今日は、お袋と、花子さん、僕の
3人分の服の入れ替えをした。

いつも、7月、11月の夏冬真っ最中に
ようやく入れ替えをするが、
今季は、早い。



お袋の入れ替えは、簡単だ。
親父が使っていた箪笥が空いたので、
すべての服が、引出しに入っている。
冬服の入れてある場所と、夏服の場所を
交換するだけでよい。

それでも、いらなくなった服や、
汚れたまま隠してある服を見つけながらだ。

しまった後は、すべての引き出しに、
黄色いボール紙に黒マジックで、
中に入っている物を、大きく書いておく。

洗濯をして、たたんでしまうのは僕の仕事だが、
お袋が自分で出すと、
どこに何があるか忘れているので、
服や肌着が、全部外に出されてしまう。



僕と花子さんの服は、
押入れの衣装ケースから、運び出さないといけない。
振り分けて、引出しに納める。

花子さんが外出をしたのは、もう1年前だ。
昨年、家族会で、
皆さんと蕎麦祭りに行って以来、
外出ができなくなった。

今年、10月1日にも蕎麦祭りがあり、
ご本人、介護家族、サポーター達と行ってきた。

僕は一人で。
今回は、サポーターの役目。

昨年行った時も車椅子だったが、
誤嚥性肺炎を繰り返し、
ベッドに横になっていることが多くなり、
足の力が弱まって、
外出ができなくなった。

ちょうど1年間、外に出かけていない。



去年の冬服、今年の夏服。
毎回、僕の服と一緒に、入れ替えている。
でも、着替えることがないまま、
また、交換だ。

花子さんの服を入れ替えながら、
毎回、

この服は、大好きだったな~

これを着て、箱根へ行ったっけ。

この服は、値札が付いたまま、もう何年も経ってるな~

食事に行くときは、いつもこれを着てた。


なんて思いながら、
にやにやしたり、
しんみりしたりで、
服を出す。



冬服が納まった。


花子さん、
また、袖を通してくれるかな。


さて、晩御飯。
花子さんは、肉団子定食

肉団子定食 

僕は、野菜たっぷりの激辛マーボ豆腐と、手羽元焼。
お酒は、京都の古都の雫

マーボ豆腐 

ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。
    ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ