花子さんの激しい「喜怒哀楽」はまだ続いている。

笑っているとき、いかりいっぱいで怒っているとき、
声だし、泣いているときも、
いつも感情を、おもていっぱいに出し、
声を張り上げている。

再度、薬の調整が行われている。
一時やめていた「ワイパックス」(抗不安薬(緩和精神安定薬))が
朝一錠、また始まった。
 

先週は、毎日夕食介助に病院へ行った。
17時50分から始まる夕食が、
終わるのは、いつも18時50分だ。
 
丸々、一時間かかる。
 
 
 
最近肩こりがひどい。
肩というより、脊椎。
脊椎から肩にかけての筋肉の
根元。

張りすぎて痛みがある。
指で押すと、痺れるような気持ちよさ。
ハンドマッサージがあるので、
それをあてているときは、楽だ。

寝るときは、脊椎、肩、腕の間接にかけて
湿布を貼らないと、寝つけない。

疲れからきていると思ったが、
一つ、原因を見つけた。


花子さんの食事介助だ。
 

三日続いて、機嫌が良いときがあった。
ずっと、笑っている。

でも、笑いが出ていると、口を開けない。
笑っている方に集中してしまって、
食べようとしない。

食べるのには、口を開ける。

というのを、忘れてしまっているようにさえ見える。

花子ちゃん、ご飯だよ。
さあ、食べよう。

あ~~んとしてみな。

はい、大きく口を開けて。

はい、どうぞ。


言葉で誘い、唇にスプーンをつけても
開けてくれない。

絶えず口元にスプーンを近づけ、
大きな笑い声を出した時に、
狙い澄まして、口の中に入れる。

口に入れば、ちゃんと噛んで飲み込む。
声を出しているときに食べ物を入れるのは
気管に入ってしまいそうで心配だが、
すぐに噛み始めるので、
嚥下(えんげ)には問題ない。

食事が終わるまで、僕は手をあげっぱなし。


肩こりの原因は、これだ!


怒って怒鳴っているときは、
いつも口を開けているので、
食べさせやすい。

それでも、スプーンが口に入る大きさには、
なかなか開いてくれない。

5~60分は、腕をあげっぱなし。


僕が行ったときは、残さずに完食させたい。
お茶も、コップ2杯飲ませたい。

口に入りさえすれば、
美味しそうに、食べてくれる。

スタッフの人では、完食させるのは、
難しい時もある。

間に時間を置いたり、工夫はしてくれている。
でも、三食毎回は大変だ。



嚥下に問題はないので、口を開けないことで、
食事形態を変えたくない。

ゼリー、ミキサー食だと、少しの隙間でも
口に入れられる。

でも、食べる喜びはない。
噛んで、味わって、飲み込む。

これは維持したい。



思い返すと、肩こりの原因は、
まだあるな~


さて、晩御飯
花子さんは、タラの甘酢あん定食

タラの甘酢安定食

僕は、激辛マーボ豆腐野菜入り。
お酒は石川県白山市の天狗舞

激辛マーボ豆腐 


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ