもあるし、
電話で説得。

朝、着替える時、

あら、私のセーターがない。
きっと、Kちゃんがもっていたんだ


86歳のお婆さんの服を、24歳の孫娘が持っていくわけない。
探すと出てくる。

僕にも、

あんた、ここにあったお金いじった?
無くなってるんだけど。

さらに、
毎日同じことを、初めてのように何度も話す。

こんなことがしょっちゅうだ。


まあ、これは認知症の周辺症状だと思えば、
なんてことない。

おかげさまで、対応の仕方は知っている。

夜、僕が一人で、まったりと晩酌ができ、
自分の部屋で、寝させてもらえると思えば、
真夜中に起こされても、
問題なく辛抱できる。


トイレの失敗も多くなったな。
お袋はプライドが高いので、
絶対息子に、下の世話をさせないと思っていたが、
今はやらせてくれる。

初めてのときは、

情けない

と言って、泣いていたが、
今は、できなくなったあきらめか、
僕が言うとおりにさせてくれる。

デリケートな部分なので、
傷つけないよう、用心しながらやっている。



さて、晩御飯。
花子さんは、まだお粥と、刻み食。
焼きサバの野菜あんかけ定食。
サバは、ちゃんとほぐしてくれる。

焼きサバの野菜あんかけ 

僕は、金目鯛の煮つけ。 美味かった。
お酒は、宮城県の銘酒 浦霞 禅 
 
金目鯛の煮つけ 

   
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

 ≪ お知らせ ≫ 

朝日新聞神奈川版で、僕たち家族のことが15回の
連載で記事になりました。
その記事がまとめられ、インターネット上で本になり
発売されています。
購読料は、210円です。
ご興味のある方は、左側下段の「メールはこちら」から、
「WEB本希望」と書いてお送りください。
(メールアドレス以外、個人情報はいりません)
URLをお知らせします。