僕は、社交不安障害と言う病気を持っていて、
精神科に通院しているのは、皆様ご存じの通り。

2007年3月が初診だから、
もう、7年のお付き合い。
今でも、抗鬱剤の「パキシル」を飲んでいる。

だけど、自分的には、かなり快方したと感じ、
人前にも積極的に出ている。

診察は3か月に一度。
安定しているので、Dr.に近況を聞いてもらい、
薬が処方される。
 
前回一月も、僕の新聞記事を見せて、
励まされた。

病院から出ると、
近くに市場のような商店街があるので、
そこで美味しいものを食べ、
満足して帰るのが、いつもの楽しみ。



先週の金曜日が診察日だった。

最近どうですか。

はい。
このところ順調で、
人前にも自信を持って出られるようになりました。


決まり文句になっている。

ご家族の様子はどうですか。

母の認知症が進んできています。
つい最近転んで、
ろっ骨にひびを入れてしまいました。

  (足首の骨折はすでに書いているけど、
   ろっ骨のひびは、始めて書きました)
他にも、膀胱炎になり、
週に2~3回は病院へ連れて行ってます。

  (先生は花子さんの主治医でもあるので、
   花子さんのことは、特に報告なし)

4月から家族会の世話人を受けました。

スリブリさん、
そんなことまで受けて大丈夫ですか。
あなたが今やっていることは、
本末転倒ですよ。

奥様の介護が大変で、あなたがすべてやることに
危険を感じて入院させました。

やるべきことは、自分の時間と仕事であり、
休息を持つことです。


家族会の仕事を受けるのは、
私にとってやりがいをもてることで、
張り合いになっています。

頼まれると、予定がなければ、
できるだけ入れるようにしてしまいます。


それは、「依存症」になっています。
予定がないと埋めなければならないという
強迫観念が働いています。

危ない状態になっています。

私は主治医なので、厳しく言います。
他の人は、「体を大事に」とか、「頑張ってますね」と
言うかもしれません。

思い当たることはたくさんあります。
あらためて指摘をされると、考えてしまいます。

ただ、これまでは、
人前で話ができなかったのができるようになりました。
私の話を聞いて涙を流してくれる方もいます。

家族会で悩んでいる人たちの相談に乗ると、
感謝されることがたくさんあります。

頼られる嬉しさがあります。

苦しんでいる人が心配で、
つい踏み込んでしまい、
何とかしてあげたいと思います。

今は、介護にかかわれることが喜びでもあるんです。

それが「依存症」でもあるのです。
スリブリさんは、今、
自分をコントロールできなくなっています。

急に倒れるということもあります。

主治医として、ドクターストップをかけます。
私から言われたと伝えても構わないので、
よく考えて下さい。






いや~~
すごいショック。

それから数日は、
先生が言った、

依存症

ドクターストップ


が、頭から離れない。


自分としては、無理しているつもりはないんだが。
出来る範囲で受けてるつもり。

ただ、改めて手帳を見ると、
無茶な予定も入っている。

一日に数件の、時間刻みの予定や、
毎週、定期的に東京へ行くスケジュール。




花子さんが認知症にならなければ、
絶対に巡り会えることができなかった人たち。

どの人も、辛さの経験から、優しさにあふれている。

ボランティアに力を入れ、
なぜそこまで、と思う人もいる。

これから介護家族として、
大変な時期を迎えようとしている人に、
僕のわずかな経験でも、役に立ちたい。 



 
動くのが好きだ。

楽しいんだよな~

生きがいを感じるのだが。



だから、大丈夫!



さて、晩御飯

花子さんは、豚肉のスープ煮。

豚肉のスープ煮

僕は、激辛麻婆豆腐+ナス
お酒は、愛媛の千代の亀

 激辛マーボ豆腐なす 

 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ