ここんとこ3~4日間は、
花子さん、非常に機嫌が悪い。

ずっと怒鳴って、怒りモード満載。

夜も部屋で声を出していて、
あまり寝ていないようだ。

昼間は、ナースステーションにいることが多い。
認知症病院は、敏感な人もいるので、
不穏状態の人がいると、
伝染することがある。

ナースステーションの看護師は、
時々声をかけながら、
仕事をしている。

横には、CDプレイヤーが置いてあり、
花子さんが落ち着くように、
ずっと童謡が流れている。

いつもだと音楽を聴くと
手を叩きながら、
一緒に口ずさむのだが。

その効果、
全くなし。


朝食、昼食は大変なようだ。
なかなか口を開けないし、
口に入れても噛まないで、
話をしだす。

機嫌が悪いと、口の中に入っている食べ物を、
遠くに飛ばすように、
噴き出す。



僕は、その間も、
夕方に、ずっと病院へ行っているが、
なかなかご機嫌が良くならない。

何かに向けて、怒っている。
怒鳴り声が、病棟に響く。


廊下を散歩すると、
いつもの洗面台の前。

そこは、花子さんがご機嫌になる場所だ。

鏡に映った花子さんと僕を見せ、

ほら、
花子ちゃんだよ。

こっちの人は誰だ?

お父さんだよ。

と言うと、必ずゲラゲラ笑いだす。

今回は、鏡の前もダメ。
叩こうとして、鏡と喧嘩が始まる。

そりゃそうだ。
鏡に映っている人は、
目がつりあがって、
一緒になって怒っている。

自分が映っているとは思わない。
怒っている女の人がいるんで、
さらにおこると、鏡の中も怒る。


すれ違った看護師さんが、
ご機嫌を取ろうと話しかけると、
目をむき出しにして吊り上げる。



こりゃだめだ。

面会室に行って、食事。

何度か噴きだすが、
なだめて、食べさす。

花子さんは、声が出ている時と、
何か口に入っていると、
絶対に食べない。

飲み込んだり、息をつく瞬間を狙って、
スプーンの先を唇に当てると、
口を開ける。

狙い澄まして、口に入れる。

時間がかかるはずだ。



病棟を出る時、看護師さんに聞いた。

あまり調子が良くないみたいですね。

そうですか。
申し送りはありませんでしたけど。


ずっと怒ってました。

声が出てるだけで、大丈夫ですよ。

なるほど、

病院では、熱があったり、咳をしていると
調子の悪い部類なんだが、

大声を出すのは、
どうってことないんだ。

ちょっと、安心。



今日、いつものようにまた行く。

病棟の前で鍵を開けてもらうので、
インターホンを押す。

出てきた看護師さんが、

花子さん、今日はご機嫌ですよ。

そうですか。
ありがとうございます。


僕が気にしているのを聞いて、
伝えてくれたようだ。


デイルームへ行った。

花子さん、落ち着いて座っている。

面会室を他の人が使っているので、
どこで食事をするか、看護師さんと話していた。

そうすると、

花子さん、僕を見つけて、

わあ~~~

大声を出して、喜んだ。

少し離れているところなのに。

車椅子に座っている状態で人を見るのは、
顔を上げないといけない。

下を向いていることが多いのに、
顔を上げたんだ。

しかも、

僕を、ちゃんと確認できた。

大好きなお父さんが来たというのがわかった。


いつもだと僕を認識させるのは、
一生懸命話しかけて、

お父さんだよ

と、言い続けて、ようやく、わかる。
それが、話しかけることもしていないのに、
自分で見つけて、声を出した。

すぐに駆け寄る。

お父さんだよ。
よくわかったね。

うん。

うれしい?

うん。

顔を、くしゃくしゃにして喜んだ。

散歩している間も、
ずっと笑顔。

僕の方を見て、
目を合わせると、ニコニコする。



奇跡が起きた。(momoさん風



晩御飯も機嫌よく食べる。

昨日までの不安定の状態はなんだったんだろう。

急に寒くなった、季節の変わり目を
敏感に感じたのか。

その前熱を出したので、それが尾を引いたか。



食事が終わって、
車椅子に乗せ、部屋に移動。

いつもだと眠くなるのだが、
元気だ。

ベッドの横に椅子を固定。
ここから先は、
看護師さんがオムツ交換をして、
ベッドに寝かす。

部屋を出ようとした。

入院して3年10か月になるが、
今まで、帰るときに一度も、

帰るよ。
また明日来るね。


は、言ったことがない。
僕がその場からいなくなるのを知らせたくないからだ。

今日も、そのまま部屋を出ようとした。

なんと、目で僕を追っかけているではないか。
しかも、ニコニコして。
ずっと見ている。


見送りをするなんて、これまでなく、
初めてのことだ。


思わず、引き返してしまった。
手を握って、もう少しおしゃべり。

そして、部屋を後にした。



もう、僕のことはわからなくなっている。

そう思っていた。

実際、夫としての僕は、わからない。


でも、今一番好きな人と言うのはわかっている。





では、晩御飯。

花子さんは、 カレーシチュー定食。
カレーシチュー定食

僕は、激辛のマーボー豆腐
あと、鶏の塩焼き、庭になっていた茗荷を
たっぷりかけた。
お酒は続けて、惣誉。
激辛マーボ豆腐、鶏焼き茗荷かけ 


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
はじめに、
ローカル情報ですみません。

講演会のお知らせです。 


講演会  みんなで支える、認知症
     ~家族と地域と行政と・・・共に手を携えて~

内容  ① 認知症の予防と発見
        精神科医師
     ② 横浜市の認知症施策
        横浜市役所職員
     ③ 地域で支える、相談とサービス提供
        地域包括支援センター
     ④ 認知症の介護体験とサービスの利用
        認知症の人と家族の会 介護家族
     ⑤ 認知症疾患医療センターの機能と利用方法
        大学病院ソーシャルワーカー

日時  平成26年9月15日 祝日 月曜
     14時~16時30分

会場  桜木町 横浜市健康総合福祉センター

参加費  無料
定員  280名 FAX、または手紙での申し込み先着順

  

さて、
まいにち(とは言えないか)
ほとんど毎日病院へ行って、
花子さんの晩御飯介助をしていると、
きれいに完食させて、水400cc飲ませるのが、
普通になっている。

食べ終わるまでは、帰らない(笑)
でも、無理やりは一度もしたことない、
なだめすかして、
笑いを呼んで、ご飯を楽しんでいる。

20分、かかる。

食べ終えて、歯磨きをすれば、
すっきり、さわやかで、
気分がいい。

ご飯と一緒に飲ませる、
睡眠誘導剤が効いて、
歯磨きが終わると、
眠くなって、ベッドまで連れて行く。

花子さんの晩御飯は、いつも特別室。
  面会室だが。

二人だけになって、ゆっくり食事。

病院でも習慣にしてくれて、
晩御飯は、指定席だ。

そこには、冷蔵庫、お茶を作る台所もある。

食べさせているとき、
看護師さんが、やかんにお茶を入れていた。

僕はいつものように、

今度は魚だよ。
大きい口を開けよう。
あ~~ん


花子さんはつられて口を開ける。

美味しい?

うなずきと笑顔。

聞いていた看護師さんが、

花子さん、喜んで食べてますね。
口を大きく開けてくれましたね。

一緒になって喜んでくれた。

いつも完食するので、

普段はあまり食べませんか?

朝がなかなか食べてくれません。

昼は、遊んでしまうことがあります。

花子さんが遊びながら食べるのは、
いつもある。

食べることに集中できず、
声を出して歌いはじめたり、
一生懸命しゃべりだす。

僕は、一対一だし、
自分のかみさん。

遊びにつきあいながら、
何とか食べさす。

45人にスタッフ3人体制だと、厳しいものがあるのかな。

でも、ここの病院のスタッフは、
とても優れている。

あきらめずに、頑張ってくれる。
信頼できる人たちだ。

いつも感謝している。



花子さん、昨日38度5分の熱が出た。
今日は、37度まで下がる。

でも、食欲はある。
水分もちゃんととってくれる。

飲み込みに注意しながら、晩飯。

大きな声も出ている(怒り声だが)ので、
まあ、大丈夫だろう。



さて、晩御飯。

花子さんは、鮭の野菜あんかけ定食

鮭の野菜あんかけ定食

僕は、肉厚豚ステーキ、ニンニクたっぷり
特大皿に、一緒盛。
メチャ美味かった。
お酒は、前回と同じ、栃木の、惣誉

豚ステーキ 


ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。
   ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

世間では、お盆休みか。

うちには、その言葉はないな~

朝は、お袋をデイサービスに送り出し、
いつもと変わらず、パソコンの前に座り、
仕事と、介護関係の頼まれごとのまとめ。

夕方になると、花子さんの病院へ行き、
食事介助と、歩行のリハビリ。

変わらない毎日が過ぎていく。



花子さんのご両親が元気な頃は、
8月13日~15日にかけ、
その前後1週間は、いつも茨城の実家に行っていた。

息子のタロウは、8月は茨城の記憶しかないと思う。


僕の、親父、お袋は横浜の出身。
帰省する、故郷という田舎がなかった。

田舎に、凄く憧れていた。
花子さんと一緒になってからその田舎ができ、
8月の帰省を、一年中楽しみにしていた。

時間に縛られず、余計な気遣いをせず、
のんびりと過ごせる、大好きな故郷になっていた。

でも、9年前にお母さんが他界してから、
泊りがけで帰ることがなくなった。

花子さんが認知症と診断されたのと同じ年だ。

それからは、お墓参りに帰るくらいになってしまった。




我が家のお盆は、7月に済ませた。
昨年9月に親父が他界し、今年は「新盆」

茨城の実家の新盆は、すごく盛大。
部屋には飾りきらないほどの提灯が立ち、
玄関、門にも並ぶ。

町内会の人が変わり代わりやってくる。
こちらでは聞かない挨拶を述べて(忘れてしまった)
頭を下げる。
お供え物もいっぱいだ。

遠くの親戚も皆さんやってくる。


我が家は、身内だけで済ませた。
親戚にも声をかけなかった。

飾りつけをして13日に息子夫婦と
お墓までお迎えに行く。

14日に、お袋、弟、息子夫婦、姪、そして僕の6人で、
お位牌の前で夕食を共にした。

15日にお袋と姪っ子と一緒に
お墓まで送りに行った。

お袋は涙ぐんでいた。

僕たち家族には、これで十分。

親父も喜んでくれたろう。



こじんまりとした盆飾り。

盆飾り

お仏壇の前のお袋
顔半分は、姪。

お盆2 



お盆の料理とは関係なく、
晩御飯

花子さんは、クリームシチュー定食。

クリームシチュー定食

僕は、この時期しょっちゅう作る、
ゴーヤチャンプル
今年は、ゴーヤがあまり育たない。
連作だからかな。
隣のきゅうりとトマトも僕が庭で作った。
お酒は栃木の惣誉

ゴーヤチャンプル  


ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。
   ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

毎日、時間に追われるような忙しさが続いている。

仕事もあるし、
介護・介護関係が多い(笑)

僕の主治医が診たら、
また、「依存症」と、言われそう。

でも、充実感を持って過ごしている。



先日、3か月に一度の僕の診察があった。


始めに僕の方から、

前回、Dr.から言って頂いたおかげで、
僕自身が気が付かずに突っ走っていて、
自分を見失っていたこと、

自分の症状を、わかりながら動くことができ、
大変感謝をしていると話した。


やりがいを持って行動するのも、
今の病気の克服のためには良いことです。

ただ、絶対に無理をしてはいけません。
スリブリさんのような人が、
ある日突然倒れるというのは、
よくあります。


感謝をしながら、先生の話を聞く。

先生の言葉を、肝に銘じる。



僕の診察だったが、
花子さんのことがほとんどだった。

花子さんは、ずいぶんと進行してきました。

体の傾きが多くなったこともあり、
向精神薬を少しずつ減らしています。

ただ、花子さんは薬に敏感で、
減らすことによって、違う症状が出てきました。
最近、大きな声を出して
叫んでいることが多くなっています。



それは、僕も感じていた。

病棟に入ると、僕のことがわからず、
大声を出していることがある。

意味不明な叫び。

ただ、以前あったような、
怒りではない。

頭の中に、何かが現れ、
それに対して、そのまま口に出している。

言葉を受け止め、
タイミングよく声掛けをすると、
スッと止まる。

僕の目を見るようになる。

目を見ながら、同調して笑顔で話しかけると、
一緒になって笑うことも。

進行したが、まだ笑うことは忘れていない。
正直な感情が、そのまま出ている。


笑顔を見れるだけで、幸せだ。


さて、久しぶりの晩御飯。

花子さんは、鶏肉団子定食
鶏の肉団子定食 

僕は、カボチャを煮てみた。
花子さんのカボチャ煮は、最高に美味しかった。
ホクホク感と、味付け。
どうしてもかなわない。
お酒は、兵庫県の福寿
かぼちゃ煮 
 
ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ