2007年3月から始まった、
僕の「社交不安障害」と言う病気。

8年7か月に及ぶ治療が、
ようやく終わった。

  社会不安障害(当時は、この病名。
    2007年に「社会」から「社交」に
    変更された)
  に関する第1回目の日記はこちら。
        ↓
  社会不安障害(SAD) 1

当時は、極度の緊張から、大勢の人の前はもちろん、
1対1でも話が出来なくなってしまった。



        介護鬱



最近は、病気に対する自覚と、経験、自信から、
ようやく薬なしでも話ができるように感じていた。


今年の6月から、精神薬のパキシル20mgを
5mgずつ、4か月にかけて慎重に減らした。

そして、先週、とうとうゼロになった。


Dr.から、

5mgまで下げたので、もう大丈夫でしょう。
5mgは、飲んでいないのと同じ程度です。
それが1か月続きましたから
今日でパキシルは中止しましょう。

ただ、止めたことによって、
講演の前などに、
急に不安になることがあるかもしれません。
その時のために、頓服として薬を出します。

ロラゼパム錠0.5mg

これは、不安や緊張を和らげる薬です。
眠気が強くなることがありますから
注意をしてください。

多少の不安だったら飲まなくても大丈夫です。
不安だからと言って、
この薬を飲む習慣はつけたくないです。
薬をやめる方向にしましょう。

(頓服=毎回決まった時間に飲むのではなく、
     症状が出た時だけ飲む  )


極力飲まないようにする。
大丈夫な気がする。

12月に様子を見るため、
もう一度診察の予約が入った。


精神科を卒業したい。



さて晩御飯

花子さんは、茄子とひき肉味噌炒め定食

ひき肉シチュー定食 

僕は、ピーマンの肉詰め。大好物。
実は、僕の講演では、必ずこの話が出る
お酒は、石川県松浦酒造の獅子の里

ピーマンの肉詰め 


ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

ローカル情報ですが
セミナーのご案内。


   高齢者医療と介護の今後を考える
~くすり・延命治療・看取りの問題から見えてくること~


日時 : 2015年12月13日 (日)
      13時30分~17時
場所 : ユニコムプラザさがみはら
      神奈川県相模原市南区大野3-3-2
資料代 : 1000円
申し込み : 神奈川オルタナティブ協議会
        al_kana@yahoo.co.jp

    詳細はこちら。クリックすると大きくなります。
              ↓
高齢者の介護を考える 
さて、
お袋の夜間の目覚めは相変わらず。
毎晩、僕を呼び続けている。

 
意識がはっきりせずに興奮する。
部屋の中を動き回る。
大きな声で叫ぶ。
一晩に、1時間おきに、4、5回繰り返す。
自分が子供の頃に戻り、両親、兄弟を探し、
朝食の準備、学校への支度を気に掛ける。
意識混濁の中で繰り返す。



これは、せん妄の状態だ。


1か月前、認知症専門病院での診察。
夜間の状態を伝えると、Dr.も考え込んでいた。

精神薬の処方を持ちかけられたが、
年齢、体重、薬の敏感性から、
今から増やすことは、副作用の心配があるので、
見合わせてもらった。

それまで睡眠薬は、
ユーロジン1mgをカットして3/4服用していた。

ユーロジンの説明書を読むと
 「寝つきを良くするお薬です。
  脳の神経をしずめる作用があります。
  そして、不安や緊張感をほぐし気分をリラックスさせて、
  自然に近い眠りに誘います。」
とある。


睡眠薬としては1回に1mgから最大4mgを飲む。
お袋は副作用が出やすいので少し減らしてもらっていた。


Dr.から、精神薬の代わりに、作用の違う睡眠薬を紹介してもらい、
新たに増やすことにした。

ロゼレム錠8mg
 「体内時計を整え、寝つきを良くするお薬です。
  睡眠のリズムをつくり、自然な眠りを誘います。」

Dr.の説明だと、夜暗くなると自然に眠くなり、
明るくなると、目を覚ます。
海外から帰った、時差ぼけなどにも使うらしい。



試してみたが、変化はない。
部屋の電気は、いつもつけっぱなしだが、
飲んだ後、少し暗くしてみた。

でも、せん妄は相変わらず。


服用を始めてから2週間後、
「家族会のつどい」があり、
認知症の人と家族の会の本部副理事で、
神奈川県支部代表の
杉山孝博Dr.が出席されたので
質問をした。

杉山Dr.は、診察の合い間をぬって、
毎回、つどいには参加をしてくれる。

母の状況、薬の説明をして聞いてみる。
答えてくれた。

新しく増やした薬や、これまでの薬は、
スリブリさんのお母様には効果はないです。

お母さんが夜中に何度も目を覚まし、
声を出して呼ぶのは、
不安からです。

不安を取ってあげることが大事です。


以前は私は2階で寝ていましたが、
心配になり、今は隣の部屋に寝ています。

スリブリさんを探して、ドアを叩くんでしょう?
不安からです。

一緒の部屋で、寝てあげることです。
不安で目を覚ましたら、すぐに声をかけてあげます。

以前、別の人から同じような相談があり、

「寝るときは手をつないであげなさい。
 夜中は、ひもでお互いの手をつなげてもいいんです。
 少しでも動いたら、先に優しく声掛けをしてあげます。」

そうしたら、お母さんは安心して寝て、
夜中に起きることはなくなりました。

薬を増やすより、介護の仕方でよくなります。



全くその通りだ。

花子さんが在宅の時は、
先生から、何度も同じような話を聞き、
教えられたとおりにして、介護を乗り切ってきた。

初めのころの日記に何度も書いてあるが、
夜中に急に起きだし、
僕を、殴る、蹴る、引っ掻くなどの
暴力が多かった時期がある。

隣に寝て、荒れた時はハグをしてあげる。
手をつないで一緒に寝る。

そうすることによって、
落ち着きが出てきた。


  ( 行ったり来たり
      ↑
  この時が初めてのハグ
  それからは落ち着かせるのに、
  いつも行っている。 )



お袋の介護になって、
また、初心者に戻っていた。



先週、認知症専門病院でお袋の診察があった。
新しい薬は中止にしてもらって、
これまでの薬だけにした。



まだ、すべてをやめる気持ちに届いていない。

同じ部屋にも寝ていないんだな~

始めのうちは、これまで以上の寝不足になる。
良い方向に向かうのだろう。

でも、踏ん切りがつかないんだな~
いまだに隣の部屋で寝て、
ドアを叩かれて、何度も起きて、
お袋を寝かしつける日が続いている。


勇気がないな~~


さて、晩御飯。
花子さんは、魚のポテト焼定食

魚のポテト焼定食

僕は、ジャガイモとベーコンの、チーズ卵焼き
自家製ぬか漬け付き
お酒はまだ一升瓶が空いていないので、
福岡県喜多屋の特別純米酒 蒼田

ジャガイモとベーコンの卵焼き 


ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

11月から「介護職員初任者研修」の資格を取るために、
学生になることにした。

以前の、ホームヘルパー2級。
介護職を目指す人は、まずとらなければいけない資格。



11月、12月と2か月間で16日間通学。
朝9時30分から16時40分までみっちりだ。
通して95時間の授業。

そのほかに、36時間程度の自宅学習がある。

レポートを3回提出して、
実技試験、修了試験を通って、
資格をもらえる。



本業の仕事をして、
花子さんとお袋の介護、
「認知症の人と家族の会」「彩星の会」の
二つの家族会の世話人。
役所、地域包括、介護施設等から依頼される集会、講演。


しかも、現在62歳!!!
大丈夫かな?????




誰が見ても、無茶。
今でも、お袋の介護が大変になり
夜寝れない状況が続いている。


家族会のお手伝いが、毎日のように入る。


本業の仕事も、取引先には
絶対に迷惑を掛けられないので、
一切手を抜けない。



でも、思うところがあり、
厳しいのを承知で受けてみることにした。

1. たくさんの介護体験から、
  今、身分不相応に、講演、アドバイスなんか
  行っている。
  でも介護の基礎を知らないんだな~。
  改めて勉強をしてみたいと思った。

2. 本業の仕事はあるが、
  いつまで続けられるかわからない。
  僕は、国民年金だけなので、65歳から受け取れる年金は、
  毎月65,000円だけ。
  これで暮らしていけるわけない。

  この前テレビで、「老後破綻」の特集をやっていた。
  破綻をしないために、収入、費用を洗い出すことを
  勧めていた。

  やってみたら、なんと、
  現在でさえ毎月赤字で、今後は貯蓄の切り崩しをしないと
  生活していかれない。

  65歳過ぎて雇ってくれるところはない。
  介護職員初任者研修の資格を持っていれば、
  何とか仕事があるかもしれない。
     と言う、甘い考え。

3. 僕は介護職があっているような気がする。
  若いころは、介護の仕事には目を向けず、
  技術畑を歩っていた。

  でも、花子さんの介護を通して、たくさんの人と出会い、
  優しさに包まれた環境に過ごさせてもらうと、
  なんか、役に立てないかな。 と思う。
  
4. 「介護職員初任者研修」の次は、「実務者研修」
  「介護福祉士」「認定介護福祉士」とたくさんの資格がある。
  学生時代は勉強が嫌いで遊んでいた。
  今さらながら、勉強してみるかな。

5. 今住んでいる家を、福祉のために使えないかな。

6. 11月、12月は家族会のお手伝いが割と暇で、
  良いチャンス。

7. 9月末までに申し込むと、受講料半額キャンペーン中(笑)
  ただ、11月末まで半額キャンペーンが延長になった。
  うまく乗せられたか?(^_^;)




などなど、たくさんの思いがある。



映画を見たり、講演を聴きに行っても
つい、居眠りしてしまう僕が
講義を受けられるか、不安。



これを受講することに決めて、
真っ先に、ケアマネージャーに相談した。

この期間中、デイサービス、ヘルパーの変更が
どうしても多くなる。
いつも無茶な頼みを、快く引き受けてくれる。
また、面倒をかけてしまう。

僕の都合に合わせ、無理なお願いをしなければ行けない。

息子たち、姪にも頼まなければ。
家族会の人へ協力のお願いも必要。


たくさんの人に迷惑を掛けるが、
頑張ってみたい。


さて、晩御飯。
花子さんは、魚のマヨネーズ焼定食。

魚のマヨネーズ焼き

僕は、茄子とピーマンの味噌炒め
2つとも、僕が育てた野菜。
お酒は前と同じ。
福岡県喜多屋の特別純米酒 蒼田

茄子とピーマンの味噌炒め 


ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ










10月に入ってから、家族会のお手伝いで非常に忙しかった。

1日は、本人・家族のつどい「木曜会」で、
近所で開催されていた、新蕎麦祭りへ。
花子さんは欠席。

2日は、横浜市内で「若年性認知症のつどい」に出席。

3日、4日は泊りがけで、
認知症の人と家族の会の、
「支部代表者会議」と、「全国研究集会」。
栃木県宇都宮市で行われた。

5日は14時から世話人会。

6日は、「認知症キャラバンメイト養成研修」で、
介護家族の立場でお話をしてきた。


 ( 自分でこんなに忙しくさせて、
   良いのかい??
   大丈夫なの???
   と、いつも思う )




お袋には申し訳ないが、1日から5日まで
ショートステイに入ってもらうことにした。
一人で過ごすことは、到底無理だ。


8月13日の日記にも少し書いたが、
お袋は、多動、興奮、せん妄から
ショートステイを、断られそうになっている。

外出では車椅子だが、興奮して歩き回るので、
転倒による怪我を、
一番心配している。

夜は1時間おきに起きて、僕を捜し
室内を動き回って大きな声を出す。

ショートステイの入居は、
息子から見放されたと思って、
声をあげて、嘆き悲しむ。


前回のショートステイの時は、多動から、
職員が多く配置されていて、
見守りができるフロアーに移された。

そこは、認知症の人が多く居住しているフロアー。
部屋には、装飾がなく、ベッドが置かれているだけの
寂しい居室だ。


前回帰ってきたとき、

カレンダーも、机も何もなくて、私は馬鹿にされた。
悔しくてしょうがない。


と言っていた。



今回お世話になるので、施設宛てに手紙を書いた。

 ・ アリセプトをやめたことによって、 
   大声を出して興奮することがなくなったこと 

 ・ 以前は立ち上がることが出来たが、
   今は腕の力が弱り、一人で立ち上がれない。
   家では、お尻を下にして、這って移動している。

 ・ ベッドだと落ちて怪我をする恐れがあるのと、
   上がることが出来ないので、床に布団を敷いてほしい。
 
 ・ 家でも1時間おきに声を出して私を探す。
   起きる時間、何をすれば良いのかわからない
   不安症状から起こっている。
   同じようなことになると思うが、声掛けをすると
   安心してすぐに寝るので、
   大変だが見守りをしてほしい。

 ・ 前回、部屋が殺風景で寂しい思いをした。
   家の状況と同じようにしたいので、机、カレンダー
   毛布、枕を持ち込みたい。

このようなことを、丁寧に書いてお願いをした。



事前に僕が車で荷物を運びこんだ。

枕、毛布、テーブル、カレンダー、姉が書いた絵、
孫からの寄せ書き、短歌大会でもらった賞状、
家族の写真、着替え一式。

少しでもなじみのある環境にセッティング

ショートステイ 

そして、一番の秘密兵器。

スケッチブックに、日めくりで手紙を書いた。

 手紙

これが良かったらしい。
職員の人が、毎日、繰り返し読んでくれた。
お袋も穏やかに過ごせたようだ。



帰宅時に「報告書」が入っていた。

入所時に、居室をご自宅の雰囲気に近づけて
頂いたため、またお手紙をお預かりしたこともあり、
大きな混乱もなくお過ごしいただきました。
夜間は何度か起きていらっしゃいましたが、
傾聴することで落ち着かれました。


ありがたいことです。
安心した。




この施設は、特別養護老人ホーム(特養)。
お袋が週に2回デイサービスに通っている。

職員の皆さんはどなたも優しく、
入居者に寄り添ってくれるところ。

花子さんが退院後、特養のお世話になる予定なので、
僕は、10か所以上の特養を見学している。
その中でも、一番気に入っているところだ。

特養の申し込みは、僕の住んでいる市では、
一度に5か所まで申し込めるが、
花子さんの申し込みは、この施設一本に絞って、
他の申し込みは取り下げた。

皆さん親切で、心配りが素晴らしいことを
良く知っている。

お袋も馴染んでくれたようで、ほっとした。


さて、晩御飯
花子さんは、麻婆茄子定食。

麻婆茄子定食

僕は、さわらの塩焼きと、今年最後のゴーヤチャンプル。
お酒は、福岡県喜多屋の特別純米酒 蒼田


 
さわら 


ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

1週間続いた花子さんの微熱がようやく治まった。

先週の木曜から、ずっと熱が下がらなかった。

9月24日(木)に病院へ行ったら、
なんと、花子さん、点滴をして寝ているではないか。

すぐに看護師さんが来てくれた。

朝から熱が出ています。
38度5分まで上がりました。
すぐにレントゲンを撮ったら
肺に少しだけ影が出ていました。

今日は食事はやめて、点滴にしています。
抗生剤で治療をしています。


驚いた。
昨日まで元気だったのに。

花子ちゃん、大丈夫?

ニコッと反応した。

肺炎になっちゃんだって。
早くよくなろうな。

表情は良く、笑顔で反応してくれた。



翌日も病院へ。
まだベッドだが、点滴は外れてる。

熱は37度3分まで下がりました。
食事を始めましたが、
昼は食べ物を口に入れても
飲み込まないで、口から垂れてしまいます。

無理をしないで少しずつ食事をしています。

わかりました。
夕食は、私が介助をします。

食事が運ばれてきて、食べさせた。
少しずつ口に入れ、
喉の「ゴックン」の動きを確認して、
また、一さじ。

花子さん、飲み込みはしっかりしていて、
スプーンを口元に持って行けば、
すぐに口を開ける。

美味しいか。
良かったね。
おなかすいていたんだろう。


うん


とうなずいた。

ゆっくり、慎重に食べさせて、
何とか完食。
歯もしっかり磨き、スポンジで汚れを取って、
口腔ケアも終了。

看護師さんに報告。

完食と、お茶300cc飲めました。

そうですか。
良かったです。
さすがにご主人ですね。

いえ、一対一ですから。

そう、一対一で相手の反応を見て
少しずつ食べさせたので、完食できた。
のんびりマイペース。
歯みがきも時間をかけてできる。



土曜日は講演会、日曜は家族会があり
病院へ行けなかった。

月曜は19時から21時まで委員会があり
夕食介助に行けないので、
14時に行ってきた。

車椅子に座り、デイルームにいた。
看護師さんに聞いてみた。

熱は37度3分のまま続いています。
でも、元気もあり、飲み込みも大丈夫なので、
食事はしています。


花子ちゃんどう?
元気ですか?


僕を見て、笑顔が出た。
数日前と表情も変わってきている。
元気が出てきている。

火曜はまだ熱があるが、
嚥下、咀嚼、全く問題なし。

水曜。
ようやく熱が下がり、笑顔もでる。

もう大丈夫かな。

帰りに扉を開けてくれた看護師さんが。

重くならないでよかったですね。
心配ですものね。

お陰様で、安心しました。



誤嚥性肺炎には気をつけないと。



9月28日の神奈川新聞に、タイミングよく、
「どう予防? 誤嚥性肺炎」
と言う記事が載っていた。
茨城大病院 寺本教授のお話し。
とても参考になるので要点を書いておく

・ 肺炎は細菌などの微生物によって起こる。
 食事に細菌が入っているわけがないので、
 食事中に間違って食べ物が肺に入っても
 食事の誤嚥では肺炎にならない。

・ 一番の問題は、細菌を含む咽頭や、口腔内の分泌物、
 つまり歯の周りやのど、鼻の奥が汚れているような場合
 そうした分泌物を夜間、本人が気付かないまま
 誤嚥していることが肺炎の原因になる。
 これらの分泌物を肺に入ることを減らすことが重要。

・ 誤嚥性肺炎を予防するには、誤嚥があっても
 肺炎を発症させないことで、これが大事。

・ 口内をきれいにする口腔ケアなどで
 細菌を口の中で発生させないことが有効。


さて、晩御飯。
花子さんは、肉団子定食。

肉団子定食 

僕は、ひき肉のレタス包み
ひき肉を、にんにく、生姜、黒こしょう、カレー粉で
炒めてみた。
お酒は神奈川の松みどり

ひき肉のレタス包み 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ