5日前に、花子さんの病棟に
新しく、男性の患者さんが入院してきた。

初日は、僕が食事介助に行った時、
一人で面会室にいて、
車椅子に座り、
壁に向かって怒鳴っていた。


2日目は、同じ面会室に、
奥さんと二人でいた。
やはり不穏な状態。

奥さんはかなり疲れているようで
少し離れた椅子に座り、
うつらうつらしていた。

声が出ると目を覚まし、
 
他の人に迷惑だから静かにして

と、声をかける。
すると、ご主人のパンチが飛ぶ。
なだめて椅子に戻り、顔を伏せている。

また声が出ると、
起きて、同じように話しかける。

それを繰り返していた。


3日目、
またご一緒だ。

ご主人は、椅子に座って、
胃ろうをしていた。

僕から話しかけた。

車椅子に座っていても、
胃ろうで栄養補給できるんですか。

大丈夫みたいですよ。
口からも食べられるんですが、
前の病院で胃ろうをつけました。


それから色々と話をした。

脳梗塞を2回繰り返し、
退院して老健に移ったそうだ。

でも、大きな声出しと、暴力で
老健を断られ、
前の病院の紹介で、
花子さんが入院している今の、
認知症専門病院に入院になった。

入院になるまで大変な苦労があったらしい。


みんな同じなんだよな~
入院を決断するまで、
たくさんの、悩み、つらさ、厳しさを経験する。


花子さんを見て、

奥様はまだ若いんじゃないですか?

今は、63歳です。
今度の11月で、
入院5年目になります。

52歳の時に、若年性アルツハイマーと
診断されたんです。

63歳だと、私と同じ年です。
髪が黒々としていたんで、
もっと若いと思いました。
私なんか、真っ白です。

花子さんに話しかけてくれた。

こんにちは、
同じ年です。
よろしくお願いしますね。

花子さん、それまで無表情だったが、
振り向くと、満面の笑顔で、
応えた。

素敵な笑顔。

素敵だってさ。

大きな口を開けて、笑っている。


  最近の花子さんは、
  調子がいい。

  声出しもようやく治まって、
  反応も良くなっている。

  昨日なんか、ご飯を食べさせ、

  美味しいね。

  と言ったら、

  おいしい。

  と答えた。

  エッ、返事をしたの。

  と言ったら、ケラケラ笑いながら、
  
  うん

  とうなずく。


奥様の笑顔を見て元気をもらえました。
今日は、楽しく帰れそうです。




昨日病院へ行くと、
また、面会室であった。

すると、奥さん。
僕には会釈して、
花子さんの前に行き、

こんにちは、花子さん。

と話しかけた。

また笑顔だ。

僕の方を向き、

昨日は、花子さんの笑顔で
すごく元気が出ました。
帰りの電車もで、思い出して幸せでした。
ありがとうございました。


すごい!
花子さんのスマイルパワー
周りの人の気持ちを明るくさせる。

純真な笑顔を振りまくんだよな~



さて、晩御飯。

花子さんは、田楽定食。
日本酒に合いそうだ。

田楽定食 

僕は、鮭のムニエル。
お酒は神奈川の松みどり


鮭ムニエル


ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ