はじめに、
ローカル情報ですみません。

講演会のお知らせです。 


講演会  みんなで支える、認知症
     ~家族と地域と行政と・・・共に手を携えて~

内容  ① 認知症の予防と発見
        精神科医師
     ② 横浜市の認知症施策
        横浜市役所職員
     ③ 地域で支える、相談とサービス提供
        地域包括支援センター
     ④ 認知症の介護体験とサービスの利用
        認知症の人と家族の会 介護家族
     ⑤ 認知症疾患医療センターの機能と利用方法
        大学病院ソーシャルワーカー

日時  平成26年9月15日 祝日 月曜
     14時~16時30分

会場  桜木町 横浜市健康総合福祉センター

参加費  無料
定員  280名 FAX、または手紙での申し込み先着順

  

さて、
まいにち(とは言えないか)
ほとんど毎日病院へ行って、
花子さんの晩御飯介助をしていると、
きれいに完食させて、水400cc飲ませるのが、
普通になっている。

食べ終わるまでは、帰らない(笑)
でも、無理やりは一度もしたことない、
なだめすかして、
笑いを呼んで、ご飯を楽しんでいる。

20分、かかる。

食べ終えて、歯磨きをすれば、
すっきり、さわやかで、
気分がいい。

ご飯と一緒に飲ませる、
睡眠誘導剤が効いて、
歯磨きが終わると、
眠くなって、ベッドまで連れて行く。

花子さんの晩御飯は、いつも特別室。
  面会室だが。

二人だけになって、ゆっくり食事。

病院でも習慣にしてくれて、
晩御飯は、指定席だ。

そこには、冷蔵庫、お茶を作る台所もある。

食べさせているとき、
看護師さんが、やかんにお茶を入れていた。

僕はいつものように、

今度は魚だよ。
大きい口を開けよう。
あ~~ん


花子さんはつられて口を開ける。

美味しい?

うなずきと笑顔。

聞いていた看護師さんが、

花子さん、喜んで食べてますね。
口を大きく開けてくれましたね。

一緒になって喜んでくれた。

いつも完食するので、

普段はあまり食べませんか?

朝がなかなか食べてくれません。

昼は、遊んでしまうことがあります。

花子さんが遊びながら食べるのは、
いつもある。

食べることに集中できず、
声を出して歌いはじめたり、
一生懸命しゃべりだす。

僕は、一対一だし、
自分のかみさん。

遊びにつきあいながら、
何とか食べさす。

45人にスタッフ3人体制だと、厳しいものがあるのかな。

でも、ここの病院のスタッフは、
とても優れている。

あきらめずに、頑張ってくれる。
信頼できる人たちだ。

いつも感謝している。



花子さん、昨日38度5分の熱が出た。
今日は、37度まで下がる。

でも、食欲はある。
水分もちゃんととってくれる。

飲み込みに注意しながら、晩飯。

大きな声も出ている(怒り声だが)ので、
まあ、大丈夫だろう。



さて、晩御飯。

花子さんは、鮭の野菜あんかけ定食

鮭の野菜あんかけ定食

僕は、肉厚豚ステーキ、ニンニクたっぷり
特大皿に、一緒盛。
メチャ美味かった。
お酒は、前回と同じ、栃木の、惣誉

豚ステーキ 


ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。
   ↓  ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ