花子さんではありません。
僕です。

ご存知のように、
 ( 知らないか(笑) )
僕は社交不安障害と言う病気を持っていて、
抗うつ剤を飲んでいる。

パキシル

( この病気のことは→ここに書いてあります
  パソコンで読んでる方は、
  横のカテゴリーの「社会不安障害(SAD)」に
  まとめてあります。 )

( 以前は「社会不安障害と」呼ばれていたが、
  2008年から「社交不安障害」と呼び名が変わった)


人前で強い緊張や不安が起こるのが、社交不安障害
僕は、一対一、大勢の前で
異常に緊張してしまう、という症状だ。

この治療が始まったのは、2007年3月
もう、8年間もずっと抗うつ剤を飲んでいる。

でも、自分自身での病気の理解、薬、
少しずつの経験、周りの励ましで、
症状が和らぎ、
今では数百人の前でも上がらずに
話ができるようになった。

今病気を打ち明けると、
冗談を言っていると思われるほど。

でも、これは、薬を飲んでいる安心感からで
止めることはできなかった。



5月の診察の時、

そろそろ減薬を始めましょうか。

と言われた。
でも、自信がなく、

止めても大丈夫なような気もしますが、
もう少し考えてみます。


では、今回はいつものパキシル20mgにしましょう。
次回は、いつもの3か月後で良いですか?

減薬を考えてみたいので、
1か月後でも構いませんか?


では、来月に予約を入れます。




そして、先週診察があった。

薬はどうしますか?


薬を減らすことで不安は出ませんでした。
減薬をお願いします。


では、まず5mg減らして15mgにします。
この薬は急に止めると離脱症状が出やすいので、
1か月ごとに5mgずつ減らしていきます。

途中で不安が出たら戻しても構いませんよ。


減薬開始してから10日経つが、
今のところ大丈夫。

ようやく薬から解き放されるようで、
嬉しい!



ところで、認知症ご本人の通院で、
自立支援医療(精神通院医療)を
使っている方は多いと思います。

認知症の治療に対する医療費、薬が、1割負担で済みます。
また、収入により月の支払限度額が設けられます。
(75歳以上の方は、後期高齢者で1割負担なので、
 74歳以下の人向け。 ただし、いろいろ条件があるので、
 詳しいことは役所へ問い合わせてください)

これは、精神通院医療なので、うつ病等で精神科に通院
している人が当てはまります。

僕も、自立支援医療を受けています。
社交不安障害の医療費と薬は
3割負担ではなく、1割負担で済んでいます。

認知症の介護は、厳しい状況から
介護鬱と隣り合わせです。

もし、介護者ご自身がうつ病の治療で
精神科で薬をもらっているのなら、
自立支援医療(精神通院医療)の対象になります。

ぜひ、役所に相談してみてください。


では、晩御飯
花子さんは、鳥肉団子の中華たれ定食

肉団子の中華たれ定食

僕は、まとうだいの塩焼き。
背中に「的」がある。 淡白で美味しい魚です。
きゅうりは、庭からとってきた。
今、トマト、キュウリ、ナス、ピーマン、ゴーヤ、
青シソ、ミョウガを植えている。 収穫楽しみ。
お酒は前回と同じ、神奈川の松みどり

まとうだい 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ