12月は花子さんのところへ行けない日が多かった。

3日間いけなかったのが、2回。
2日間いけなかったのも、2回。

お袋の病院と、介護。
仕事、家族会のお手伝い。
12月はいろいろ重なる。

これだけいかれない月は、初めてだ。


でも、病院へ行けば
花子さんの好調はそのままで、
笑顔に癒される。

病棟に入って、花子さんのもとへ行き、

お父さんだよ。


と言っても、笑顔が出るまで、
少し時間がかかる。

だんだんと、わからないのが増している。
でも、話しかけ、手をつなぎ、
こっちの世界に呼び戻すと、
目つきもはっきりして、
笑顔が出てくる。

車椅子から降りて、
散歩をすると、
足取りはしっかりしている。

でも、5分ぐらいで疲れてしまう。

花子さんの大好きな鏡の前に連れて行く。
視線が上がらず、
なかなか自分の顔まで見れない。

でも、目の焦点がぴったり合うと、
笑い出す。

鏡の前 

焦点が合っただけで、
顔がイキイキしてくる。
人の表情は、不思議と、いつも思う。

疲れたら、テーブルへ。
ここまでになると、
笑いっぱなし。

ご機嫌 

帰るときは、部屋に連れて行き、
ベッドの横に座らせる。

たまには、笑顔で見送ってくれる。

見送り 




さて、晩御飯。豆腐の肉味噌かけ定食。

肉みそ定食 

僕は、かぼちゃと一緒に鶏団子を煮てみた。
お酒は秋田の、春霞

かぼちゃと鶏団子煮



ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ