花子さんが入院している病院では、
毎月2回、音楽会がある。

掲示板に予定が貼りだされて、
「ご家族もどうぞ」と書かれているが、
まだ、一度も行ったことがない。

毎回、平日の14時だし、
仕事を持っている身としては、
( 休業状態だが(^_^;) )
なかなか行くことが出来ない。



昨日、夕食介助へ行ったら、
同じ病棟に入院している介護仲間が来ていて、

スリブリさん、
昨日の音楽会、
花子さん、絶好調でしたよ。

すごく良い表情だったので、
メールで報告しようかと思いました。

顔を合わせた途端、
知らせてくれた。



音楽会では、音楽療法の専門家が来て、
歌を歌い、
みんなと音楽に合わせて、ゲームをする。


花子さん、
みんなが歌っているときに、
タクトを振るように、
音楽に合わせてリズムを執っていたようだ。

絶えず笑顔で。

好きな歌の時は、涙ぐんでいたらしい。



終末期と伝えられた花子さんは、
こんなに感情豊かだ。

楽しみ、感動、悲しみを
体いっぱいで表す。



まだまだ。



認知症と言う病気は
快方に向かうことはない。

徐々に落ちていく。

でも、今を精一杯生きている本人がいる。

そのひと時の中に感情があり、
僕たち家族にも、
たくさんの喜びを与えてくれる。

何事にも代えられない感動を与えてくれる。



写真を撮りたかったな~
たくさんの表情を収めたかった。

そして、ここに来てくれる皆さんとも、
分かち合いたかった。


では、晩御飯。
花子さんは、豚の生姜焼き定食。
右側が花子さん用の刻み食。
左は嚥下に問題がない人向けの普通食。
こんなに違う。
メロンは、生とゼリーの違いも。

豚の生姜焼定食 

僕は、鰹の刺身。
薬味たっぷり。
お酒は、神戸 瀧鯉 氷上


鰹刺身 


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ