花子さんの前上側の差し歯4本が取れて
様子を見ていた。

今はミキサー食なので、
噛むための歯は必要なくなっている。

訪問歯科のDr.からは
このままでも良いのではないかと言われていた。

病棟の看護師は、
ブリッジの部分入れ歯だと、
また、飲み込む危険性と、
管理が大変なこともあり、
積極的なアドバイスはない。



でもな~



取れた差し歯の金属が2本出たままなので、
美しくない。

唇の裏側に金属が当たるのは、
やはり不自然で、かわいそう。

本人にとっては歯があってもなくても
同じなのかもしれないが、
介護家族としては、



いやだ!




4本の部分入れ歯ではなく、
出ている金属に、かぶせの歯をお願いした。



取れた時の口の中
(かわいくないので、歯だけ ^_^; )
抜けた状態 


お願いした週に型を取り、
今週、歯が入った。

歯が入る

やっぱり、入れて良かった。

介護者の自己満足かもしれないが、
毎日行く食事介助に、
張り合いが持てる。

スプーンを口に持って行くとき、
真っ先に見えるのが、歯だ。

スプーンと歯茎の金属をぶつけたくない。




認知症で、何もわからないからと言って、
人の尊厳を削ってはいけない。


僕が行ったときは、
毎回、
顔に乳液でマッサージをして、
リップクリームをつける。

髪に寝癖直しのスプレーを吹き付け、
ブラシで梳かしている

女性だもの。
もし元気だったら、当然していたことだ。

今はできないが、
僕が行うことで、ほっとできる。



2月から3月にかけての僕の講演予定です。
もし、近所でしたらお出かけ下さい。

2月11日(木) 横浜市緑区白山地域
2月19日(金) 東京都府中市社会福祉協議会
2月24日(水) 横浜市
2月29日(月) 東京都新宿区役所
3月 2日(水) 神奈川県海老名市役所
3月13日(日) 京都府南丹市
3月14日(月) 神奈川県厚木保健福祉事務所


さて、晩御飯
いしもちの塩焼きと、山芋のバター焼き
お酒は、千葉県佐原の東薫

いしもち 


ブログランキング
に参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
昨年12月1日付で、
お袋の介護度の見直し申請を行った。


昨日、新たに要介護5で認定書が届いた。


昨年の4月に要介護3から要介護4と
認定されたばかりだ。
その時は、僕はまだ2階に寝て、
お袋から呼び出し電話があると、
真夜中でも、1階に行って、お袋の世話をした。

その後、電話も使えなくなり、
2階から1階の隣の部屋に寝て、
今は、同じ部屋で布団を並べている。

昨年の要介護4と認定された時の日記を見ると、
介護負担が大きく変わっている。

介護度の変更基準は、介護負担の大小だ。

夜間の介護が比べようもなく大きくなっている。



今はデイサービス5回と、ヘルパーさん3回。
月に一度のショート。
介護用品のレンタル。

要介護4では単位が足りず、
12月は自費でサービスを使うようだった。

でも、認定が12月1日からなので、
要介護5の単位でサービスを使える。

自費の負担が少なくなりありがたい。



今回要介護5になり、
利用できる単位数が多くなったので、
デイサービスをもう1回増やし、
週6回にしようと思う。

デイサービスのない日は、
一日中寝ている。
体を動かすことがない。

デイに行けば、
周りの人との触れ合い、
軽い運動、
レクリェーションがある。

デイに行くのは全く抵抗がないし、
ない日は朝から、

お迎えに来るの?

と、一日中訪ねている。

健康維持のため、
デイサービスを利用させてもらい、
大変助かっている。



在宅から、特別養護老人ホームへの入居を
考えることがある。

夜間の介護負担が非常に大きく、
僕の体力に不安がある。

もし何かあったら、大変だ。


また、お袋の不安感が強く、
24時間、誰かしらが
そばで見守っていないといけない。

僕が夕食で2階に上がってる少しの時間でも、
僕を探し回り、
這いずりながら、徘徊を繰り返す。

玄関の土間に降り、
ずっとドアを叩いて叫んでいる。

じっと座っていることが出来ない。
いつも動き回る。

多動だ。

お尻とかかとをついての徘徊なので、
お尻には褥瘡ができ、
かかとはヒビ割れから、褥瘡になりそう。



お袋のためにも、
在宅より特養の方が良いのではないかと
アドバイスを受ける。

皆さんが僕の体を心配してくれる。



でもな~~


認知症になった親父を病院で看取り、
認知症の妻を、長期間入院させている。

この上、
お袋までを、施設にお願いするのか。


なんだか、情けないし、切ない。


僕なんかよりもっと大変な状況で、
在宅で介護している人がたくさんいる。



まだ、特養の入居申し込み書を送れないでいる。


ブログランキング
に参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
花子さんの歩行をようやく再開。
数週間ぶりだ。



一週間くらい前に、
花子さんの左足親指の爪が
はがれてしまった。

その一週前に、
同じ左足の小指爪がはがれる。

その時、看護師さんから報告を頂いた。

入浴で足を洗った時、
小指の爪が剥がれていました。

親指の爪も浮いていて、
剥がれそうになっています。


爪が痛々しいので歩行は止めといた。
そして、爪が1枚
すっぽりと剥がれた。


剥がれた爪の下からは、
新しい爪が生えてきている。

爪はがれる
 
小指の爪は剥がれて赤くなっている。
親指の爪のピンクの部分は
新しく、乳児のような柔らかい爪が
全体にかぶさっている。



爪がはがれた後
新しい爪が出てくるのは知らなかった。

看護師さんに聞いたら、

私も爪をぶつけて剥がしたことがありますが、
すぐに新しい爪が生えてきますよ。


僕は、爪を剥したことはないので、
始めてみた。

爪を剥がれるのは
昔々の、「拷問」くらいと思っていたのだが、
よくあるらしい。



でも、

なんで??


昨年末から今年の初めにかけては、
誤嚥、発熱、入れ歯の飲み込み等があり、
あまり歩かせていない。
ベッドに寝たきりの日が続いてた。


歩ける日でも、5分~10分
爪が剥がれる程の長い時間は歩いてない。


靴は、小学生が学校で履く、
バレーシューズを使っている。

サイズも合っていて、
履きなれているはずだが。


外側のゴムの部分が硬くて、
中の指に当たったのか???



念のため、
今回歩行再開のために、
通販で介護用シューズを取り寄せた。

これのピンク。
以前使っていた靴と同じだ。

シューズ

慎重に歩行開始。
とりあえず、病棟の廊下を1周。

約3週間ぶりの歩行なので、
足元が心配だったが、
ゆっくりと、踏みしめるように歩ってた。



原因は?
歩行?
靴?

痛がることは一度もなかった。

でも、認知症の人は痛みをあまり感じない。
入院したての頃、
病棟内をずっと歩き続けて、
足の豆が破け、
靴が血で染まることがあっても、
歩いてた。


反省することが多い。



色々なトラブル連続だ。



では、僕の晩御飯。

鮭と野菜を、タジン鍋で蒸してみた。
お酒は、芋焼酎黒霧島。

鮭蒸し 

ブログランキング
に参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
しばらく前から、
お袋は、僕のことを

おにいちゃん

と呼ぶ。


これは、僕には弟がいるんで、
頼りにする呼び名と思っていた。




僕は、毎日夕方、
お袋のデイサービスの帰りに合わせ、
生協の宅配弁当を温め、
みそ汁を作り、
お新香を添えて、
晩御飯の用意。

お袋にエプロンをつけ、
テーブルのセッティング。

トラブルはたくさんあるものの、
まだ、一人で食べられる。



食べ始めて落ち着いたのを確認し、
花子さんの病院へ行く。


笑顔が出るのを楽しみにしながらの
夕食介助。


19時前後に帰ってくる。



お袋は毎回、
玄関から降りて
コンクリートの土間に座り、
ドアを叩いている。

車を駐車場に入れると、


おにいちゃ~ん!!

おかあちゃ~ん!!

おとうちゃ~ん!!



の声が聞こえる。



いつも、

あれほど言っているのに!!

土間に降りたら、危ないだろう。

と思って、ドアを開ける。


一度は、

降りた土間から、
廊下に上がろうとしていたが、
立ち上がることが出来ないので、
足だけ廊下のふちにかけ、
頭と手は土間。

転がって、頭を打ちそうになっていた。

危機一髪だった。



僕の帰りを待っていてくれる。

一人ぼっちの不安もあり、
少しでも早く会いたいので、
土間に降りて、迎えようとしている。


家族会で相談があれば、

本人の気持ちを大事にするのが大切です
あなたのことを待っているので、
「ありがとう」と言えば落ち着きますよ。

なんて、アドバイスをする。





でも、いざ、その場になると、
冷静になれない。




なんで、こんなとこに居るんだ!!
何度も言っているじゃないか!!
冷えるし、危ないだろう。
怪我をしたらどうするんだよ!!!


と、つい、声を張り上げてしまう。



これは、一番いけない対応。
本人の気持ちを大事にすれば、
言ってはいけない言葉。

でも、毎日の疲れから、
つい、
言ってしまう。



偉そうなことを人には言うけれど、
お袋には、初心者マークなんです。




そしたら、

お袋。


たった二人の兄弟なのに、
そんな言い方ないでしょ!


と言った。



僕のことを、息子ではなく、

10代の頃に他界した
実の兄。

と思っているようだ。




なんだよ。

これからは、息子じゃなく、
兄貴として対応するのか・・・

お袋の、お兄ちゃんかよ・・・



あらためて、
認知症に向き合うことは、


奥が深い。


では、晩御飯。
たまたま、値引きのサーロインがあったので、
贅沢に、ニンニクソースのステーキにした。

サーロインステーキ 

ブログランキング
に参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
お袋の夜間の不穏状態はずっと続いている。

数か月前までは、僕は2階で寝たいたが、
夜間心配なので、
隣の部屋に寝るようにした。

でも、不安状態から不穏になることが多いので、
少しでも安心するように、
今は同じ部屋に寝ている。

寝室

スマホで写真を撮ったので、
遠近が強くなっているが、
手前に僕が寝る。

奥にはお袋。
この時は、布団をかぶって寝ている。

介護ベッドを入れた。
電動で上下に動き、
頭、足を持ち上げることが出来る。

すぐ横には、ポータブルトイレが置いてある。



夜間、一時間おきに目を覚ます。

下着はリハビリパンツをはき、パット入れている。


以前は、夜中に起きるのは
声出しと徘徊で、
尿はリハパンの中にしていたが、
介護ベッドを入れてから、

トイレ!!!

と呼ぶようになった。
リハビリパンツの中で排尿が、
ポータブルトイレに座って
用を済ますようになった。

介護ベッドからポータブルトイレへの移乗は
介護職員研修で習って、
スムーズにできるようになった。


そのせいかな?


尿意が出て、声を出せば
僕が介助してすぐに済ませることが出来るので、
排せつを思い出したみたいだ。

その代わり、
12時から1時間おきに3~4回呼ばれる。

不思議に、ちょうど一時間。

熟睡しそうになると、呼び起こされてしまう。


おむつをしているから、中にしても大丈夫だ!
起こさないでくれ!!


は、絶対に禁句。
間違っても言わない。

介護現場、病院では時々出る言葉。

人としての尊厳を守りたい。
トイレで用を済ませられるのは
とても重要なことだ。

眠くて、時には起き上がれず
足に力が入らないこともしばしば。

でも、なんとか介助をしている。


それ以外にも、声出しが多い。
歩けないので、お尻をすった徘徊もある。

40~50年前に他界した、お袋の両親を

おとうちゃ~ん
おかあちゃ~ん


と一生懸命呼んで探す。

もう亡くなった、というと、
なんで私に知らせてくれなかったんだと、
わめき、悲しむので、
生きていて実家にいることにしている。

親父の仏壇にお線香をあげることはなくなった。
あれだけ毎日、お水とお菓子を供えて
泣きながら仏壇に向かっていたのに、
記憶の中に親父はいなくなり、
自分は子供の時に返ってしまっている。




僕は、毎日眠れない日が続いている。


8日に診察があり、
夜間の状況を記録した用紙を渡した。
(クリックすると大きくなります)

夜間見守り  

Dr.もこの状況を見て、
僕の体を心配してくれた。


今、認知症の薬、精神薬は飲んでいない。
睡眠薬と、他の病気の薬だけだ。

睡眠薬が全く効かない。

前回の診察の時に、睡眠薬を2種類処方され、
どちらが効果があるか見るように言われた。

また、種類の違う薬なので
両方飲んでも構わないとも言われた。

ベルソラム錠と、ユーロジン錠。
どちらも、大きな差はない。
(上の表の2行目が薬です)

2錠を飲ますのは抵抗があり
どちらかにして、
夜間起きる時間を記録した。


今回の診察で、ユーロジン錠の代わりに、
ルネスタ錠が処方された。

まだ二日だが寝てくれることはなく、
トイレと、声の張り上げは続いている。



いくら薬を変えても、
効かない気がする。
飲んでも飲まなくても同じ気もする。

でも、夜寝てくれることで僕も寝られるので
薬に頼ってしまう。



昼間、ボーっとして、ふらつくことがある。
朝どうしても起き上がれず、
立ち上がるのに、時間がかかることも。
気持ちが悪くなり、吐き気も出ている。


今月、まだ変わったばかりなのに、
本業の仕事で、納期間違えと発注ミスの
非常に大きなポカがあり、
青くなってしまった。

注意力散漫だ。



家族会のお手伝いも、相変わらず受けているし。


花子さんのこともある。



ここまで書いたら、
今の自分は
大変な状況なのだと気が付いた。

書くことによって、改めて見直せた。

毎日の流れで、
つい気が付かないで過ごしている。



何とかしないと。



さて、晩御飯。
鶏肉、つくねを入れて、かぼちゃを煮てみた。
焼鮭。
お酒は高知の酔鯨。

かぼちゃ煮 

ブログランキング
に参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
いつものように花子さんの病院へ行く。

病棟入口で、ドアホンを押したら、
ケアスタッフの方がドアを開けてくれた。

今日、病室が変わりました。
ナースステーションの横に移りました。


エッ!
大丈夫ですか?


今、看護師を呼びます。


花子さんが入院している病棟は、
4人部屋が10室ある。

ナースステーションの横の病室は、
絶えず見守りが必要で、
看護師がすぐに駆けつけられる、
病室。


看護師が来て説明してくれた。

今日の午前中、
花子さんに、チアノーゼが出ていました。

痰が大量に、喉に詰まっていたので、
すぐに吸引をしました。

昼食は食べられて、今は落ち着いていますが、
いつ詰まって
窒息状態になるかわかりませんので
病室を移しました。

それから、いつも上を向いて口を開けているので、
口内が乾燥しています。
舌が丸まって、喉を塞ぐ感じです。
これも注意しないといけません。

ありがとうございます。
緊急対応して頂いて助かります。


チアノーゼとは、

「顔色が青白くなり、唇が紫色になるという症状。
 肺機能低下が慢性化して、呼吸困難の状態が続くと
 チアノーゼが現れるようになります」

「本来、咳や痰というのは、体を守るための防衛機能です。
 気管にウイルスなどの異物が入ってきたときに
 追いだそうとして出るのが咳、
 ウイルスなどの異物を絡めとった粘液が痰です。 

 しかし、肺機能低下状態になると
 この咳や痰が出やすくなります。
 病気の影響が、呼吸器に現れやすくなっている証拠です。
 あまりにも咳や痰が出やすい状態が続くなら、
 肺機能低下を疑いましょう。」
  (ネット検索 「肺機能を高めるには」 より)

ベッドに横になっている。
喉に詰まらないよう、上体を起こして、
体の横にはクッションが置かれていた。

花子ちゃん、どうしたの?
大丈夫?


始めは反応が薄かったが、
僕と目を合わせ、
どうにか、わかった様子。

看護師に歩かせて良いか聞いてみた。
体には異常がないので、
了解をもらった。

足取りはしっかりしている。

花子ちゃん、どう?
お元気ですか。

楽しいね。

良かったね。

みんな優しいね。


いつもと同じように声掛けをして
廊下を歩く。

ようやく笑顔が出てきた。


食事が運ばれてきたので、
デイルームに行き、食事介助。

例の、ミキサー食だ。

時間はかかったが、
咳き込むこともなく、
何とか完食できた。

どうにか、大丈夫そう。

今日の花子さん

1月5日

命の危機があったとは思えない
笑顔を見せる。
(歯はないが 笑)



重度の認知症の症状を知っている人、
そしてまた、同じような状況で
介護をしている方にとっては、
奇跡だと思う。

今あらわれている状況は、
(Dr.が言う)終末期に近づいているのかも。

でも、
脳から体に伝える指示は衰えて、
認知症は進行していても
本能的な、感情、表現は残っている。



認知症

すべてがダメになるわけではない。



花子さんの残っている能力が、
介護者を、温かい気持ちにさせてくれる。



辛い介護をされている人がたくさんいる。
僕なんかより、もっと愛情を持って
接している人でも、
認知症で現れる症状は、
100人100通り。


なかなか笑顔は出ない。



ありがたい。



さて、晩御飯
花子さんは省略。

僕は、激辛純豆腐(スンドゥブ)
お酒は、石川県松浦酒造の獅子の里

激辛スン豆腐



ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
あけましておめでとうございます。

更新が、滞っているブログにもかかわらず、
いつもご支援をありがとうございます。

カウンター、ランキングが上がるたびに、
皆様に応援されているのを感じ、
介護、仕事に勇気を頂けます。

せっかく頂いたコメントにも返事が出来ず、
申し訳ありません。
でも、皆様のメッセージを読むたびに、
感謝の気持ちでいっぱいです。

未公開のコメントもたくさんいただきます。
未公開にするには、もったいないコメントばかりです。
おそらく同じように、介護に悩んでいる人にとっては
とても参考になると思うんだけど。


本年も、飽きずにお付き合いを
よろしくお願いいたします。




花子さんの病院には、
毎週金曜日の午後に、訪問歯科がある。

予約して、はずれた差し歯を見て頂いた。


立ち会えなかったので、電話で報告を頂いた。

取れた差し歯をみましたが、
これをもう一度つけるのは難しいです。
ずいぶん前に入れた歯だと思うのですが、
だいぶ痛んできています。

どうするかですが、三つあります。

一つ目は、新たに部分入れ歯を作り、
ブリッジで止めます。

ただ、ご自分ではできないので、
取り外しと管理は、
病院でやっていただくようになります。

二つ目は、金属が出ている2本だけに、
歯をつけます。

三つ目はそのまま何もしないでおくことです。
今の状態ですと、
そのまま何もしないのも一つの方法です。

次回は年が明けて、8日の診察になります。
それまでに、考えておいてください。

それから、今回口の中を見せて頂きましたが、
かなり汚れています。

毎週、訪問時にクリーニングを
するようにしてはどうでしょうか。

入れ歯につきましてはよくわかりました。
今は、ミキサー食になり、
前歯は必要ないかもしれませんし、
本人も気にならないと思います。

ただ、介護者として、
病気でも、普通の状態にしてあげたいと
思いがあります。


クリーニングについては、ぜひお願いします。
今、せき込むことがあって、痰も絡みます。

誤嚥性肺炎の予防のためにも、
口の中をきれいにしておきたいです。


さて、どうしよう。
部分入れ歯、2本だけの差し歯は、
誤嚥のリスクはある。

食事形態も変わってきて
前歯の必要性はないと言う判断かも。

部分入れ歯の清掃も、病院へお願いして、
毎日行ってもらわないといけない。

新しい入れ歯にするには、
花子さんが口を開いて、
長時間、我慢してもらわないといけない。

痛みにはすぐに怒りが出て、
反抗をする。

できるのか?

麻酔??



でもな~

見た目が悪い。

これは本人にとっては気にならないことだが、
介護者の 「自己満足」 で、
きれいな状態を保たせたい。

歯がすべて揃っていることで
食べることの意味もあると思う。

さて、どうするか。



今回とれた歯、
ブログを見直すと、2回も同じ歯が抜けた。
すっかり忘れていた。

ブログが日記がわりで、こういう時に役に立つ。

1回目は、2008年2月28日 
  「歯医者さんへ」
2回目は、2008年10月15日
   「横浜ジャズプロムナード 1」

前の日記を読み返すと、こんな元気な時もあったんだ。
と、いまさら思う。
「横浜ジャズプロムナード 2」を読んでたらウルウルしてきた。


さて、晩御飯。
昨年の溜まった写真です。

鱈のムニエル。
淡白な魚なので、バーターがすごく合った。
お酒は富山の、満寿泉

鱈のムニエル

ブログランキングに参加しています。

応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ