花子さんは、言葉がなくなってきている。

声は出るが、文章、単語ではなく、
文字の積み重ね。

表情を見ながら、意味を探る。


僕は、必ず相槌をして、同調。

そうか、よかったね。

うんうん、だいじょうぶだよ。


最後に、おかしくてもおかしくなくても、
声を出して、大笑いをする。

そうすると、花子さんもつられて、
笑い出す。

笑い声の合唱だ。

病棟にいる人が振り向くこともあるけど、
そんなの関係ない。

いつも声を出して笑いで締めくくる。
これが僕の介護のコツかな。



今日は、すごく調子が良い。

歩くのも猫背にならず、
体が起きている。

今日は調子いいね。
気持ちいいね。


うん。

オッ!返事が返ってきた。

ご機嫌よく廊下を散歩。

いつも起こる足腰の痛みも訴えない。

椅子に座って、晩御飯が運ばれてくるのを待つ。



その間は、お顔の手入れ。
おしぼりを見せて、

顔を拭いてもいい?

  花子さんの体に触れるときは、
  必ず、確認を取る。

  急に顔を拭きだすとびっくりする。
  どんなに優しく拭いてあげても、
  声を出して怒り出す。

  ご飯を口に運ぶ時、
  お茶を飲ませるとき、
  歯磨き、
  必ず伝えてから。


そうしたら花子さん、

うん、いいよ。

エッ!!こたえてくれたの!?
ありがとう。


すごい。
返事をした。

『うん、いいよ』の言葉を出すには、
頭の中はフル回転のはずだ。

僕が言ったことをわかって、
『うん』

同時に、質問を理解している。

『いいよ』なんて、
許可をして、お願いしますという意思表示。

しかも、明瞭な発音。
脳からの指示が、
しっかりと声帯と舌に伝わっている。


顔にタオルを当て、
ぐるぐる回しながら拭く。

僕が

ふぁぁーー!

と言って、拭き上げると、

花子さんも一緒に、

ふぁぁ~~

と言う。

二人で、また大笑いだ。

気持ちいいね。

うん。


クリームと、リップをつけて終わり。
たまに、こんな時があるんだな。



廊下を手をつないで歩っていると、
入院している人とすれ違う。

認知症専門病院なので、
すべての人は認知症だが、
持っている疾患
 (疾患:アルツハイマー型、レビー小体型、脳血管性、前頭側頭型等々)
によって出てくる症状は違う。

記憶、判断力がしっかりした人もいる。

同部屋の女性は、すれ違うといつも、

奥さんは、幸せだね~

という。

花子さんが笑っているときは、
僕に、

旦那さんは、幸せだね~

とも。


う~ん、幸せか。

まあ、これまでの大変な状況もあったので、
今は、幸せかも。


さて、晩御飯。

花子さんは、ソーセージ入り野菜煮

ポークソーセージの煮野菜

僕は、鮭のムニエル。野菜もつけた。
牛蒡は、前の日に煮たあまり。

お酒は、京都月桂冠が出している、
福井県産米を100%使用した、
純米酒 福井

福井に住むブログ友達が送ってくれた。

鮭のムニエル 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ